参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月26日

牛黄の微量漢方症例

P1020300.JPG
手ごろな値段でいいわ~(お客様)

牛黄(ごおう)は牛数千頭に1頭しかとれない牛の胆石です。
漢方では上薬に分類され、金より高いといわれる生薬。
特にうちは最上級のオーストラリア産を使用しているので、高すぎて一度に支払えず、分割でやっと先月払い終えたところです。(問屋さん、すみません!)
こうまでして入手する理由は、とにかく疲労回復・気力回復に効くからです。
でもせっかくよいものでも、高いから使うことができない~では、宝の持ち腐れ。
微量漢方にすると、手ごろな値段で多くの人に使ってもらうことができます。
らくになって喜んでもらえたら、うれしいな~!

今日は先月購入した70代女性からお電話がありました。
「また飲みたいわ。
ひざが痛かったのが、よくなったの。
飲んでるとずいぶんちがうのよ。
そう、手ごろな値段でいいわ~。
木曜日、受け取りに行きます。」

牛黄は直接痛みをとるものではありませんが、体内環境が改善すると相乗効果で予想しなかったことがおこります。
痩せたり、痛みが取れたり、お肌がきれいになったり。
そこが漢方の魅力です。

2012年06月20日

食べ過ぎと食中毒の見分け方

P1020299.JPG
食中毒シーズンですね。

顔なじみのお客様が
「食べ過ぎたみたい。
家族で中華を食べて、帰宅してプリン食べて、いろいろ食べちゃったの。
朝起きたら胃がむかむかして、吐いて、お腹もこわして・・・。」
消化剤でいいかな? あ、私(菅野)の悪い頭を信じちゃいかん!
ということで、安中散(あんちゅうさん)の香りをチェックしてもらうと、
「あ、これだめ!苦手!」
(安中散は消化剤的な生薬で構成される方剤です。)
え?食べ過ぎなのに、なぜ?もしや・・・
ということで、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)の香りをチェックすると、
「これがいいわ!」
(黄連解毒湯は細菌性の胃腸炎に効く生薬で構成されています。)
も、もしや食あたりでは?
「寝る前に飲んだポカリスエットかな?
1か月前に開けたんだけど、もったいないから飲んじゃった・・・。
冷蔵庫に入っているから大丈夫だと思ったの。」
ということで、お客様の嗅覚で選んだ方剤で見事食中毒であることが判明しました。
OS-1(経口補水液)と黄連解毒湯・平胃散(へいいさん)で、1日で回復。

冷蔵庫に入れても、封を開けたら3日以内で飲みましょうね。

今日の写真は、和産の野生の黄連(おうれん)です。
ベルベリンを含有するので、黄色ブドウ球菌などの抗菌作用が報告されています。

2012年06月12日

多汗症

スカイツリー夜景.jpg
多汗症は得意分野です。

多汗症とは、異常に多量の汗をかく状態で、体質的なものと、バセドウ病・リウマチ・糖尿病・更年期の症状である場合があります。
体質的な場合は、漢方などで対応することができます。
ただ、多汗は汗と一緒に水溶性ビタミン・ミネラルの欠乏を起こしていることが多いので、欠乏を補うサプリも3か月ほど補給する必要があります。
漢方では多汗は「虚証」といって、エネルギー消耗傾向に分類され、補薬が使われます。
すぐに補わないと、あとで大きな病気になる可能性があるからです。
重労働で大量の汗をかく人も、出て行った分を補う必要がありますね。
高齢者施設で介護の仕事をしていた女性は、入浴介助を一人で何人もしていて、大量の汗を流し続けた結果、膠原病になってしまいました。
汗は皮膚を乾燥から防いだり、体温調節をする働きがありますが、大量の汗を流した後は塩分だけではなく水溶性ビタミンなどのサプリメントを補いましょうね。

今日の写真はスカイツリーの夜景です。