参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 細辛(さいしん)の抗菌作用 | メイン | 白朮(びゃくじゅつ)の利水作用 »

牛黄(ごおう)の抗酸化作用

P1030405.JPG
癌の手術と牛黄の微量漢方を併用して経過良好のおはなし。

5月に皮膚癌が見つかった高齢の女性。
牛黄の微量漢方と元気が出るサプリメントを使用しました。
2回手術し、経過良好です。
ご家族は「これのおかげ」と喜んでくださっています。
もちろん、医学の進歩があってのことですが。

牛黄は最近もお話ししましたが、牛の胆嚢または胆管中に病的に生じた結石を乾燥させたもの。
主成分はビリルビンです。

牛黄の主成分であるビリルビンはvinpocetineより強力なラット脳ホモジネートにおける過酸化脂質産生の抑制作用を示し、またラット脳スライスにxanthine-xanthine oxidaseを添加して誘発した浮腫に対し、3×10-4g/mLで
50%の抑制作用を示す。牛黄は抗活性酸素作用に起因する脳虚血障害改善作用を有することが示唆されている。(森下信一、庄司政満、小國康弘、他:日薬理誌、98:435、1991)

微量漢方の牛黄が抗活性酸素作用に一役買うことが、上記文献の濃度と関連しているように思います。