参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月30日

大腸癌の代替療法

柏もち.jpg
効果が出るには、半年必要です。

当店の代替療法は、西洋医学における治療の苦痛をやわらげる効果があります。
原則として、担当医への情報提供、許可が必要です。


<症例>大腸癌の女性
手術後、当店の代替療法を利用。
代替療法は主に健康食品と漢方薬。
半年利用後、「体調も良好で、食欲も落ちることなく、順調に回復しました。精神的にもとても穏やかです。」

<考察>
代替療法を活用することで、順調に気力・体力回復されました。
抗がん剤治療も順調で、通院で体調良好。
治療中、貧血は発症しました。
食事で補えない部分は健康食品で体作りをし、腹部の不快な症状は漢方薬で対応できたことで、治療による体の負担が少なかったのだと思います。

2010年04月28日

悪性リンパ腫の代替療法

ブログ6 036.jpg
お客様の症例をお伝えします。特定の療法を勧めるものではなく、様々な療法を制限するものでもありません。

がん患者の二人にひとりは代替療法を取り入れている今日。
氾濫する情報に、多くの方が不安をもっておられます。
その中で、自分にあった代替療法と出会い、医師の治療を受けながら、快適な生活を維持してがんとうまく付き合っている人もいます。
当店での情報を明確にし、代替療法との付き合い方を、実例をとおして説明したいと思います。

当店の代替療法は、西洋医学における治療の苦痛をやわらげる効果があります。
原則として、担当医への情報提供、許可が必要です。

1年前に悪性リンパ腫が見つかり、半年間抗がん剤治療を受けた女性。
少し残っているが、経過観察中。
その間に、当店で健康食品・漢方薬による代替療法を利用。

3ヵ月後、「疲れにくくなり、満たされた気持ちになり、前向きになった。体調はよい。」

代替療法は、体だけではなく、心のバランスにも作用しますね。

今日の写真は、店内のブーゲンビリアです。
今日は風の強い大雨です。


2010年04月26日

牛房子(ごぼうし)にすい臓がん増殖抑制・・臨床研究へ

ブログ6 035.jpg
読売新聞・yahooニュースより

記事によると
「国立がん研究センター東病院(千葉県松戸市)は、漢方薬の解熱剤などに使われるゴボウの種子「牛房子」に、抗がん剤が効きにくいすい臓がんの増殖を抑える作用があることを、マウスの実験で突き止めた。」

牛房子はキク科のゴボウの成熟した果実です。
消風散(しょうふうさん)などに配合され、皮膚炎に使われる生薬です。
記事によると、含有成分のアルクチゲニンを加えると、培養したがん細胞が激減したそうです。
ただマウスの実験なので、人間に当てはめると5%程度になる可能性があります。
それでも、すごいですね。

ここで注意しなければならないことは、アルクチゲニンは、牛房子を飲んだだけでは吸収できないということです
牛房子を抽出して得ることが出来る成分は、アルクチンです。
アルクチンは、腸内細菌の代謝を受けて、アルクチゲニンとなります。
牛房子を使うとき、乳酸菌を併用するといいですね。

2010年04月23日

安らぎの音

ブログ6 033.jpg
今日は「理由がないのに悲しくて・・・」というご相談が4件続きました。

「理由もないのに悲しくて、涙がぽろぽろ出るんです・・。」
「頓服のうつの薬を飲みました。」
きょうはこのような、気持ちが高ぶる方が多い1日でした。

日照不足や激しい気温変化で、疲れちゃったのでしょうね。

読売新聞朝刊より要約
「波の音、小川のせせらぎ、林をわたる風。自然の音にリラックス効果がある。最近では、和楽器や風鈴にもこれに似た効果があることがわかってきた。日大理工学部と生産工学部の研究によると、人間が聴き取れない周波数の超音波を多く含む自然音を聴くと、リラックスしたときに表れる脳波のα波が増える。」

テレビやラジオなどの音を消し、雨音や風の音に耳を傾け、お湯を注ぐコポコポという音に集中してお茶を飲むゆとりがあるといいですね。
私は茶道は始めたばかりですが、静寂の中で集中すると、雑音だらけの頭の中がスッキリ明瞭になるので、不思議です。

2010年04月22日

激しい気温差で消耗傾向

ブログ6 032.jpg
激しい気温差は、体を消耗傾向=虚証(きょしょう)にしています。

昨日は真夏日。
そして今朝のお天気お姉さんは、「今日は冬物のコートを着てください」ということで、私は再びダウンを着ました。

もともと虚証(消耗傾向)の心臓の弱い人、風邪を引いている人、うつ傾向の人は、特に負担が大きいようですね。
コンクレバンでは追いつかず、牛黄(ごおう)で落ちついています・・・。
でもこのようにして健康管理できると、仕事を休むこともなく、体もらくになるので安心。
健康管理の慣れたお客様は、悪化する前に気づくので、回復が早い。
「とりあえず、コンクレバンを飲みました!」と、上級者。
気温変化による健康管理は、タイミング、漢方などを飲むスピードが大切です。
「一度悪くなると、なかなかよくならず、そのまま悪化するんです・・・」ということが少なくなります。
天気図を見ながら、衣服プラス漢方などで体調管理し、快適にお過ごしください。

写真は今週咲いた、ベルフラワーです。


2010年04月21日

線維筋痛症 漢方で和らぐ

ブログ6 031.jpg
線維筋痛症が漢方で痛みが和らいだ症例。20日読売新聞朝刊より

記事を要約すると
「線維筋痛症で精神的に追い詰められたD子さんに、埼玉県小川町の大野クリニック院長大野さんは関節痛や筋肉痛に用いられる薏苡仁湯(よくいにんとう)を処方した。D子さんは3ヵ月後、子供とボール遊びで遊べるまで回復。大野さんは、原因が突き止められない難しい病気の患者に、体と心の双方に働きかける漢方治療が役立つこともあると、話している。」

線維筋痛症は原因不明で、全身に激しい痛みが起こる病気です。
当店のお客様にも数名いて、ある人は「ガラスの破片で全身の神経をこすられている痛み」、またある人は「編み棒の先で全身を強くこすられている痛み」と話しています。
痛みで失神することもあるそうです。
漢方を飲んでいると、飲まないときより気力がちがうということで、現在も継続中。
「体と心の双方に働きかける漢方治療」ということですが、痛みや苦しさで心がまいってしまいますよね。
このようなとき、漢方の問診はカウンセリングとなり、辛い気持ちを吐き出すことで、苦痛が和らぐ効果があるようです。

2010年04月20日

菜食主義の危険!B12不足

お茶会4.18.jpg
チームバチスタ2 極端な菜食でB12欠乏症になった患者のストーリーがありました。

チームバチスタを要約すると
「ミス日本を目指す女性が、パニック発作で運ばれた。原因がまったく解明できず、脳のCTも異常なし。しかし症状が急変し、食事を飲み込むこともできず、手足の力がまったく入らない。パニック発作も頻繁に起こる。婚約者の証言で、ある事実が浮かび上がった。それは体型を細くするために、何年もゆでた野菜しか食べていないということだった。そして、中絶手術に使用した笑気ガスとの関連から、B12欠乏症であることが解明した。」

ビタミンB12の1日の必要摂取量は2,6マイクログラムです。
野菜や果物にほとんど含まれないビタミンのため、極度の菜食主義の方は欠乏します。
欠乏すると、悪性貧血、末梢神経症状がおこります。
末梢神経障害は、しびれや神経痛、目の疲れなどの症状がありますね。

ビタミンB12を含む食品は、海苔、動物性食品などがあります。

話は変わりますが、18日の日曜日にお稽古中の茶道のお茶会がありました。
雪の前日が夢のような、暖かい1日。
会場の桜が地面の花びらにつながり、絵のような美しさでした。
お稽古では足の痺れに悩まされていたため、チームバチスタを観た日から、メチコバール(B12)を飲んで体調を整えました。
薄茶、お濃茶、貴重なお道具の数々、色とりどりのお着物、とても優雅な春の1日でした。

2010年04月19日

気分を鎮める便秘薬

ブログ6 030.jpg
認知症収まり便秘も改善(読売新聞朝刊より)

記事より
「・・・B夫さんは落ち着かない様子で不安そう。便秘気味。足がむくんでいることがわかった。抗不安薬や向精神薬など、5種類の錠剤を服用しているので、薬はあまり増やしたくない。漢方専門医の加藤さんが処方したのは、エキス製剤の大黄甘草湯 (だいおうかんぞうとう)。主に便秘に効く漢方だが、気分を静めることも期待できる。
便秘はまもなく改善。夜間も動き回らず、当番の介護師の横に座り、おとなしくしているようになった。」

大黄(ダイオウ)は便秘薬として有名ですが、実は抗精神病作用のデータが多く存在します。
今のところラットのデータが中心ですが、鎮静作用、馴化作用(攻撃行動の抑制)、抗アポモルヒネ作用、抗メタンフェタミン作用が報告されているのです。
漢方では長い間の経験的から、錯乱状態になったら大黄で下せ!といわれています。
不安感の強い方で便秘傾向には、ぜひ!

2010年04月16日

抗がん剤の副作用軽く(読売新聞)

ブログ6 029.jpg
「がんの闘病生活において、漢方は患者の大きな味方になりうる」読売新聞朝刊より

記事によると、乳癌手術後の抗がん剤治療で全身の痒みの副作用が出た患者の症例。
皮膚科の抗ヒスタミン剤、ステロイド入り塗り薬でも治まらない痒みが、漢方薬で治まった。
それだけではなく、手足のしびれ、ふらつきもなくなった。

がん治療中の方は、病気の不安だけでなく、治療中の様々な副作用で苦しんでいます。
でも、治療は必要です。
治療中も元気に、心地よく生活したい・・・。
このような方は、漢方の力を活用してください。

うちのお客様でも、仕事しながら治療している人がけっこういます。
たとえガンであっても、漢方を活用することで、
「職場の皆はインフルエンザでしたが、私は漢方を飲んでいるせいか、元気でした。
皆が休むので、忙しかった~!」
と元気いっぱいです。

2010年04月15日

更年期、まず漢方を試して

ブログ6 028.jpg
「広がる漢方治療」読売新聞朝刊より

記事によると、43歳の女性が突然の発汗、顔のほてり、動悸、めまい、イライラ、気分の落ち込みなどの更年期症状を、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)と柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)で治した症例。
担当医福澤さんは「漢方は一つの処方で複数の症状が改善される。まず漢方を試して、どうしてもよくならない症状がある場合に、ホルモン補充療法を検討してみては」と話す。

女性の40代は、無理すると大病につながりやすい年齢です。
でも、この年代は様々な問題に振り回されることが多いですね。
介護、子供の受験・・・。
何らかの漢方保健薬で健康管理すると、からだも気持ちもラクになります。
更年期は10年くらい続きます。
漢方薬は長期に使用しても、体に負担がないので、安心ですね。

2010年04月14日

足の痛み軽く・・・西洋医学に組み合わせる

ブログ6 027.jpg
読売新聞朝刊より、西洋医学だけで治りがよくない患者に漢方を組み合わせたら、治療効果が増強できた記事がありました。

記事によると、足が痛くて歩けなくなった閉塞性動脈硬化症の患者の症例。
血管を広げる手術をしましたが、足の痛みはほとんどかわらなかったそうです。
そこで漢方薬を併用したところ、歩ける距離が日に日に延びたとのこと。
部品(血管)を改良しても、それだけでファンクションさせることは難しい。
ファンクションには漢方の力が必要だったのでしょうね。

今年は今まで経験したことのない激しい気温差の毎日です。
喘息などの症状がある人は、症状が出なくても吸入などでコントロールしておくことが大切。
症状が出てからでは、なかなか薬で抑えることは難しいです。
「でも、ステロイドだから心配で・・・。」
大丈夫、ステロイドで乱れた体内環境を、漢方で整えれば問題ありません。
「そういえば、今年は症状が出ていないんですよ!」と、お客様。
西洋薬と漢方のコントロール、成功例です。

2010年04月13日

激しい気温差、体に影響

ブログ6 026.jpg
初夏だと思うと、翌日は真冬・・・。体に影響が出ています。

せき喘息が目立ちます。

私は昨日はダウンコートを着ましたが、今日は夏用のカーディガンです。
明日から再び冬になるそうです。
農作物に被害が出ているとのこと。
春キャベツが高くて、びっくりしました。

当然、人間の体にも影響が出て、咳が止まらない人が目立ちます。
竹如温胆湯(ちくじょうんたんとう)のパターンが多いですね。

寒い!と感じてもすぐに暑い日になるので、傷寒の薬が間に合いません。
傷寒は寒さでぞくぞく感を感じる感覚です。
ぞくぞく感をほったらかすと、すぐに風邪・喘息・アレルギーに発展します。
この感覚を感じたら、桂枝湯(けいしとう)か葛根湯(かっこんとう)を飲んでおくと、気温変化から体を守ることが出来ます。
「風邪をひいてないのに、薬をのむの?」という人がいますが、葛根湯・桂枝湯は「薬」というよりからだの内側に着せるコートです!
だから、翌日夏になったら、コートは着ないでください。
気温に対して臨機応変がポイントです。

2010年04月12日

桜花賞

馬.jpg
今年のお花見のフィナーレ!

中山競馬場に行きました。
入場券発売所では、可愛いお馬ちゃんがお出迎え。
なでさせてもらいました。

中山競馬場は、周囲がぐるりと桜の木に囲まれた、桜の名所です。
お天気もよく、真ん中の遊び場は、子供たちの歓声で溢れています。
周囲のスタンドでは、大人の歓声が!

禁煙対策も徹底され、喫煙室が設けられていました。

阪神競馬場での桜花賞が、巨大なターフビジョンに映りだされました。
あちらでも、桜が満開です。
一番人気のアパパネが、期待に応えました。強い!

昨日はあれほど暖かかったのに、今日は寒い・・・。
ダウンジャケットが手放せません。

2010年04月09日

疲れている方へ

ブログ6 025.jpg
だるさや眠気をコーヒーでしのぐことは、危険です。

コーヒーや緑茶、紅茶の香りは、ほっとしますね。
休憩時間が充実し、豊かな気持ちにしてくれます。

しかし、だるさや眠気を取り除くため薬代わりに飲むコーヒーは、健康被害につながります。
コーヒー、紅茶、緑茶に含まれるカフェインは中枢興奮作用があり、脳や心臓に作用したり、胃腸に悪影響を与えるからです。
ドリンク剤の濫用も要注意!
ドリンク剤の生薬成分よりも、含有するカフェインの働きで、元気になったように錯覚します。
薬害のようなものですね。

安全にしゃきっとしたい方は、お魚の肝臓・心臓加水分解物配合のコンクレバンがおすすめ。
もっと重症者には、牛黄(ごおう)。
どちらもノンカフェインですが、すぐにしゃきっとします。
胃腸にもやさしいですね。

コーヒー、紅茶、緑茶は、お茶として楽しみましょう!

2010年04月08日

くも膜下出血 五行理論で気づいた体験

ブログ6 024.jpg
昨日から各報道番組で、くも膜下出血の特集が組まれています。

大変お気の毒ですが、巨人軍コーチ木村卓也氏がくも膜下出血で他界されました。
やはり前日から頭痛があったそうです。
でも、だれだって「まさか!」です。
思いつかないし、信じたくない・・・。

10年前の2月ごろ、私の母もくも膜下出血を発症しました。
電話をしたら「頭が痛いの。食事も吐いたの。」
はじめ、頭痛が激痛ではないので、インフルエンザや風邪かもしれないと、寝かせて安静にしていました。
1週間、2週間経過しても症状が改善せず、ダラリとした感じ。

甘いものが大好物の母にケーキを見せたところ、吐き気をもよおして顔をそむけます。
匂いもダメでした。
そして大根おろしや、ねぎのたっぷり入った納豆を欲しがります。
「いつもと違う!」
苦いものを好むので、風邪じゃない、脳だ!
五行理論では、苦味は心と脳に連動しているのです。
シンプルですが、好みの味が急に変化したら、要注意です。

そして外来時間ぎりぎりの脳外科に飛び込み、緊急入院。
カテーテル検査で脳動脈瘤と2箇所の出血が確認され、クリッピングにより助かったのです。
担当医に大きな声で
「運がいい!」と叫ばれました。
ほったらかしていたら、確実に3ヵ月の命だったそうです。
今思い出してもぞーっとします。
私でさえ、「まさか!」と思いましたもの。

上の写真は、いもようかん。
小岩のフラワーロード商店街の角屋さんで販売しています。
お芋の味がほくほくで、甘さ控えめで、美味しい!

2010年04月07日

ストレスと漢方

ブログ6 023.jpg
「漢方が急に効かなくなりました」のわけは?

今まで飲んでいた漢方が効かなくなった。
漢方を飲んでいるにもかかわらず、このところ体調が悪い。

このようなお客様も多いです。
とりあえず、体調を尋ねて、漢方を探します。
ある程度処方の目安がついたところで、本題に入ります。
「なにか環境の変化や、ストレスがありませんでしたか?」
原因の99%がこれです。
家族の入院、心配事、仕事のトラブル・・・。
このようなことが起こると、それ以前に処方した漢方は効かなくなります。
血流やお腹の状態などに変化が生じるからです。

これらの問題そのものを解決することは困難ですが、血流やお腹の状態を改善して健康に過ごすことは可能です。
そして最も大切なことは、息抜き。
10分でもいいから、本やマンガ、テレビなどで楽しむことも大切です。
元気が少なくなった人へ、漢方薬にほのぼのとしたマンガを処方することもあります。

2010年04月06日

漢方薬ダイエットの真実

夏に向けて、ダイエット商戦がはじまりましたが、その真実について明確に述べたいと思います。

「食べて痩せる」
とても魅力的な言葉です。
でも、食べて痩せることは不可能です。
正しくは、「食べないで痩せる」

「脂肪を落とす」
これも、皮下脂肪の多い私もクラっとくる呪文です。
でも、脂肪は運動して燃やすもの。

それでは、漢方薬は何が出来るのでしょうか?
浮腫みをとり、排泄を促すことは可能です。
浮腫みで体重増の人は、漢方薬のみで1キロの減量は可能。
すぐに落ちます。
しかしそれ以上の減量は、食事制限と運動のみ。

食事が不味くなるキャンディーやお茶があるといいですね。

2010年04月05日

くも膜下出血と漢方

お花見ダービー.jpg
木村卓也コーチが試合直前の練習中にくも膜下出血に倒れ、意識不明に・・・。

くも膜下出血に、年齢は関係ありません。
残念なことに、死亡率の高い病気です。
前ぶれがある場合もあります。
それは「頭痛」です。
突然の激しい頭痛の場合もあり、このようなときはすぐに病院へ行くので早期治療の確率は高いです。
しかし厄介なのは、持続的ながまんできる頭痛。
年齢が低いと、鎮痛剤でごまかして治療の機会を失う場合が多いです。
まさか自分がくも膜下出血とは、思えませんよね。
有名人が病気になると、あらためて「自分もそうかもしれない」と考え直すことができるのでは?

さてそのようなとき、漢方でなにができるか?
くも膜下出血は脳動脈瘤の破裂によって発症します。
頭痛に「もしかしたら・・・」を感じたら、まずは病院の検査・診断が大切。
そして治療はなんといっても手術(クリッピングなど)のみ。
漢方はそのあとの予後に活躍します。
手術が終了したらすぐに動けるわけではありません。
体力消耗の激しい超ハードな手術、元の生活ができるようになるには、さらなる養生が必要になります。
このようなとき、漢方は体力消耗を補う助けになります。
私の母も10年前に発症し、手術後、漢方を活用しました。
また、お客様から「脳動脈瘤が見つかった。手術したくないので、漢方はないでしょうか?」という相談がありましたが、手術の重要性をお話したら、とても安心してくださった経験があります。

2010年04月02日

歓送迎会に必携の漢方

ブログ6 021.jpg
歓送迎会にお酒はつきもの。この時期の健康管理に必要な漢方薬の使い方。

よく「二日酔いに○○」というようなCMを見かけますね。
でも、これひとつで二日酔いが解消されるわけではありません。
もともと日本人はアルコールを代謝する酵素が少ないのです。
だから気をつけて飲まないと、大病につながります。
別れと出会いの春、皆と楽しみたい、盛り上がりたい、という人のために・・・。

お酒を飲むときの健康管理は2段階に分けて考えます。
まず、飲んだ直後。
ちょっと飲みすぎると、口の中が唾液でいっぱいになる・・・。
このようなときは、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)を飲むとラクになります。
つわりのような感覚です。

そして次の日。
口の中が乾いて、味噌汁が飲みたい・・・。
こんなときは、茵陳五苓散(いんちんごれいさん)を飲むとスッキリします。
頭痛もとれちゃいます。
朝からバリバリ仕事ができます。
写真は、茵陳蒿(いんちんこう)。
漢方を活用して、楽しい宴会を!

2010年04月01日

なぜ便秘がよくないか

ブログ6 020.jpg
排泄コントロールの大切さを説明いたします。

便秘は女性に多い症状です。
病気ではないので、「1週間出てないの~」など平然としている人が多いですが、それが大病のもとになります。
便の量が少ないのも便秘です。

Q:排泄量の目安は?
A:食事量の3倍です。

排泄物の3分の1が食べたもののカスで、もう3分の1が内臓の新陳代謝による内臓の垢、そして最後の3分の1が腸内細菌の死骸です。
もし、排泄物が腸に滞ると何が起こるでしょうか?
腸内細菌の悪玉菌が便を腐敗させ、毒物・悪臭を産生します。
この毒物は腸管から再吸収され、血液に入り、全身に運ばれます。
血液が汚れるし、悪臭も産生する・・・
自律神経にも悪影響を及ぼし、頭痛・肩こりの原因でもあります。

今日から4月。
新しいスーツで駅のホームをきょろきょろ確認しながら歩く、新人さんたちが目立ちました。
数十年前の私も、そういう経験がありました。
環境が変わり、通勤・通学でトイレタイムがとれない!も便秘の原因になります。
健康の基本は、食事・睡眠・排泄。
排泄コントロールは健康の第一歩です。
写真は便秘薬に配合されている「大黄(だいおう)」です。