参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 騒然!高用量より低用量 | メイン | 不安に思うこと »

経絡測定で冷えが漢方を・・・

ダービー腹巻.JPG
経絡測定で冷えがすべての漢方をブロックするケースがありました。

先日のお客様のケース。
来店したばかりだと、少し汗ばんで手足もポカポカしています。
このようなときに経絡測定をすると、大部分の経絡が循環し、良好な結果が出ます。
そして、その人に合う漢方もラクラクみつかります。
しかし・・・
漢方を作り終えて再チェックするまでの10分程度、じっとしていると、その間に冷えが始まります。
そして再チェックすると、こんどは別人のように経絡が滞り、すべての漢方が合わなくなります。
手も氷のように冷たい!
急いで着ていたストールを巻きコートを着てもらうと、数分で回復。
(とても礼儀正しい方なので、冷えても我慢されていたのでしょうね。私も気づかず、すみません!)
そしてやはり、最初に見つけた漢方で経絡が正常になりました。

私の一番いいたいことは、冷え性の人は物理的に温めないと、漢方を飲んでも効かないということです。
服装7割、漢方3割と考えてくださいね。

うちのわんこも冷えが苦手なので、かっこわるいけど腹巻してます。