参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 微量で桃仁(とうにん)の抗酸化作用 | メイン | 微量の麻黄(まおう)で抗炎症作用 »

麻黄(まおう)のanaphylaxis反応で遊離するメディエーターの抑制作用

P1030613.JPG
生薬資源の枯渇対策に!

台風18号が近づいていますね。
そろそろ敏感な人は、低気圧で体調に影響が出始めていることと思います。
このようなときは自律神経が乱れやすいので、要注意。
でも簡単なことで治すことができます。
それは「早寝」です。
早寝によって副交感神経が優位になり、低気圧の影響を受けにくくなります。
昼間は昼寝せず、起きて交感神経優位にしてください。

喘息の人は兆候が現れ、頭痛がある人は頭痛が強まり、関節痛が強まったり、低気圧は本当に厄介です。

喘息になりやすい人が好む生薬の一つが、麻黄です。

麻黄はマオウ科マオウの茎。
主成分はエフェドリンですが、麻黄を含む方剤のエフェドリン量は、西洋薬のエフェドリン量の10分の1です。

麻黄も微量で検証したデータが、多く存在しています。

文献によると
「水エキス(収率33,3%)とエタノールエキス(収率16,0%)は1×10⁻³g/mlの作用濃度で卵白アルブミン感作モルモットの肺切片と抗原とのanaphylaxis反応で遊離するメディエーターをそれぞれ20~40%、40%以上抑制した。(江田照英、他:日薬理誌、66:366、1970)」