参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月31日

「新参者」で人形町ブーム

ブログ6 051.jpg
ドラマ「新参者」の舞台である人形町がにぎわいをみせています。

うちの店から歩いて5分、新参者の舞台、人形町があります。
よくロケをやっていますね。
ひとだかりで、なかなか阿部ちゃんを見ることは出来ませんが・・・。
その影響でしょうか、地図を片手に携帯で写真を撮る人。
たい焼きの行列に並ぶ人。
路地裏の定食屋さん(美味しいんですよ~)も大行列!

地元の人も、「あのシーンはどこ?」と盛り上がっています。

2010年05月27日

癒し=自分の体を理解する

ブログ6 050.jpg
漢方には自分のからだを理解する「癒し」効果があります。

一般に「癒し」というと、他から元気をもらったり、らくにしてもらったりなど受身的な印象がありますが・・。
でもそれらは一時的にしか、らくになることができません。
本当の「癒し」は、自分自身を理解する「気づき」の中に存在します。
自分の力で、らくになれるのです。
自分の力で得た「癒し」は永遠です。

漢方薬を選ぶとき、お客様ご自身の体の状態を、一緒に探求していきます。
「浮腫みがありますね。」
「瘀血(おけつ)がありますね。」
「お腹が冷えてますね。」
日常生活では知ることが出来なかった自分の体の状態を知り、体の不調の原因が理解できると、みんなの目が輝きます。
そして、
「この浮腫みに茯苓・白朮が効きますよ。」「この瘀血に当帰・川芎が・・・」
という会話で皆さんが元気になってくれるのが、うれしいですね。
私も癒されてしまいます・・・。

2010年05月26日

ハーブでゴキブリころり

ブログ6 049.jpg
殺虫剤の季節がやってきました。

私の嫌いなものベスト3のひとつがゴキブリです。
夏になると、殺虫剤は必須アイテムでした。
ハーブの殺虫剤が発売されたのですが、「赤ちゃんやペットには安全」ということで、効き目が穏やかなのでは?と、おそるおそる家に持ち帰りました。
窓やベランダを全開していると、どこからか侵入してくるんですよね・・・。
黒い動くものを見つけて、「ギャー!」と叫びつつ、シュワーっとスプレーすると・・・。
あら、本当、すぐ動かなくなる!!!
ニームという木が原材料で、ゴキブリなどの害虫の呼吸に作用するそうです。
大きなハエにもスプレーしたら、パタンと落ちました・・・。
うちのワンちゃんには安全なので、重宝してます。

2010年05月25日

代替療法 大学と共同開発のサプリメント

ブログ6 047.jpg
サプリメントの中には、大学のとの共同開発で製品化され、エビデンスのある優秀な製品もあります。

会社を立ち上げた社長も食品の研究者で、成分の構造式で説明してくださるので、薬剤師にはとても理解しやすいです。
大阪府立大学の北村先生と株式会社オリジン生化学研究所との共同開発で、フナ寿司由来乳酸菌を古代米培地による培養に成功し商品化されたものが、「すし乳酸菌」です。
フナ寿司由来乳酸菌を、乳酸菌研究の東大名誉教授光岡先生の研究で、ラクトバチラス・ブフネリと同定されています。
と、ここまでとても敷居の高そうなお話をしましたが、要するに優秀な学者さんたちの研究成果によるサプリも存在するということをお話したかったのです。
そして、これは私もお客様も利用して、体調がよいと感じられる商品です。
このような姿勢で開発された商品が、患者さんの幸せにつながると思います。

2010年05月24日

代替療法 薬剤師の役割

ブログ6 046.jpg
薬剤師の情報誌「クレデンシャル」に、サプリメント・健康食品について考える特集が組まれていました。

健康食品・サプリメントに関して、2005年発行された東京都福祉保険局・東京都生活文化局編「健康食品取り扱いマニュアル」以降、表現の規制が非常に狭められるため、「健康増進」以外の説明ができなくなり、薬事法に気をとられながら仕事をするデメリットがあるので、多くの薬剤師は健康食品・サプリメントに向き合わなくなりました。
しかしインターネット社会である今日、情報は簡単に入手することができます。
薬剤師という専門家を介さず、患者個人が自己判断で健康食品・サプリメントを使用することで、様々な問題が出てきています。
つまり、「規制」より改善目的のためのアドバイスが大切です。
「よくなりたい、元気になりたい」という気持ちは、皆同じ。
そのような気持ちを大切に扱うことに、医療現場も気づいたのかもしれませんね。

2010年05月21日

代替療法 研究方法の信頼性

ブログ6 045.jpg
代替療法は科学性に乏しいといわれていますが、そのわけは研究方法にあります。

今日はこちらは一気に真夏になりました。
UVケアが必要な1日・・・。

科学的検証で、信頼性の高い順に並べてみると
1.ランダム化比較試験
2.非ランダム化比較試験
3.コホート研究
4.患者対象研究
5.症例報告
6.実験室の研究
7.経験談・権威者の意見
となります。
しかし1~4は、漢方薬の場合、正確なデータを得ることは困難です。
代替療法に関心のある方が、一番気になる情報は5の症例報告のようですね。
お客様によく尋ねられる事は、「他の人はどのような様子でしょうか。」ということです。
なるべく主観を排除して、客観的事実を伝える努力をしたいと思います。

2010年05月20日

口蹄疫

ブログ6 044.jpg
宮崎県内では、外出自粛やイベントの延期も・・・。

家畜が感染するウイルス性疾患である口蹄疫。
連日被害の凄まじさが報道されています。
宮崎県では非常事態宣言を打ち出し、感染拡大を防ぐため、市民の外出自粛とイベント延期をよびかけているそうです。
予防法は消毒。

インフルエンザなどのウイルス性疾患が騒がれるたびに思うのですが、消毒も大切ですが免疫力をつけることも大切なのではないでしょうか。
免疫力を上げる西洋薬は、もちろん皆無です。
でも、漢方生薬には多く存在します。
薏苡仁(よくいにん)など、予防に活用するといいのだけれど・・・。
ヒツジの動物実験での免疫活性に関するデータはあるのですが。

2010年05月18日

代替療法の誤解

ブログ6 043.jpg
食品・天然物質イコール安全ということは、大きな誤解です。

医薬品イコール副作用を有する危険なものという誤解と同じくらい、天然のもの・食品イコール安全ということも大きな誤解です。
特に治療中の方は、からだによいと思う食品ほど、気をつけたほうがいいですね。
一番有名なものは、高血圧の薬であるカルシウム拮抗剤とグレープフルーツの組み合わせ。
グレープフルーツの苦味プラス酸味が、カルシウム拮抗剤の作用を強めてしまいます。
そして、グレープフルーツだけではなく、写真の枳実(きじつ)も要注意です。
高血圧症に使われる漢方処方の大柴胡湯(だいさいことう)に、枳実が含まれています。
お薬手帳に、サプリなどのセルフケア商品を記入して、薬局で相談することをおすすめします。

2010年05月17日

代替療法 危険なセラピスト

ブログ6 042.jpg
西洋医学の治療をサポートしてくれるセラピストを選んでください。

セラピストの中には、現代西洋医学を完全に否定し、科学的根拠のない治療法のみをすすめる者もいます。
それが、危険なセラピストです。
そしてそれを選んだ人は、治療の機会を逃しています。
一番の誤解は、医薬品=副作用を有する危険なものという認識。
ステロイドの誤解が多すぎます。
それを使わないで悪化した人が、当店に多くやってきます。
西洋医学を理解し、サポートしてくれるセラピストは、信頼できるセラピストです。

2010年05月14日

代替療法の注意点 ショウガ

ショウガは大ブームですが・・・。

ショウガには、血液が固まりにくくなる作用が認められています。
それで、以下の人は中止したほうが安全です。

ワーファリンを使用している人。
抗血栓剤のワーファリンを使用している人は、出血傾向になるおそれがあります。

手術を予定している人、血小板が減少している人。
これも、出血傾向が高まりますね。

がん代替療法のメリット・デメリット

当店の代替療法は、治療による苦痛をやわらげる効果があります。

ガン代替療法のメリットは「体調がよくなる」こと。
デメリットは「保険がきかない」こと。

<症例>女性 乳がん
(本人談)乳がん手術後、抗がん剤の副作用で、体調を崩しました。
代替療法を1年利用したところ、普通に生活できるようになり、体調もよくなりました。
不安感も少なくなり、体調のよさを感じることが出来ます。

<考察>
抗がん剤の副作用は個人差が大きく、軽い人は軽いのですが、この方の場合強く出ました。
漢方と健康食品を用いた代替療法で、お仕事ができるまでに回復。
西洋医学の治療で病気を治すだけでは、すぐにもとどおりの生活というわけにはいきません。
代替療法による調整も大切です。

2010年05月13日

がん代替療法の注意点

ブログ6 040.jpg
病院での治療の効果を低下させるサプリメントもあります。

代替療法は、西洋医学の治療の苦痛をやわらげる効果があります。
しかし放射線治療や化学療法を受けるときは、サプリメントの利用を控えたほうがよいといわれています。
そのサプリメントとは、抗酸化サプリメントです。
代表的なものに、コエンザイムがありますね。

放射線治療や化学療法の一部は、活性酸素を産生することでがん細胞障害作用を発揮しているため、コエンザイムなどで抗酸化してしまうと、その効果が低下してしまうのです。
治療中は自己判断しないで、担当医や薬剤師に相談してくださいね。

2010年05月12日

欧米と異なる「利用目的」

ブログ6 039.jpg
代替療法の利用目的が、欧米と比べて異なる点が明らかになっています。

補完代替療法のわが国の取り組みは、欧米に比べて遅れています。
しかしインターネットの普及により、患者本人が様々な療法にアクセスすることで、医療現場では補完代替療法の利用者が急増中です。そして、大混乱しています。
そこで厚生労働省がん研究助成金による研究班が組織され、がんの補完代替医療の利用実態調査が全国規模でおこなわれ、2005年に学術論文で報告されました。
その報告によると、
「利用目的に関しても欧米の調査報告と比べて異なる点が明らかとなりました。
今回のわが国の調査結果では、補完代替医療の利用目的として、ガンに対する直接的な治療効果(がんの進行抑制や延命効果)をあげる人が多くいました。
一方、欧米の報告では、おもな利用目的として、がんの進行に伴う痛みなどの症状緩和や心理的不安の軽減、通常のがん治療に伴う副作用(吐き気)の症状緩和などが挙げられています。」

漢方などの代替療法は、副作用の緩和、痛みの軽減、そしてなによりも心理的不安に効果がありました。

2010年05月11日

アトピーと代替療法

ブログ6 038.jpg
アトピーのご相談も多いです。

<症例>男性 20代
アトピー性皮膚炎と鼻炎の症状がある。
病院ではプロトピックが処方されているが、改善しない。
当店の代替療法で、これ以上悪化しないようにしたい。

学生さんで予算も限られているため、微量漢方とすし乳酸菌を使用した。
微量漢方は甘草・粳米・大棗・人参・半夏・麻黄・麦門冬を使用。
1ヵ月後、鼻づまりは改善したが、皮膚症状は変化がみられなかった。

<考察>
微量漢方は、漢方のイメージ療法です。
ストレスの大きい方には効果が見られます。
(現段階では、すし乳酸菌の料金のみで提供しています。)
長い間アトピー体質の人は、かゆくないときも無意識に搔いてしまい、痒みを誘発するクセに悩まされます。このお客様も、そのことに気づいています。
五行理論では、鼻は皮膚と関連しています。
鼻の症状から改善が表れましたが、皮膚はなかなか厄介です。

2010年05月10日

代替療法は十分なコミュニケーションを

ブログ6 037.jpg
代替療法を試すときは、医師と十分なコミュニケーションを!

一昔前は「先生(医師)に相談すると、頭ごなしにだめ!といわれた」ケースが多かったのですが、最近の事情は変化し「この治療が終了したら問題ない」というケースが増えてきました。

本日ご相談のお客様のケース。
「こちらの(漢方の)お話を医師にしたら、もう少し待ってといわれました・・・。」
このようにきちんと医師に情報提供できるお客様は、自己管理が行き届いていますね。
こちらも安心です。
ドリンクを飲んで、ストレス解消されていました。

2010年05月07日

乳がんの代替療法

ご相談が多いのは乳がんです。

代替療法は、治療による苦痛をやわらげる効果があります。

<症例> 女性
8年前?乳がん再発時から(当店の代替療法:漢方・健康食品など)利用しはじめ、抗がん剤、放射線も実施しましたが、激しい副作用もなく、軽いつわり程度で済みました。

<考察>
不安や問題点はすぐに電話やメールでお問い合わせがあり、お客様に積極的な姿勢がありました。
お客様の一番の不安は、今ある苦痛は抗がん剤の副作用なのか、ガンの症状なのかということですが、可能なかぎり専門書を調べ病院で尋ねたほうがよいことを、明確化しました。

2010年05月06日

線維筋痛症の代替療法

アリスインワンダーランド.jpg
本日報告をいただいた、線維筋痛症の症例です。

さっそく薏苡仁湯(よくいにんとう)を使用したお客様から、ご報告をいただきました。
<症例> 女性47歳
手足のしびれがひどく、ペットボトルも開けられないほどだった。
4月24日から、煎じ薬で薏苡仁湯を服用。
12日間飲んだ結果、手足のしびれが軽くなった。
スクーターに乗れるほどになった。
足から改善し、手足のしびれが半分以下になった。
不安感もなくなった。

<考察>
線維筋痛症の読売新聞の記事から、ご本人の希望で薏苡仁湯を検証することになりました。
たまたま冷えると症状が悪化する、関節痛などの証が一致したので使用した見たら、みるみる改善しました。
本人の主観がたよりですが、しびれの5段階評価が5から2に下がりました。
ゴールデンウィーク中の暖かいお天気の影響もあると思いますが、さらに経過観察していきます。