参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 生薬  恐怖の逆ザヤ | メイン | 秋らしい漢方方剤 »

危険な漢方・サプリの多剤併用

P1040140.JPG
西洋医学の多剤併用が問題になっていますが・・・。

漢方・サプリの多剤併用も目を覆いたくなるものがあります。
ひとりではなく、複数の多剤併用者がいます。
20種類以上使用している人たち。(うちで販売している物は、2種類のみ)
テレビの説明を見ると、ついつい買ってしまうそうです。
そしてなくなるころに、セールスの電話が来るので断れないとのこと。
「お金が大変!」  確かに・・・。
飲むのも大変そう。

そこで経絡測定器で、経絡の流れに滞りをつくるかどうか、検証します。
すると半分以上が、経絡に危険であることがわかりました。
さらに一回で飲めるよう、粉はまとめて分包するなど、整理整頓。

目標は2種類程度に減らしたいのですが、西洋医学のお薬ほど危機感がないことがネックになります。

多剤併用のお客様のひとりは、糖尿が心配(病院の検査でグレーゾーン)で、ヨクイニンと糖尿の漢方は飲み続けたいそうで、飲みやすいように混合し、さらに経絡測定で安全を確かめ、お渡し。

ヨクイニンは文献によると
「薏苡仁の水エキスを正常マウスにi.p.投与すると、血糖を下降する。そのglycan成分であるcoixanA,B,Cは正常マウスの血糖を下降し、その作用はcoxanAが最も強く、アロキサン糖尿病マウスの血糖を下降する。(Takahashi M , Konno C and Hikino H : Planta Med 52:64,1986.)」