参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月15日

冬の脱水

P1020964.JPG
脱水は夏だけでなく、冬も多いことがわかりました。

経絡測定で調べてわかりましたが、立て続けに同じ傾向の人がやってきました。
痰がからむのどの不快感
目の充血
動悸息切れ
などなど。
通常なら痰ならトローチ、目の充血は目薬、動悸息切れは牛黄などを使います。
しかし、調べてみると、すべて原因が共通していました。
それは、脱水とお腹の冷え。
脱水にはOS-1、お腹の冷えには大建中湯(だいけんちゅうとう)で、みごと測定グラフが「効く」になりました。
水分が不足すると痰がからみやすくなるし、ドライアイで目が充血するし、動悸息切れは血液ドロドロが考えられます。
冬は夏ほど飲み物を飲まないし、温かい物はゴクゴク飲むわけにいきませんから、脱水しやすいのでしょうね。

冬になると夕方は外が真っ暗で寒々しいので、お店の中をイルミネーションで温かく演出してみました。

2013年11月12日

急な気温低下は心臓に注意

P1020957.JPG
今朝は驚きの寒さでした。

犬の散歩時はロングダウンを羽織り、犬にも赤いダウンを着せたほど。
通勤の電車も、ロングダウンで暑くならないなんて・・・。
例年、年明けまでロング丈は我慢していたのですが、今年は異常ですね。

経絡測定で今日の私の漢方を探すと、「炙甘草湯(しゃかんぞうとう)」でした。
経絡的にも、かなり血管系に負担がみられます。
この炙甘草湯は、炙甘草・党参が強心作用、桂皮・生姜が血管拡張作用で動悸・息切れ・疲労感を解消します。
これだけ気温が低い中、体温を36,5に保つには、フル回転の心臓に負担がくるのは当然。
せめて衣服・カイロで物理的に温め、心臓の負担を少なくしてください。

2013年11月08日

飲むとパニックをおこす

P1020954.JPG
はじめて処方された薬、初めて飲む水でパニックをおこす人がいます。

薬だけではなく、水でもなんでも、人からもらったものを初めて飲むと、パニックをおこす傾向の人がいます。
うちの薬局は、漢方・ハーブを掲げているせいか、そのような傾向の人が結構来ます。
お薬ではないのですが、エッセンスという成分的にはH2O(水)を他人から2滴口に入れてもらっただけで、ドキドキして顔が熱くなって苦しかった・・・という人もいます。
はじめて処方された鎮痛剤を飲んで2日目は、救急車をよんだとか・・・。
CTも血液検査も異常なし。
しかし、狂言でもありません。
メンタル系でもないので、厄介です。

そこで経絡測定器を使用して、本当に身体に合わないのかを確認します。
目の前で確認できるし、ズルもできない測定器なので、本人も納得。
「鎮痛剤もビタミン剤も抗不安剤も、全く問題ありませんよ。」
すると、薬を飲んでもパニックがおこらなくなります。

上の写真は、ニーハイふわふわソックス。
ハイソックスまではよく売っていますが、ニーハイはなかなかないので発売しました。
ひざまでくると、ものすごく温かいですよ!
冷え性の方におすすめします。

2013年11月01日

心理的ストレス?

P1020948.JPG
11月に入った今日、心理的ストレスを訴える人が増えましたが・・・。

おなじみ経絡測定で調べてみると、「抑肝散(よくかんさん)」「帰脾湯(きひとう)」など心理的ストレスの定番を選ぶ人はなく、八味丸(はちみがん)や炙甘草湯(しゃかんぞうとう)など栄養を補う処方に人気が集中しています。
つまり、急な気温低下や台風などの通過で、気づかないうちに体力消耗しているようですね。
それがわかると、皆表情が明るくなります。
<おしらせ>
11月3日は、この経絡測定を持って、出張漢方相談を実施します。
興味のある方は、下記のHPへ!お気軽にいらしてください。
http://www.ginnosuzu.net/fairground/20131102.html