参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2013年09月 | メイン | 2013年11月 »

2013年10月25日

台風のだるさにおすすめ

P1020933.JPG
台風が来ると、からだがだるくなりますが、そのようなときのおすすめがわかりました。

今朝起きたら、あごの右側がゴリゴリいって、顎関節症気味になりました。
そこでせっかくなので店の経絡測定器で、合うものを探してみると…漢方薬は全滅・・・
鎮痛剤も全滅・・・
ビタミン剤も、サプリも全滅。

そしてやっとヒットするものが見つかりました。
「カフェイン」です。

カフェインの効能効果は、ねむけ、倦怠感、血管拡張性及び脳圧亢進性頭痛(偏頭痛・高血圧性頭痛など)。
ちょっとわかりにくいですね。

そこで、漢方的考察をすると、コーヒーの生育条件が関与します。
以前漢方の生薬学を勉強したとき、薬効を知る方法のひとつに、生育環境を考えなさいと教わりました。
半夏(はんげ)は田んぼのあぜ道で生育するので、「湿」を取り除く働き、柴胡(さいこ)は山の中腹に生育するので、人体を山に当てはめるて胸部に作用する、というように。

同様に、コーヒーは高地や山で生育します。
山・高地・台風・・・な、なんと「低気圧」が共通します。

それで、さっそく飲んでみました。(カフェイン水和物0,2g)
30分経過すると、開かなかった口が、らくらく空きます。
だるさも取れました。
昼食食べたくなくなるほど痛かったので、うれしい!

さて、おにぎり食べよっと!

2013年10月22日

今日の微量漢方

P1020927.JPG
今日の微量漢方はサイコ・チョウトウコウ・トウキ・センキュウ・ブクリョウ・ビャクジュツ・カンゾウそしてアラビノキシランでした。

急に気温が下がったり、大型台風の通過、分析の勉強、実家の雑用などなどでからだがスッキリしませんでしたが、ここにきて経絡測定で微量漢方を選び飲んでみると、すっきり!
経絡測定で選んだ漢方は驚くほど即効性があります。
なぜだかわかりませんが、「効く」マークが出て、飲むとほんとうに効きます。
そして、次々発見があります。
今回の発見は、高価なアラビノキシランも、微量で効く場合があるということです。
そうなると、家族で心置きなく飲むことができますね。
そんな経絡測定による微量漢方を見つけてみたい!という人は、「11月3日新橋銀の鈴」で、3000円で体験できます。
http://www.ginnosuzu.net/fairground/20131102.html
ぜひ、いらしてくださいね!
もちろん、お店では常時体験できます。

2013年10月11日

風邪シーズン到来

P1020919.JPG
電車の中で、ゴホンゴホン飛沫をまき散らす人、多くなりましたね。

電車に乗った位置は運しだい?
あまりに飛沫が凄まじい人だったので場所を変えましたが、遅かった・・・。

風邪に感染するには、二つの条件が必要(?)です。
まず、ウイルスが付着すること。
そして、付着される生体の抵抗力が低下していること。(免疫力)

この1週間忙しいことが3つ重なり、5時起きだったり、帰宅が11時過ぎだったり(仕事!)、器材の点検をしたりで、老体に鞭打っていたことは確か。
経絡測定したら、見事風邪でした。
そして、それに効くものをチェックしてヒットしたのが上の写真。
右から時計回りに、自家製剤風邪薬、サプリメント、牛黄。
それで飲んでみたら、あら不思議!ブログ書けるまで元気になりました。
経絡測定で選ぶものは、なぜか即効性があります。

同じ風邪でも、人によって原因は全く違います。
あるお客様は、夏バテから食欲が低下し、栄養不足からくる抵抗力の低下でした。
ヒットした方剤は「川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)」とレバー系の栄養剤。

2013年10月02日

がんについて

デメカル.jpg
平成18年に「がん対策基本法」が公布されています。

昨日、とあるところで皆とがんについて語り合いました。
元気な見た目で気付きませんでしたが、その中にはがんを経験した人、緩和医療中の人も。
今現在は、ふたりにひとりはがんになる時代です。
先進医療はかなりの治癒率ですが、300万程度の費用がかかり、一刻も早い保険適応が必要です。
賛否両論ですが、ビタミン剤や貼り薬を抑えて、先端医療に回せばいいのに・・・と思うのですが。
私だって、身内にがんが複数いますから、遺伝子的にいつ発症しても不思議ではありません。
そして話は、早期発見に!
「やっぱり検査は大事ですよ~。」
早期発見すれば、大部分のがんは治癒します。
でもわかっているけど平日は仕事で検査にいけない!
まったくがん検診していない人の割合は、約3割。
そのような人は、費用は1万円前後しますが、DEMECAL血液検査キットがおすすめ。
指先の血液数滴を宅急便で送れば、メールで結果が送られます。
万が一疑わしい結果が出たら、もよりの医療機関リストも送られます。
フォローもしっかりしているので安心。
厚労省承認で、鎌倉市では多忙で検診できない人に1000円で販売しています。
全国自治体にもひろまっているそう。
うちの店も以前取り扱い、好評でしたが、使用期限が早くて破棄になる在庫があり、通販サイトをご紹介しています。
通販サイトはhttp://demecal-kensakit.kenkousenka.jp/
電話は0120-28-7721
私が取り扱っていたときよりずいぶん進歩し、ピロリ菌検査キット、がんリスクチェッカー、などなど豊富にあります。
ちなみにピロリ菌除去の保険適応には内視鏡検査が必要なので、検査キッドで陽性が出たら、迷わず内視鏡検査をしてください。
胃がんの原因物質は100%ピロリ菌と断定されていますから、排除すれば大丈夫です。