参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 独活(どくかつ)の鎮痛活性本体 | メイン | 生姜(しょうきょう)の強心作用 »

デング熱と蚊

P1030562.JPG
デング熱が騒がれていますね。

厚労省のQ&Aによると、デング熱は国内感染は60年以上報告なし。
海外で感染し帰国した人の報告が、毎年200名。
感染経路はデング熱に感染したヒトの血を蚊が吸血しすると、蚊の体内でデングウイルスが増殖し、その蚊が別のヒトを吸血することで感染するそうです。
蚊も亜熱帯にいるネッタイシマカと日本にいるヒトスジシマカが媒介するとのこと。
しかし感染しても発症しないことが多いそうです。潜伏期間は2~15日。
症状は高熱、頭痛、全身の筋肉痛、発疹。
注意することは、解熱鎮痛剤でアスピリンは使わないこと。出血傾向を強めるからです。
発熱の期間は2~7日。
予防法は現在ワクチンはなく、長袖・長ズボン・虫よけスプレーとのこと。

この時期、蚊が大量発生しやすいんですよね。雨の日が多いし。
アロマの虫よけで有名なのは、レモングラスです。
ネッタイシマカとヒトスジシマカへのエビデンスではありませんが、他の蚊に対するエビデンスも報告されているので、頼りになる気休めになるのではないでしょうか。

作り方は30ccのスプレー容器に消毒用エタノール小さじ2分の1を入れ、そこにレモングラス5滴たらしてかき混ぜます。白い濁りになったら、水を口まで入れて出来上がり。
網戸にもスプレーしてください。
これだけ希釈すればお肌にスプレーしても大丈夫だと思いますが、敏感な人はピリピリするかもしれません。

ペットのノミを追い払うのに役立つそうです。