参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 風邪をひいたら常用の漢方はお休みしましょう | メイン | 子宮・卵巣の疾患で原因がわからないときは »

季節の変わり目の疲労

P1040144.JPG
みんな疲れてます。

昨日から今日にかけて、牛黄の微量漢方が合う人が目立ちました。
雨が降ったり、強風、はげしい気温差・・・。
経絡測定をすると、共通して心包経の虚証(循環系の消耗)がみられました。
私も経絡測定したら、心包系の虚証・・・。
合うものを調べたら、牛黄ではなく田七(でんしち)でした。
これはウコギ科の田七人参で、地中の栄養をすべて吸収するため、田七が収穫された土地は10年以上作物がとれないとのこと。
さっそく飲みました。
10年分の地中の栄養がからだに入ると・・・・・からだがスッキリ!
すぐに効きます。