参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 牛黄の微量漢方でせきがやわらいだ症例 | メイン | 疑うドクター »

安全なかき氷の食べ方

亀戸天神社 24.8月.jpg
かき氷好きなんだけど、お腹こわしちゃう・・・でも、食べたいという方へ。

あっという間に9月も半ばですが、猛暑が続いていますね。
でも朝晩は涼しいので、寝冷えしたり夏風邪が急増しています。
昼の暑さに耐えきれず、かき氷を食べたらお腹こわした~という人も急増中。
寝るときは腹巻、氷を食べる前は漢方で体を準備することが大切です。
漢方飲みなれない人は、「病気でもないのに、漢方飲むなんて危険!」と思うかもしれませんが、私からすると漢方飲まないでかき氷食べるのは、半袖1枚で吹雪の中にいるのと同じくらい危険です。

具体的に何を飲むのかというと、大建中湯(だいけんちゅうとう)で胃を熱してから氷を食べるとバランスがとれて、お腹を冷やしません。
胃を熱して「熱いよ~、氷で冷やしたいよ~」と副作用?を作ってから氷で治療する理屈です。
グルメには、努力も必要です。
アイスコーヒーでお腹をこわしていた友人も、この方法でお腹をこわさなくなりました。
以前教わった漢方の先生も、大好物の柿を食べる前に呉茱萸湯(ごしゅゆとう)を飲んでおられるそうです。

上の写真は、合格祈願のパワースポット「亀戸天神」です。
藤の花、菊の花で有名で、池には亀がたくさん泳いでます。
出て右側の船橋屋さんのくず餅が美味しい!