参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月31日

桜が咲きました

さくら2010.jpg
近所の桜が開花しました。

今朝、お届けものがあって近所を通りかかると、白い花びらがチラチラ。
顔を上げると、桜の花、花、花!
冷え込む日が続きましたが、今日は暖かい朝でしたね。
一斉に桜が咲きました。
桜を見ると、うきうきしますね。
フラワーエッセンスでも、「チェリー(さくら)」は愉快な気持ちを引き出すそうです。
五行理論では春は「肝」でイライラしやすいのですが、それを桜の花が中和してくれるような気持ちがします。

2010年03月29日

スカイツリーが日本一に

ブログ6 014.jpg
お店を出ると、スカイツリーが出現します。

本日、スカイツリーが東京タワーの333メートルを超え、日本一高い建造物となりました。
完成すると634メートルになるそうです。

お店を出ると、スカイツリーをはっきり見ることが出来ます。
あいにくのお天気もあり、デジカメ写真よりも肉眼のほうがはっきり見えます。
お店のそばは両国橋のたもとでもあり、花火もスカイツリーも見えて、意外な穴場。
ぜひ見に来てください!

週末はフィギュアスケートで盛り上がりました。
芸術点重視で、ジャンプは飛べば飛ぶほど減点される時代、浅田真央選手・高橋大輔選手は本当によくがんばりましたね。


2010年03月25日

NASA製おむつ

ブログ6 013.jpg
女性宇宙飛行士が長距離ストーカー時につけていたと噂される、ハイテクなおむつが話題になっています。

今朝、いつものカフェでモーニングを食べていたら、NASA製おむつが話題になりました。
昨日のテレビで放映されていたそうです。
主な内容は女性宇宙飛行士によるストーカー事件ですが、それよりもハイテクおむつに興味が集中!
あったら便利ですね。
高くても、買います。
介護に革命が起こるかもしれません。
介護が必要になると、一番大変なことは排泄・・・。
普通に排泄して、普通に食事をする難しさを、つくづく実感しています。

昨日から冷たい雨が降り続けています。
でも、酷かった黄砂が洗い流されました。
鼻炎は朝に発症しやすいとのことですが、この時期の雨の日は朝が爽快です。

2010年03月23日

「どう向き合う がん代替療法」NHKより

ナイン.jpg
20日夜のNHKでの番組から。

代替療法には漢方、鍼灸、アロマテラピー、ホメオパシー、健康食品などがあります。
自らも乳癌を体験した山田邦子さんが患者の立場から「藁にもすがる思い。まわりからいろいろな健康食品をすすめられる。」とコメント。
代替療法は癌に効果があるのかという質問に、東北大学大学院教授 坪野吉孝氏は
「まず代替療法というものは、病気に伴う苦痛に効果があります。」とコメントしました。
つまり、癌を消すものではありません。

様々な情報が氾濫し、玉石混交の健康情報。
番組では、見分け方も強調していました。
ふたつの点に注意すること。
まず一つは、体験談を載せている商品に注意。
二つ目は、動物実験のみのデータの商品に注意。動物実験が人間の体に当てはまるのは、数パーセントだそうです。

がん患者の二人に一人は代替療法を利用する時代です。
苦痛を取り除くことに、優れたものもたくさんあります。
厚生労働省も代替療法の研究に動き始めたそうで、一刻も早い情報の調整を望みます。

写真は、映画「NINE」
超ゴージャスな歌と踊り、スワロフスキーの衣装・・・。
内容は、どうしようもない映画監督の男のドラマですが、最後のおちがドキューンもの。
ソフィアローレンの美しさ、ニコールキッドマンの気品、ペネロペのセクシーだけどかっこいいダンス!
貫録の映画でした。


2010年03月19日

生薬資源の枯渇

ブログ6 012.jpg
生薬資源の枯渇が問題になっています。

生薬の大部分はお隣の中国に依存しています。
しかし都市化が進む中国では、生薬の栽培をやめて土地を売る人が増加中。
土地は団地になるとのこと。
一番深刻な生薬は「麻黄(まおう)」です。
麻黄は葛根湯(かっこんとう)・麻黄湯(まおうとう)・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)など使用頻度の高い漢方薬に入っている生薬です。

このところ微量漢方のお問い合わせが増えてきました。
まだまだ実用化は難しいので、健康増進の乳酸菌を購入した人に、アンケートと引き換えに無料で差し上げています。(来店のみ)
微量ですが、アンケート結果はまずまずです。
微量漢方には「これで安心」というイメージが大切。
不安感が強い人は、効果が出にくいですね。(お金がかかってしまいます。)
生薬資源の枯渇を防ぐ方法のひとつに、微量漢方も!

2010年03月17日

O157は中性の環境を好む

ブログ6 011.jpg
読売新聞朝刊「常在菌と付き合う」より

今年はこの時期に急性胃腸炎が大流行しています。
今流行っているのは、O157ではありませんが、身近でもけっこう被害が大きいです。
O157はかなり毒性が強く、死亡する人も多いですね。
これは予防注射がありません。
ただひたすら殺菌です。

しかし今日の新聞記事によると、防ぐ方法はあるのです!
「杏林大学医学部感染症学教授の神谷茂さんによると、激しい下痢を引き起こす腸管出血性大腸菌O157などは、中性の環境を好む。乳酸菌は腸内を酸性にすることで、外界から侵入してくる病原菌を居づらくしてくれる。」

乳酸菌は代表的な善玉菌です。
腸内に棲みつかず、毎日排泄されるので、毎日摂る必要があるそうです。

2010年03月16日

ヒトはひとりでは生きられない

ブログ6 010.jpg
読売新聞朝刊より。

本日から「常在菌と付き合う」シリーズが読売新聞朝刊ではじまりました。
薬の仕事に携わっていると、薬の効き方、反応の仕方の個人差に驚きます。
特に漢方はそれが大きいです。
すぐ効く人、まったく効かない人、効きすぎる人。
もちろん睡眠時間、食生活、ストレスも関与しますが、それだけではないですね。
それで腸内細菌にたどりつきました。
読売新聞朝刊によると
「人は自分だけでいきているわけではない。顔、口、気道、胃、腸、尿路など、体のいたるところに細菌が棲みついている。「常在菌」だ。」
常在菌は100兆個いるそうで、人体を構成する60兆個の細胞数をはるかに上回っています。
最も多くいる場所が腸です。
善玉菌と悪玉菌に分けられますが、理想的なバランスは善玉菌が8割で悪玉菌が2割。
悪玉菌は人体に有害な発がん物質ニトロソアミンを合成しますが、善玉菌が排除します。
でも、悪玉菌も必要です。
記事より
「これらの悪玉菌も、①人間に必要なビタミンBなどを作る。②腸に集まる免疫細胞を刺激して、細菌などの侵入を防ぐ免疫機能を高める。③潰瘍性大腸炎治療薬のうち1種類の効果を高める・・・などのよい働きをすることが分かってきた。」
ただし、増えすぎは体調不良につながるので、バランスが大切ですね。
人は常在菌の力に助けられて生きています。

2010年03月11日

お引越しシーズンの鼻炎

ブログ6 009.jpg
今日は風が強いので、花粉症が多発しました。

暖かい日の次に雪が降ったり、極端なお天気ですね。
体調を崩す人も増えました。
このところ急ピッチで風邪薬を製造しています。

同じ鼻炎でも、原因はいろいろあります。
漢方薬の人気ベスト3は、
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

特に、3月はお引越しシーズン。
お引越し準備で、家でダンボールと格闘している人は、ほこりで鼻炎になるようです。
それでこの時期は、荊芥連翹湯が人気です。

2010年03月04日

漢方が効かない人その後

ブログ6 008.jpg
以前お話した漢方が効かない人のその後・・・。

「私、漢方効きにくいんです」と話していた人。
漢方が効く体作りに励み、牛黄(ごおう)の効果が出てきました。
牛黄(ごおう)は牛数千頭に1頭しかとれない牛の胆石で、金より高い貴重な生薬です。
効能は強心・鎮静・解熱などですが、うちでは気力回復ということで、疲労感が激しい人におすすめしています。
なんとか牛黄で手ごたえが出てきて、再購入のため店に来ました。

写真はうちのワンコのハウス。
はじめは足だけハウスに入らないで踏ん張っていましたが、最近ようやく慣れて、足も入れるほど進歩しました。
たまにハウスで寝そべっています。

2010年03月02日

冬季オリンピック閉幕

ブログ6 007.jpg
オリンピック開催期間中は、薬局も診療所も閑散としていました。

あっという間の17日間が終了。
新聞の五輪記録一覧を見ると、あまりにも多くの種目があることに驚きました。

オリンピックの期間は、体調が良いのかお客様がいつもより少なめ。
店にやってくるお客様は
「スケート、どうでしたか?」と、自分の体調よりも結果が気になってました・・・。
共通の話題で連帯意識がもてると、精神衛生上よいのかもしれませんね。