参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月27日

インフルエンザ予防「体を温める」コツ

ドライヤー大好き.jpg
風邪をひきやすい人に共通のファッションがあります。

食事はオーガニック、睡眠にも気をつけていて、スポーツジムで体を鍛えている、なのに風邪をひいてばかり・・・。
という女性が多数います。
問題は、ファッションにあり。

まず、首元が広く開いたカットソーを着ている人。
鎖骨は美しいのですが。
風邪(ふうじゃ)気は後項から入るのですぞ!
風邪気大歓迎の服装になってしまいます。
だから首にマフラーやスカーフで、風邪気をブロックすることがポイントになります。
それだけで、体がとても温まりますよ。

そして、足元は共通して薄いストッキングに面積の小さいパンプス。
かっこいいけど、体にはよくない。
なぜなら、膀胱炎や生理痛の原因になるからです。
いくらお腹を温めても、足首で冷えた血液が血管を流れて、お腹や腰を冷やしてしまいます。
せめてインフルが収まるまで、分厚い靴下にムートンブーツで温かい足元を作ってください。
ちなみに、私はルームシューズも1000円くらいのムートン風ブーツで省エネしています。
温かいですよ!

以上、風邪を予防するファッションについてでした。

上の写真は、ドライヤーの温風が大好きな、うちのワンコ。
友人には「犬はドライヤーの音が嫌いなのに、珍しい。」と言われています。
私が髪を乾かしていると、「私にもドライヤーして」とよってきて、気持ちよさそうにしています。

2012年01月24日

インフルエンザ予防はエネルギーを高める

P1020256.JPG
インフルエンザが先週の2倍以上と報告されています。
いよいよシーズン到来!

インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスといわれていますが、それだけではありません。
感染させる体内条件があるのです。
ウイルスのことを漢方では外因といい、それを感染させる体内条件を内因といいます。
つまり、インフルが発症する根本原因は人体の「内因」にあり、ウイルスは単なる発病の条件にすぎません。
感染させない「内因」を作るには、体内エネルギー(気)を高めること。
からだを温め、栄養を摂り、22時までに寝ることです。
でも現実には不可能な人も多いですよね・・・。
仕事、夜泣きする赤ちゃんがいる人、・・・・。
そのような人は、麻黄湯(まおうとう)などの漢方や確かなサプリでエネルギーを高めてください。
内因さえ作らなければ、確実に感染を避けることが可能です。
写真の生薬は抗インフルエンザ作用の麻黄(まおう)と体を温める桂皮(けいひ)です。
かわいい容器は、デザイナーのTさん製作です。

2012年01月20日

不眠症と八味丸

P1020255.JPG
不眠症の原因が八味丸(はちみがん)で解消するおはなし。

病院で不眠症の治療薬をもらうと、用法に「不眠時」とだけ書かれていて、どのように飲んだらよいか判断に困る人もいます。
睡眠薬と聞くと、胃腸薬のように気楽に扱えない抵抗感をお持ちの人も多いですね。
でも私は飲まずに不眠でいるよりは、飲んで質の良い睡眠をとるほうをおすすめしています。
なによりも、睡眠は免疫力アップにつながるのです。

<あるお客様からのご相談>
睡眠薬を飲んでも、夜中に目が覚めて眠れなくなります。
さらにどの睡眠薬を加えて飲んだらいいでしょうか?(もちろん、処方箋のお薬です。)

よくよくお話を聞くと、夜中に目が覚める原因は、「夜間頻尿」。
そこで八味丸(はちみがん)をお勧めすると、問題解決!
あやうく睡眠薬の濫用につながるところでした・・・。

八味丸は腎虚(じんきょ)といって、内分泌機能低下などを防止する方剤です。
内分泌系ADHが分泌不足すると尿量過多になるため、それを改善するのが八味丸です。
そういう働きをする西洋薬はないので、漢方は便利ですね。
年を取ると腎虚になりやすいので、それを改善させる八味丸は、老化防止の漢方ともいわれています。
糖尿病や自律神経失調症、認知症、排尿機能異常、前立せん肥大、かすみ目、うっ血性心不全、無月経、不妊症にも使われる方剤です。

今日はこちらは、積もらない雪がパラパラ降り続いています。
ここまで気温が低下すると、一斉にインフルが流行しそうな気配が・・・。
皆さん、人ごみは避けて(バーゲンシーズンですが)、睡眠時間を十分におとりください。


2012年01月05日

明けましておめでとうございます

P1020235.JPG
年明けは、ノロの大流行でスタートしました。

ノロウイルスによる急性胃腸炎が大流行!
吐いたり、下痢したり、家族が次々感染して大変です。
予防するには、トイレや吐いた周辺をクレベリンという消毒液で殺菌することが大切。
漢方ではずいぶん前から黄芩湯(おうごんとう)がいいといわれていますね。
感染すると吐いたり下痢をするので、脱水に注意してください。
このようなときは、水を飲んでも細胞は吸収しません。
飲む点滴といわれているOS-1という経口補水液がおすすめ。
手に入らないときは、水400ccに砂糖大さじ2杯と塩小さじ4分の1を入れて、手作り補水液を作りましょう。
このレシピは年末にも書いたので、それを見たお客様から「自分で作って飲みました!」とお電話いただきました。
ただノロウイルスは、ふつうの体力の人なら、2日寝ていれば治ります。
他人に移さないように、2日間はガッツリ休んでくださいね!

皆様、今年もよろしくお願いいたします。