参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2013年02月 | メイン | 2013年04月 »

2013年03月15日

漢方を飲んでいる人は、西洋薬の効きがよい

aprilunicoのお菓子.jpg
漢方を飲んでいる人は、西洋薬の効きが、飲んでいない人よりずっとよくなります。

このところの花粉症は凄まじいですね。
花粉だけではないし。
今年は漢方だけでは症状がとれないので、西洋薬も使ってもらってます。
すると、漢方を飲んでいる人と、飲んでない人の差が顕著にみられました。

症例1
漢方を飲んでいない人のケースですが、病院で処方されたかなり強力な薬を多数飲んでいるにも関わらず、使用直後しか効果が実感できません。それも、少しいいかな~程度。
1月から花粉症の薬を飲んで予防してたにもかかわらず、効果は微弱。
その方はなんとかよくなりたいと、初めてご相談にいらっしゃいました。
西洋薬はそれ以上強力なものはないので、それに併用できる漢方をお持ちになりました。

症例2
10年うちの漢方をご使用いただいている方。
「今年は症状が酷くて・・・。」
そこで、西洋薬と目薬を併用してもらうことにしました。
ちょっとおっかなびっくりだったので、昨日お電話してご様子を尋ねてみると
「もうすっかり症状が消えました。よく効きますね~!」
症例1の方の西洋薬よりずっと弱い物なんですよ。
しかも短期で即効性が出るんです。

これが漢方で肉体改造した人と、していない人の差です。

今日の写真は、銀の鈴フェアで販売されたマクロビオティックスイーツのシフォンケーキ・チーズケーキ・クッキーなどなど。
お砂糖・牛乳・玉子を使用してないのですが、まったくわかりません。
美味しくて、大人買いしました。

2013年03月12日

花粉・黄砂・PM2,5

P1020537.JPG
花粉・黄砂・PM2,5そして砂嵐という凄まじい季節ですね。

薬局にも目を真っ赤に充血させた人、鼻炎のひどい人が目立ちます。
ここまでくると、漢方だけでは対応できません。
やはり5分で効くステロイド剤が必要になります。
第一類医薬品にもステロイド剤が目立つようになりました。
うちにくるお客様は、大部分が極度の医薬品恐怖症の方。
これは、われわれ薬剤師の罪であり、世の中の医薬品にまつわる誤解に反論してこなかったところに、今日の医薬品恐怖症を増加させる原因があります。
明確にお話しすると、ステロイドの副作用は5%程度で、95%の人は安心して使用することができます。
濫用はおすすめできませんが。
つまり、症状が強いときだけ頓服で使用するなら、問題ありません。
そしてステロイドで乱れた体内環境を、漢方薬で調えれば、快適に過ごすことができます。
医薬品だけでは、からだのだるさ、目や鼻のぼってり感がとれないからです。
漢方は医薬品にはない、からだの快適さを提供してくれます。
基本ですが、まずはマスクを忘れずに!
衷中参西録という100年前の中国の医学書では、張錫純が生薬の石膏と西洋薬のアスピリンを結びつけた処方で、抗生物質のない時代に肺結核を治しました。
同様に、ステロイドと漢方薬で絶妙なコンビネーションが生まれるかもしれません。