参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2014年01月 | メイン | 2014年03月 »

2014年02月28日

急げ!認知症予防

P1030138.JPG
テレビの認知症予防でアロマの反響が!

2月25日に「みんなの家庭の医学」で認知症対策のアロマが放映されたそうです。
私は見なかったのですが、お客様が手帳にぎっしりメモをして、説明してくれました。
お客様は70代女性で最近物忘れが気になるそうですが、全然そのように見えません・・。
話によると、鳥取大学医学部の浦上克哉先生の「根本治療として機能する可能性が高い」という内容とのこと。
認知症はここ20年で6倍に増加し、アリセプトやメマリーなどの治療薬が処方されています。
飲み忘れ対策と思いますが、張り薬まで出ています。
でも薬価は高いし、認知症と診断されなければ処方薬は出ません。
認知症は65歳以上の15%ですから、目前の超高齢化時代、保険もパンク、もう待てません!!!
お金の問題だけでなく、徘徊などで同居家族の負担はかなりきついです。
認知症になるまで指をくわえて見ているだけなら、少しでも認知症のリスクを下げる、非薬物療法を試すことも大切だと思うのですが・・・。
今日のお客様の説明によると、昼間は集中力が高まるローズマリーと高揚感の出るレモン、夜は安眠効果のラベンダーとリラックスのオレンジの香りを使用するそうです。
いつも持ち歩きたいということで、携帯ストラップ型のアロマ器具もご購入。
念のため経絡測定を調べると、すべて合格、経絡の流れ良好でした。
この方法は物忘れにもよく、家事もスムーズになるそうで、私も使いま~す。

話は変わりますが、pm2.5の影響で鼻炎が酷い方が急増です。
鼻やのどの症状にはユーカリがおすすめ。
風邪が治りかけの方が、「気持ちよく感じました」と、お買い上げ。

2014年02月27日

pm2.5と荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

P1030136.JPG
今日は東京も90μgを超えました。

昨日予想した通り、今日は鼻炎の人が急増しました。
「ずっと病院でアレグラもらっていたのですが・・・。」
pm2.5は花粉症の症状を悪化させるので、ひとつの方法だけでは無理。
このようなときこそ、漢方の併用をおすすめします。
今日は特に荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)が人気でした。
荊芥(けいがい)は扁桃炎などに用いられ、強い消炎作用があります。
連翹(れんぎょう)は消炎作用、解毒作用があります。
経絡測定をして気づいたのですが、荊芥連翹湯は大気汚染で喉・鼻・目の粘膜が炎症をおこしたとき、効果があります。
pm2.5でダメージを受けた体には、荊芥連翹湯の解毒・消炎作用が必要ですね。
この方剤は「熱・実」証の方対象の方剤で、炎症を鎮め、毒素を排泄させる働きがあります。
のどの痛みや鼻炎症状がおさまったら、使用を中止しましょう。
ずっと続けると、今度は血流障害・体力消耗してしまいます。
pm2.5情報を見ながら使うといいかも。

2014年02月26日

ど、毒素過剰の日!

P1030133.JPG
急に暖かくなったので、「熱・実」になってしまいました。

今日は暖かい1日でしたね。
しかし気温に対応して、暖房・下着・上着などのコントロールをしなければならないのに、先日までの防寒対策のまま家を飛び出してしまいました。
ヒートテックにウールのタートルニット(腰までくる長さ)、裏起毛のパンツ、コート、ブーツそしてマスク。
電車では顔がほてり、歩くと重苦しく、店に着くとぐったり・・・。
経絡測定で見てみると、いつも虚証(消耗傾向)の私が、極端な実証(毒素過剰状態)に!
そしてどこかに熱(炎症)を持っています。
そこで合う方剤を探すと、なんと茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)でした。
茵蔯五苓散は肝臓や胆嚢の炎症をとる方剤で、お酒を飲んだ時に飲むと、すぐに酔いがさめる便利な方剤です。
でもお酒飲んでないのに、なぜ肝に熱が出たのだろう。
するとラジオで「大阪で初のPM2.5の注意喚起が!」というニュースが流れました。
東京のPM2.5濃度を調べると、43~51μgで大阪の半分ですが、多少影響が出始めている感覚があります。
PM2.5は花粉症の症状を強めるとのこと、確かに電車でくしゃみが多かった。
私の肝も、いつもより解毒させられて疲れたのでしょう。

ありきたりですが、外出時は、マスクを着用しましょう!

2014年02月25日

熱はなくてもインフルエンザ

P1030130.JPG
インフルエンザというと「高熱」というイメージがありますが、熱が出なくてもインフルエンザに発症していることがあります。

インフルエンザのピークは過ぎたということですが、まだまだ流行ってますね。
今日はお客様から「ちょっと聞きたいのですが・・」というお電話がありました。
「土用・日曜に寒気があったんです。熱はありません。
昨日(月曜日)病院へ行ったら、インフルエンザといわれました。
イナビルを吸入し、今は熱が36度ですが、本当にインフルエンザですか?
熱がないんですよ~!!!」
インフルエンザに発症しても、体力がある人や普段から健康増進している人は、軽い鼻水程度で済んでしまいます。
この方は手術経験があるため、普段から健康管理に励んでいたので、軽く済んでしまいました。
努力の成果ですが、5日間は安静にしてくださいね。

今日の写真は、黄連(おうれん)黄芩(おうごん)山梔子(さんしし)です。
黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)を構成する生薬で、解毒作用、消炎作用、抗ウイルス作用があります。
そろそろPM2.5が影響し始めているので、外出直後はこの生薬がおすすめです。

2014年02月24日

危険!健康食品の被害

P1030124.JPG
先週と本日と、続けて2件お客様の被害を知ったので、ご報告します。

1人目の方は、男性で治癒困難な病気を発症していました。
1年前に1度だけご相談がありました。
その後ご連絡がなかったので、よい先生に出会われて、治療をがんばっておられるのかな、と思いました。
年末にお亡くなりになり、ご家族からご報告をいただきました。
すると・・・。
ご自宅で日中ひとりで療養していると、高額な健康食品の電話勧誘があり、総額300万円購入されていたとのこと。

二人目は、病気療養中の女性。
1人暮らしで、日中電話で商品の勧誘があり、購入してしまうそうです。

以前きいた話ですが、プロの営業は、インターホンに相手が出ただけで、100%売る自信があるそうです。

私も「漢方相談」を装った営業に騙されたことがあり、さんざん説明させられたあとに、「ところで先生のところはこのような商品はとりあつかってないんですか~?」をやられました!!!
それ以来営業アレルギーになり、それらしき人が来ると冷たい対応をしていたのですが、先日本当のお客様にそれをやってしまい(汗)「ご、ごめんなさ~い」と・・・。

上記の被害者は二人とも高齢の方。
家族の電話以外は受けないように対応するのが、一番安全ですね。

今回は健康食品の健康被害ではなく、詐欺的被害についてのお話でした。
健康被害もたくさんありますので、特に治療中の方がサプリ・健康食品を使用したいと思うときは、お薬手帳を持って薬局で相談してください。
ウコンやノニジュースの被害、増加してます。

2014年02月21日

知らなかった!ドーピングと漢方

P1030121.JPG
漢方薬・健康食品・ハーブも禁止物質を含むものがあるので要注意。

一番気をつけなければならないのは、麻黄(まおう)という生薬です。風邪薬の10分の1の量しか含有していませんが、鎮咳成分のエフェドリン・メチルエフェドリン・プソイドエフェドリンを含むので、麻黄を含む漢方薬は使用することができません。
しかし、身近な漢方薬にはたいてい麻黄が入っています。
風邪の時の麻黄湯(まおうとう)・葛根湯(かっこんとう)、アレルギー性鼻炎に使う小青竜湯(しょうせいりゅうとう)麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)。
喘息や咳に使う麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)、五虎湯(ごことう)。
半夏(はんげ)や陳皮(ちんぴ)も注意が必要で、そうなると胃薬の半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)や六君子湯(りっくんしとう)・平胃散(へいいさん)も使えません。
また、蛋白同化薬(テストステロン)及びホルモンの関連物質を含む漢方薬、滋養強壮剤も禁止されています。生薬成分ではカイクジン・麝香(じゃこう)・鹿茸(ろくじょう)など。
ストリキニーネ含有のホミカを含む胃腸薬も興奮剤とされ、禁止です。
ハーブではゼラニウム油・ゼラニウム根エキス、ビターオレンジサプリメントなど。
健康食品では胎盤由来成分は禁止。
その他ビタミン剤やアミノ酸含有スポーツドリンクも配合されているものが禁止物質である場合があるので要注意。
わからなかったら各県の薬剤師会にドーピングホットラインがあるので相談してくださいね。
うちの店も、スポーツ選手から相談がくるときがあります。

2014年02月20日

浅田真央さんの証について

P1030120.JPG
浅田真央さんの不振は、漢方的に解明することができます。

目覚ましを朝3時にセットし、早起きをして応援したフィギュアSPでしたが・・・。
8位鈴木選手、15位村上選手、16位浅田選手という結果になりました。
浅田選手は、実力が発揮できず、すべてのジャンプが失敗に!
そのコメントをひろってみると
「まだ何もわからないです。
体がうまく動かなかった。
(頭では)でもいかなきゃってよぎって
自分の体と考えがちがってました。」

これは、漢方でいう「奔豚気病(ほんとんきびょう)」です。
驚いたり、びっくりしたりしたとき、精神的動揺でおこるトラブルです。
このようなとき、自分でコントロールできないので、思い通り体が動かなくなります。
憶測ですが、直前の選手の喝采で場内が嵐のような騒がしさだったため、コントロールするのが難しかったのかもしれません。

このようなときおすすめの食材はナツメとシナモンです。
ナツメの甘さが不安感を和らげ、シナモンが集中力を維持してくれます。
漢方はドーピングに引っ掛かるものが多いので要注意!


2014年02月19日

鼻炎薬が効かない鼻炎

P1030118.JPG
鼻炎薬がまったく見つからない鼻炎があります。

お客様「主人が亡くなってからずっと鼻炎なの。病院へ行っても鼻炎ではないと言われて。
     でも、鼻がすっきりしないのよ・・・。」
ご主人が亡くなった後、葬儀や様々な手続き、49日などでずっと(今でも)忙しいとのこと。
そこで経絡測定でお薬を選ぶことになりました。
鼻炎ということで、スタンダードな鼻炎の方剤を調べても、全滅!
肺経が虚証と出たので、やはりスタンダードな太陽病の方剤(寒証用)を調べましたが、全滅!!
そこで冷え性の方ですが真逆の黄連解毒湯(おうれんげどくとう)を調べると、見事に合いました。???
黄連解毒湯は冷やす方剤で、しかも鼻炎には使いません。
よく考えてみると、精神的ストレスにより自律神経系の過亢進を生じた肝欝化火の傾向が・・・・。でも、理屈ってあとからつけるもので、目の前の現象そのものが真実。
ストレスで脳循環が悪くなり、脳のそばにある鼻にも影響が出たのかもしれません。

私もそれに似た症状は出ています。
ストレスではありませんが、冷えで鼻閉が発症します。
仕事柄、1日中髪をうしろにまとめるので、耳が冷えて循環が悪くなり、鼻閉が出ます。
そのようなとき、上の写真のイヤーマフラーをすると、すぐに耳が温まり、鼻閉が治ります。

2014年02月18日

風邪薬が売れないわけ

P1030117.JPG
微量漢方を飲んでいるお客様には、風邪薬が売れません。そのわけは・・・。

Nさん「風邪薬、ぜんぜん減らないんです。家族だれも風邪ひかないし・・・。」
いつもまとめ買いをするNさん、「買い忘れないかな~」ということで、風邪薬は?と尋ねたときのお答えでした。
Nさんは反抗期の御嬢さんとご主人の3人家族。
風邪の予防に漢方を飲ませたくても、娘もご主人も飲んでくれない!ということで、こっそり牛黄(ごおう)の微量漢方をぼとぼと入れたところ、今年はまったく風邪をひかないそうです。
もう一人、近所の奥さんの話。年明けまでは、風邪ひいてばかりで、うちの風邪薬の常連さんでした。あまり風邪薬を飲み続けるのもよくないな~と、微量漢方の牛黄+麻黄湯をおすすめし、それからしばらく音信なし。
たまたま今日お会いし、「あれから全然風邪ひいてない」ということで、顔色もほどよいピンク色でした。もうそろそろ(微量漢方が)なくなるそうで、また行くわね~と。

今日の写真はお薬が飲みにくい方のための、お薬ゼリー。
当店もできて16年経っているので、お客様も高齢化し、錠剤飲めない人のために用意しています。
いろいろ味見した中で、これが一番おいしかったので採用しました。(レモン味)

2014年02月17日

豪雪で物流が・・・

P1030114.JPG
ニュースでも騒がれていますが、うちの店にも影響が出ています。

健康食品などは郵送大丈夫なので、京都や新潟などへお送りしています。
先ほど配送の人が来て、「金曜日の荷物もまだ届かない状態」という説明がありました。
そして今、「あ、新潟の荷物は受付できない、いつになるか全く見通しが立たないから」と・・・・。
お客様にはすでに連絡済ですが、風邪・インフルの季節の健康増進なので、早くほしい方ばかり。
でも、孤立状態の集落や車で立ち往生の状態をTVで見ているので、皆さん気持ちよく「大丈夫ですよ~。」と快諾してくださいます。
被害を受けている方々が、1日も早く安心して過ごせることを祈るばかり。
福島で過ごした子供時代、雪が降り始めると東京出身の母(雪嫌い)が、車で食料品をどっさり買いこんで備蓄していたのを思い出します。
雪かき、車のスリップ事故、ダイヤの遅れなど、大変だったな~。

今日の写真は、やっと届いた「マキタ」のコードレス掃除機。
業務用なので、もの凄い吸引です。
駅の階段を掃除していたおじさんに教えてもらい、注文しました。

2014年02月13日

微量漢方は生化学的検査でも!

P1030107.JPG
経絡測定で選んだ微量漢方は、生化学的検査でも改善がみられました。

Iさんは50代の女性です。
毎年人間ドッグを受けて、いつも肝機能で引っかかっていたそうです。
これは遺伝性で、お身内の方が肝臓がんだったとのこと。
経絡測定でも、肝経でひっかかります。
そこで11月下旬、体に合う漢方を探してみると、牛黄と茵蔯五苓散(いんちんごれいさん)アラビノキシランが見つかりました。その日からその微量漢方を飲むことに。
そしてドッグの2014年1月6日がやってきました。
いつもなら肝機能で先生から注意を受けるそうですが、その日は何も言われなかった・・・???
しばらくして郵送で結果が送られてきました。その結果は
GOTが2013に47だったのが27に。
γGTPが2013は83だったのが60に!!!
見事改善したのです。

上の写真は、私用の欲張り微量漢方。
牛黄とアラビノキシランと麻黄湯と人参・大棗・生姜・甘草が入っています。
インフルが流行っているし、寒いのでお腹を温めようと・・・。
また雪が降るそうですから、温かくお過ごしください。

2014年02月10日

記録的大雪で・・・

着る毛布.JPG
記録的大雪で陽虚(ようきょ)が急増中。

土曜日は、東京も吹雪でしたね。
翌日はみんなスコップで、雪かき。
子供はその横で、雪だるま作り。
はしゃぎすぎて、インフルエンザを発症する子、風邪をひく子が増加しています。
雪の感触が楽しいのでしょうね。
先ほども、ずっと雪を踏んで楽しむ子供がいました。
念のため経絡測定を見ると、肺経が虚証とグラフに出ました。
アラビノキシラン(サプリ)のキャンディーでチェックすると、すぐに虚証が解消。
でもお母さんはばて気味で、漢方やサプリだけでは追いつかず、とにかく睡眠をとるように説明したところです。
他のお客様も、今日は附子(ぶし)が入る八味丸(はちみがん)が合いました。
とにかくあの吹雪、そして雪かきが影響して、今日は筋肉痛や疲労を訴える人が多く、桂皮や附子などで陽の気を補う必要があります。
うちの冷えに弱いわんこも、久しぶりのお散歩にはしゃぎすぎて、お腹をこわしてしまいました。
犬用着る毛布を着せ、生薬の人参(にんじん)を入れたおじやを作り、陽の気を補っています。

2014年02月07日

気温低下が影響する人・しない人

ダウンを着た犬.PNG
急に気温が低下しても、まったく平気な人と、平気じゃない人がいます。

昨日は傷寒(しょうかん)、つまり寒(かん)に傷(やぶ)れるお話をしました。
同じ寒さでも、強く感じる人、全く気にならない人がいます。
気になって、影響しやすい人・・・。
これは、「陽虚(ようきょ)」といわれる陽気の不足から生じます。
陽気が不足したときは、以下のような自覚症状が出ます。
元気がない、気力がない、無力感、息切れ、食欲がないなど。
これらは免疫力低下につながるので、要注意!
インフルエンザに感染しやすくなるんですよ~。
生薬では人参(にんじん)・附子(ぶし)・桂皮(けいひ)・白朮(びゃくじゅつ)などを使い、陽を補給します。
今日はやけに人参が入る大建中湯(だいけんちゅうとう)が人気でした。
わ、私も飲むことにします、寒いので。

うちのわんこはシングルコートという寒さに弱い毛の生え方をしているので、お散歩時はダウンコート+セーター+腹巻+使い捨てカイロを装着します。(これをしないと、お腹こわしたり、血尿まで出るんですよ~)
寒がる陽虚ですが、お散歩大好きで元気です。

2014年02月06日

だるい人・やる気が出ない人

P1030065.JPG
先週の暖かさから一転、10度以上の気温低下で、からだが悲鳴をあげています。

ニュースでも、10度以上の気温低下でだるかったり、気分がすぐれない人のインタビューが流れていました。
コメントのドクターは「温度差で自律神経が乱れている」と話していました。

漢方やっている人ならすぐわかりますが、まさに「傷寒(しょうかん)」といって、寒(かん)に傷(やぶ)れる現象ですね。
基本中の基本です。
どんなに文明が発達しても、自然界の現象には逆らえません。
手足の冷えはもちろん、鼻水、尿量過多、下痢、頭痛、関節痛、チアノーゼなどの症状が出やすくなります。
循環が悪くなるので、このような日は炙甘草湯(しゃかんぞうとう)、小建中湯(しょうけんちゅうとう)、抑肝散(よくかんさん)が人気でした。
いつも来るお客様も、今日はがらりと変化!!!
意外なところでは、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)のような高血圧の人が飲む方剤も出ました。(高血圧ではないのですが・・・。)
とにかく、今週いっぱい寒いということなので、漢方を飲んで乗り越えてくださいね。
このような低温は、インフルエンザが蔓延する絶好の条件です。
微量漢方の麻黄湯は、けっこう予防になっています。

2014年02月04日

最も難解な漢方探し

P1030058.JPG
いろいろ方剤を調べましたが、見つからない・・・。

年末にある発作をおこした方のお話し。
経絡測定で、合う漢方を調べてみました。
なかなか見つかりません。
生薬単味で探しても、反応の良い物がありません。
最も高価な牛黄(ごおう)も反応なし・・・・。
さすがに私も大粒の汗が出てきました。っと、ひらめいた!!!
「これかもしれない。」
経口補水液OS-1をチェック。
すると、どうでしょう。
ぴったり合いました。
脱水が原因で血液ドロドロになり、年末の発作に結びついたことがわかりました。
冬は夏ほど飲み物を飲みませんから、脱水しやすい。
身近なことって、わかりにくいですね。
皆様、脱水にお気を付けください。

上の写真は、健康増進に最近成績が良い、オリザロースのど飴です。
美味しいですよ!

2014年02月03日

経絡測定は五臓だけでなく対人面も影響する

眠い.JPG
経絡測定で、気づかなかった対人面の課題が出るので、びっくりです。そして日々反省です。

「百病は気より生ず」中国の古い医学書「素問」の名文です。
「気」に影響を及ぼすのは、食事・睡眠・休養、それからストレス。
ストレスは心理的ストレスだけではなく、気温変化、気圧、騒音などもストレス源。
言い方を変えると、心理的ストレスもストレスの要因の一つです。
心理的ストレスの中で最もやっかいなのは、対人関係ですね。
苦手な人に会うと、少なからず、脈拍や血圧に影響します。
また、好きな人に会うと、これも脈拍や血圧に影響が。
目上の人に会ったとき、子供に会ったとき、男性に会ったとき、女性に会ったとき・・・。
そのようなわけで、パートナー、年上の男性女性、職場の男性・女性、子供(男の子・女の子)それぞれの相性が、各々の経絡に表れます。
今実施している経絡測定で、それが数値化して判明します。
このデータが、思いのほか大好評で、
「当たっているので、(経絡測定は)すごい!」と皆が感激します。
これは自分のアクション次第で、毎日変化します。
気づいて改善した人は、見事に経絡の滞りが消失するんですよ~。
日光よくならぬ、「人間浴」も大切であることがわかりました。
対人面の数値は、自分の数値より高い相手にはうまく気持ちが伝わってないとき。
自分の数値より低い相手は、相手の気持ちがきけてなかった!!!とき。私もよく失敗します・・・(反省)
一番お伝えしたいことは、対人面のバランスが改善されないと、経絡の滞りを改善させることは難しいということです。