参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 台風とカフェイン | メイン | 牛黄(ごおう)の脳に対する作用 »

台風と体

P1030427.JPG
昨日台風と体に関することをお話したら、「数日前からの体調不良の原因がわかり、安心した」という人がけっこういました。

台風は規模が大きい低気圧ですから、エコノミークラス症候群や高山病と同じ症状が出ます。
ある人は、月曜日に結膜下出血になったと心配していましたが、台風が原因とわかり安心。
ただほったらかさないほうがいいので、台風対策に牛黄(ごおう)とカフェインの微量漢方を使うことにしました。
牛黄は高用量では血圧を下げますが、微量だと血栓予防になります。
高用量(1日5g)で血圧を20下げるという文献がありますが、高価すぎる血圧降下剤ですね!
とりあえず低気圧による血栓予防のために、微量で牛黄を使用することをおすすめします。

牛黄に関する文献によると、in vitroにおいて100μg/mLの濃度以上で抗トロンビン作用、線溶活性化作用などの血栓形成の抑制につながる作用が認められる。(久保道徳、松田秀秋、有地滋:生薬誌、38、59:1984)