参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 人参(にんじん)の神経系に対する作用 | メイン | 桔梗(ききょう)の去痰作用 »

山薬(さんやく)の血糖降下作用

P1030417.JPG
八味地黄丸(はちみじおうがん)を構成する山薬のお話し。

現在日本では糖尿病の患者は890万人、予備軍を入れると2250万人といわれています。
脳梗塞、心筋梗塞、そして足が壊死するなど、大変深刻な疾患です。
また最近、重篤な低血糖による大事故も続いています。
ほとんどの人は初期症状で対応できるので、問題ありませんが。
低血糖にはブドウ糖が必要で、外出先で初期症状の冷や汗や動悸、手の震えなどを感じたら、自販機のコーラ(ゼロではないもの)やファンタを飲んでください。

うちの店でも糖尿病のご相談が増えています。
ご相談者は、現在糖尿病治療中だったり、経過観察中の方。
ストレスも糖尿病を悪化させます。
以前糖尿が悪化した方が、職場が変わったらストレスがなくなり完治した例がありました。

糖尿病の人の経絡測定では、八味地黄丸で反応する傾向があります。
八味地黄丸を構成する生薬の一つに山薬(さんやく)があります。
山薬はヤマイモ科ナガイモの根茎。
成分はallantoin,多糖類dioscoranABCDEF,anemaranC,arboransA,Bなど。

八味丸を高蔗糖食とともに2か月間ラットに経口投与すると、血糖を上昇させず、血清トリグリセライド、過酸化脂質、インスリンレベルの上昇を阻害する。(Kimura Y,Okuda H and Arichi S:Planta Med 53:128,1987)

dioscoranC,anemaran C,arboransA,Bはアロキサン糖尿病マウスの血糖を下降する。(Hikino H、Konno C、Takahashi M、et al:Planta Med 52:168,1986)