参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 経絡で検証!低炭水化物ダイエット | メイン | 騒然!高用量より低用量 »

犬が選んだ漢方は?

漢方好き.JPG
うちの犬に選ばせてみると、非常に興味深いことがわかりました。

お腹を温める大建中湯(だいけんちゅうとう)、体表を温める麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、お腹・膀胱の炎症を除く猪苓湯(ちょれいとう)。
この3種類の香りを、うちのわんこに嗅がせてみると・・・。
大建中湯は長い間「クンクン」
麻黄附子細辛湯はちょっと嗅いで、興味ないわ!というように離れた。
猪苓湯は、「クンクン」するやいなやペロリと舐めはじめた。

実はうちのわんこは血尿が出て、月曜日から治療しています。
このところ暖かい日が続いたので、1日だけホカロンを使わなかったのが原因。
獣医さんも「顕著ですね~。」
超音波エコーで調べても、石はありません。

そのようなわけで、うちのわんこは嗅覚・味覚だけでズバリ!猪苓湯を選びました。
おりこうちゃんですね~。(親ばか)
うちのわんこだけでなく、よそのわんこも、ねこちゃんもきちんと選びます。
このようなことをしばしば経験すると、五感の大切さが身に染みてわかります。
知識は大切ですが、ときに知識が邪魔することも。
五感も大切にしましょうね!

おかげさまで血尿は1日で治りましたが、人間同様、念のためしばらく薬物療法をします。
同時に漢方で体内環境を調える。
おもしろいことに、病院のお薬を見せるとぴゅーっと逃げますが、漢方を見せるとよってきます。(病院のお薬は強制的に口をこじ開けて飲ませます。)