参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2009年09月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月30日

麻黄湯(まおうとう)が効くインフルの症状

ブログ5 023.jpg
麻黄湯が効くインフルの症状があります。
それ以外の人は使用しないことをおすすめします。

麻黄湯は
キョウニン・・・バラ科ホンアンズの種 温
マオウ・・・マオウ科マオウの地上茎 温 
ケイヒ・・・クスノキ科ケイの幹皮 大熱
カンゾウ・・・マメ科ウラルカンゾウの根  平

簡単に熱・温・平と分類しましたが、生薬にはセッコウのように寒もあります。
これは何を意味しているかというと、生薬が温める作用があるか、冷やす作用があるかを意味しています。
体が冷えているときは温める生薬を、熱かったり炎症があるときは冷やす生薬を選びます。

ここまでお話すれば、麻黄湯は温める漢方薬であり、体が冷えていたり温かいものが飲みたかったりゾクゾクするときの症状に効果があることがわかりますね!

逆に、インフルと診断されていても、熱で苦しくて冷やすと気持ちよいとき、冷たいものが飲みたいときは、効果がないばかりか炎症がひどくなります。

おかげさまで、今月も当店のお客様は、感染者0名でした。
来月も、がんばりましょう!

2009年10月29日

マイケルジャクソン This is it

マイケルジャクソン.jpg
異次元でした。

28日19時~上映のマイケルジャクソン「This is it」を観ました。
マイケルのロンドン公演のリハーサルシーンのありのまま映像。
マイケルファンでなくとも、楽しめる映画です。
2時間の異次元旅行でした。


2009年10月27日

インフル大流行ですが漢方飲んでる人は感染ゼロ

ブログ5 063.jpg
インフルエンザが大流行ですが、漢方を飲んでいる当店のお客様では、感染報告がゼロです。

お客様に「インフルエンザが流行っていますが、いかがですか?」とたずねると、「おかげさまで大丈夫です」という返答ばかりで、今のところ感染報告はありません。
近隣では学校閉鎖に学級閉鎖というように、感染拡大しています。
もともと漢方を使用するお客様は虚弱体質が多いのですが、それでもきちんと体内環境を整えることで、スポーツ選手よりもインフル感染が予防できています。
漢方方剤では、麦門冬湯(ばくもんどうとう)、麻黄湯(まおうとう)、桔梗石膏 (ききょうせっこう)が人気ですね。

写真は2年前にいただいた蘭の花。
2年ぶりに華やかなローズピンクを見せてくれました。

2009年10月26日

浅田真央さんの不振に象徴されること

ブログ5 062.jpg
浅田真央さんの不振が続いています。その一方で、安藤美姫さんは好調。
そのわけは?
写真の記事は読売新聞朝刊より。

安藤美姫さんが好調なのに、浅田真央さんは不振続き。
4回転ジャンプで有名になった安藤さんは、それ以降の「試合で4回転を飛べない自分」を、4年にわたる七転八倒でやっと気持ちよく受け入れたところにあると思います。
一方の浅田さん。
「気持ちだけ。」というコメント。
トリプルアクセルを飛びたい。
練習ではうまくいく、でも試合で飛べない。
この、「試合でうまくいかない自分」を受け入れる柔軟さが、浅田さんには必要なのではないでしょうか。
道はそこから開けていきます。

秀ハーブラウンジには、病気の診断を受けた人からのご相談が、しばしばあります。
その病気は、食事や養生だけでは手に負えないものも多くあります。
でも、その事実に気づき、受け入れることで、道が開けます。
決して心地よいことではないけれど、でも必ず道が開けます。
先週も、そうやって手術をがんばり、涙を流しながら電話報告をくださったNさん。
力強く道を歩まれていますね。

2009年10月23日

漢方の効果が実感しにくい人

すべての人が、すぐに漢方の効果を実感できるわけではありません。
「病」の位置によって、実感しやすい・しにくいの差が出てきます。
すぐに効かなくても、あきらめないでください。

張明澄(ちょうめいちょう)先生の「傷寒論の世界」(東明社)によると、
「傷寒論は、病期別に陽病期と陰病期に分け、さらに、陽病期を太陽病・少陽病・陽明病に、陰病期を太陰病・少陰病・厥陰病にそれぞれ再分類している。・・・・陽病期とは機能障害期、陰病期とは器質破壊期・・・」

そして、文章が長いので引用せずに手っ取り早くお話しすると、その中の陽明病と太陰病が症状進行が遅い時期と書かれています。
つまり、変化しにくい陽明病と太陰病の方は、漢方の効果の実感が少ないようです。
でもほったらかしておくと、器質破壊が進み大爆発に・・・と、脅かしてすみませんが、そういうことになります。
がんばって飲んでいると、そのうち病期が格上げされ、効果が実感できる日が!
漢方は未病を防ぎます。

2009年10月22日

南田洋子さん死去 介護について

ブログ5 061.jpg
南田洋子さんが認知症を患い、くも膜下出血で死去されました。
夫の長門さんは、5年間献身的に介護されました。
老老介護は、今や社会問題です。

テレビでは美談に伝えられていますが、現実の介護は想像を絶する厳しさがあります。
読売新聞朝刊で、藤原瑠美氏が以下のように述べています。
「日本とスウェーデンを往復しながら、私がもっぱら心を曇らせていたのは、日本の介護現場が抱える閉塞感と離職率の高さである。・・・・・・・新型特老に働くある30歳代の介護職は、「賃金の問題もあるが、現場を知らない人が作った制度だから働きにくい。」・・・・・50歳代の責任者は「話し相手をしたり、一緒に散歩したりすることは保険給付の対象外。決められたとおりに働かされる」と苦笑していた。彼女は報告書作りに忙殺されている。」

介護サービスを受けるには、家族も介護ステーション側も、膨大な書類に記入しなければなりません。
特に個人情報保護法が出来てからは、倍増しました。
私も母の介護(要介護3~4)をしていました。
あるとき、仕事がたてこんで深夜の帰宅が続きました。
それまでは私が母の入浴をしていましたが、時間的・労力的に不可能だったため、入浴介助をお願いしたのです。
しかし、入浴サービス(自宅の)を受けるには、医師の診断書、委任状、などなど多くの手続きが必要で、すぐには受けられませんでした。
また、虚弱高齢者の体調は変化しやすく、車椅子に座れる日もあれば、めまいなどで寝たきりになる日もあります。
その都度、業者の方も家族も手続きで追われます。
介護だけでなく、書類手続きで家族も業者も疲れきってしまいます。
介護保険証だけでサービスを受けられるシステムにしてほしいですね。

2009年10月21日

漢方への誤認

ブログ5 060.jpg
少しショッキングなテーマですが、知ることで大きな希望ももつことができます。

先日もお話しましたが、漢方薬は外的なものを変えるものではありません。
つまり、「見ため」「臨床検査値」「CT]・・・など目で認識できるものをすぐに改善する働きは、残念ながらありません。
「見た目」を改善するには食事制限を。
「臨床検査値」を改善するには薬物療法を。
「CT]で脳に異常があれば、迅速に脳外科での対応が必要です。
漢方は見た目も数値もCTも改善することが出来ません。
それなら、なぜ漢方が長い間伝承され続けてきたの?
なぜ漢方を飲む人がいるの?
なぜ漢方は医薬品扱いなの?

今朝一番の、昨日初めていらしたお客様からのお電話。
「朝がとてもラクでした。
今までにないくらい・・・。」
これです!
これが「内的環境が整いつつある」状態です。
そして、この実感があれば、どんな深刻な病気を抱えていても、健康でいられるのです。
やりたいことができ、楽しみ、可能性が広がります。
人間はパン(数値)のみで生きるにあらず・・・です。

このところインフルエンザ対応で忙しく、疲れをひきずっていましたが、今日は朝一番のお電話で元気になりました。
素敵なお花も、元気にしてくれますね。

2009年10月19日

効能・効果 過剰な表現

ブログ5 059.jpg
読売新聞朝刊より、「効能効果 過剰な表現も」という記事がありました。
漢方のすばらしさを伝えたいからこそ、漢方の信用を損なう表現は厳しくチェックしたいですね。

以前にもお話しましたが、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を「ナイシトール」という名で販売したCMが過剰な表現ということで、異例のCM変更になったと新聞記事が取り上げました。
でっぷりしたお腹が、スッキリしたお腹に変身し、薬が効いたかのように誤解を招くCM表現。
何度もお話していますが、防風通聖散などの肥満に使用する漢方薬は、肥満体を支える体内環境を作る漢方薬です。
痩せ薬ではありません。

私は漢方で風邪やアレルギーがコントロールでき、仕事や勉強、趣味を楽しみ、漢方が大きな可能性を広げてくれました。
以前は体調を崩してばかりで、勉強も楽しい計画もドタキャンだらけで、皆に「若いのに何もしないの?」といわれ続けていましたが、そんな生活から漢方が卒業させてくれたのです。
だから今度は多くの人に、漢方が可能性を広げてくれることを、正確に伝えたいですね。

2009年10月16日

食積(しょくせき)

ブログ5 056.jpg
暴飲暴食・不規則な食生活で消化管が障害を受けることを食積といいます。
舌をみるとわかります。

「なかなかよくならなくて~」
舌を見ると、厚い舌苔がべっとり・・・。
「食生活が原因ですね。」と私が叫ぶと、
「え~、今日なんて昼過ぎにポテトフライたべただけなんだけど。」
食生活というと、暴飲暴食ばかりをイメージしてしまいますが、不規則な食生活も体に障害を与えます。
話を聞くと、体の消耗も激しい。
しばらくは、和食中心で規則正しい食事を心がけてもらうことにしました。

でも、食欲の秋ですね~。
美味しいものを食べるためにも、体を調整しましょう。
写真は、カフェ碧椿で新発売のぴたぱんです。
具はいろいろあって、とくにおすすめは、金平や切り干し大根などの和のテイスト。
ぴたぱんがもちもちなので、とても合います。
ポテトサラダも美味しいです。

2009年10月15日

秋と気のトラブル

ブログ5 057.jpg
急に秋がやってきたせいか、気のトラブルを感じる方が続きました。

「体が重いような感じがして・・・。」
「鼻がちょっと・・・。」
はっきりした症状ではないけれど、明らかにいつもとちがう。
気のせいかな?
気のせい、これを感じることが自然治癒力には大切です。
気のせいなんです。
どのような気のせいかというと・・・。

少し前までは、暑いので勝手に毛穴が開いて、汗と共に気が発散できました。
でも急に涼しくなると、毛穴が閉じ、気の発散がしにくくなり、気がこもります。
つまり、急に秋がやってきたので気のトラブルが発症しやすくなったのです。
それでいつもより重苦しかったり、頭がすっきりしなかったり、鼻の通りが悪かったり。
ほったらかしておくと、胃腸障害・循環器障害などなど様々な病気につながるので、「気のせい」を感じることはとても大切です。
甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)や炙甘草湯(しゃかんぞうとう)など、いつもとちがう漢方が出ました。
漢方を飲むと同時に、大笑いしたり、大声出して、気を発散してくださいね。

2009年10月14日

ダイエットのQOL

ブログ5 055.jpg
甘いものだめ!がダイエットの失敗のもと。
たくさん食べなくても満足感の得られるものを!

そもそも、ヒトがなぜ食べ過ぎるかというと、心理的なことが起因しています。
満足感が感じられないからです。
いくらがんばっても、次々に課題をつきつけられるストレス社会。
完璧に出来て当たり前。
一生懸命がんばっても評価がない家事・・・。
まるで、ガレー船の船底で船を漕いでいる奴隷状態です。
そんなとき、ヒトは食べることで満足感を補っていますが、その結果が体重増に・・・!!
そして不満足感を抱えながらのダイエット、うまくいかないほうが自然ですね。

「世界一の美女になるダイエット」エリカ・アンギャルさんは、以下のように述べています。
「不思議なことに、カカオのたくさん入ったダークチョコやドライフルーツは、山ほど食べなくても満足感が得やすいの。」

確かに、良質のチョコやドライフルーツ、ナッツ類を食べると、夜食なしで満足できます。
そこで、農薬・化学肥料を使わない原料の地球食チョコレートとくるみを取り入れました。
くるみは調べると、胡桃肉(ことうにく)といって、補益作用があるので、若々しさや元気をくれる木の実ですね。
私の非常食に備蓄しようと思います。

2009年10月09日

慢性疲労症候群ウイルスが関与

ブログ5 054.jpg
慢性疲労症候群 ウイルス「XMRV」が関与 米がん研(毎日新聞)YAHOO!ニュースにこのような記事が出ていましたが、漢方が効くわけがわかりました。

10年以上前から、「病院で、慢性疲労症候群といわれたのですが・・・。」というご相談がありました。
病院では特に治療はないとのこと。
どうしてよいかわからないので、とりあえず漢方をのんでみようかな、というご相談。
それで、各々の体質に合う漢方を探し、飲み続けると皆良くなりました。
なぜ病院で治せないんだろう・・・。
その謎が、今日判明!
ウイルスが関与していたのですね。
この場合は、体内環境を整えることが特効薬!
漢方と食事・睡眠などの生活習慣で良くなります。

2009年10月08日

台風18号

かづきれいこ.jpg
今日は台風18号が通過しました。
お店が開けられず、配送の方、お客様、ご迷惑おかけしました・・・。

とにかく、凄まじい風!
総武線がまったく動きません。
窓から見える線路、いつもはひっきりなしに電車が見えるのですが、ゴーストタウンのようにひっそり。
午前中は無理と判断し、家でゆっくり過ごすことに決めました。
そこで、昨日届いたかづきれいこ先生の、デザインテープの練習!
シワ、たるみが消えた!につられて買いました・・・。
よく読むと、絆創膏最大手のニチバンとの共同開発、これは期待できます。
薄さ0,01ミリで、肌の角質層の半分。
確かに貼ってみると、自分でも「どこに貼ったの?」とわからなくなります。
耳の後ろ2箇所と耳の前1箇所に貼るだけで、私にもリフトアップできてしまいました。
9月に運転免許更新で写真を撮ったのですが、1ヶ月早ければ・・・残念!

と、過ごしているうちに台風も通過。
線路を見ると、JR職員の人たちがゾロゾロ線路を点検しています。
あと1時間くらいで動くかも・・・時間の有効利用で犬の散歩にGO!
そして14時過ぎに電車が動き、半日遅れのラッシュアワーの中、15時15分に店にたどり着きました。
これからインフルのパンデミックも予想されるので、自然の流れに沿う過ごし方の練習かもしれません。

2009年10月07日

ペ・ヨンジュンさん汗でわかる不調

ブログ5 052.jpg
ペ・ヨンジュンさんが体調不良で緊急帰国しました。
VTRでは笑顔の首元は、大量の汗。

今朝のフジテレビで、
「首もとの汗で、体調がいつもと違うことを感じた・・。」と、レポーターが話していました。
私はファンではありませんが、「体調不良」と「汗」という言葉に反応してVTRを見てみると、満面の笑顔の首元は大量の汗。
数日前に、このブログで「発汗に注意」という内容を書きましたが、まさにその代表的な例。
激しい体力の消耗で、体内に栄養・水分を留めておく力がないのです。

今朝の満員電車の中。
一人だけ、薄着なのに大量に汗をかき、辛そうに拭いている若い男性がいました。
この人も、体力の消耗がひどいな~と見てしまいました。
このような汗は、「虚証(きょしょう)」の代表的な症状です。
人参・甘草などの補薬をのんで、安静にして、体力温存しなければなりません。
無茶は自分だけでなく、回りの人も不幸にします。

雨の日に重い話題になってしまったので、ここでティータイム!
写真は10月から販売された、ガトーフェスタ ハラダのホワイトチョコのラスクです。
夏は販売しないので、待ち望んでいました!
さっくり、しっとり、おいし~い・・・。

2009年10月06日

台風・雨の日の過ごし方

ブログ5 043.jpg
台風・雨の日は自然に逆らわずに、インドアライフを充実させましょうね!

うちの犬も、雨の夜はお散歩できないので、「遊んで、遊んで~」状態です。
雨が降らなければ、30分のお散歩で大満足、おとなしくなるのですが・・・。
雨の日のワンコメニューは
①ボール遊び
投げたボールをキャッチできたらご褒美。
②借り物競争
サンダル持ってきて!ボール持ってきて!
と指示し、きちんと持ってきたらご褒美。
③かくれんぼ
私がカーテンや椅子の下、半開きのドアのかげにかくれて「ど~こだ!」
見つけたらご褒美。

けっこうヘトヘトになります。
ご褒美はジャーキーや大好物フードなど。

これから風邪やインフルエンザが大流行しますから、ワンちゃんだけでなく、人間もインドアライフを充実させましょう!

2009年10月05日

新型インフルエンザ 予防目的の推奨しない

ブログ5 051.jpg
政府はタミフルなど抗ウイルス剤について「予防目的の使用は推奨しない」方針です。

WHOではタミフルなど抗ウイルス剤が効かない耐性ウイルス出現を防ぐために、予防目的の使用は控えるように伝えています。
日本は病院で指示箋を出してもらえると、自費でタミフルが入手できるのですが、本当に必要な場合だけにしないと、耐性ウイルスというタミフルが効かないウイルスが出現して、もっと大変なことになりますね。
でも、マスクや消毒だけでは体内環境は整えることは出来ません。
睡眠!睡眠!睡眠!
でもみんなが「寝るの難しい~って!!!」

一番のお奨めサプリは、スーパーオリマックスという進化型アラビノキシラン。
うちにおいてあるサプリはこれのみです。
開店以来11年、一貫してこれだけ。
私は毎日のんでます。
これは私に、あらゆる可能性を広げてくれたサプリです。
おかげで11年間一度も店を休んでいません。
原料は、古代米の紫黒米。
産地は世界遺産の秋田白神山地で、大自然のエネルギーが凝縮されていて、パワフルだけどやさしい!
この時期だからこそ、皆にのんでほしい、そして皆の可能性も広げてくださいね!

2009年10月02日

冷たい雨の日の過ごし方

ブログ5 050.jpg
冷たい雨の日は、風邪をひきやすいので、気をつけましょう。

低気圧があって、朝から雨が降ったり空気が冷たかったり、きつい1日ですね。
このような天気は、風邪を大流行させます。
首筋から背中のコリを、いつもより強く感じたら、漢方では風邪と判断します。
背中に重いリュックを背負った感覚も、同様。
一例ですが、汗が出やすい人は藿香正気散(かっこうしょうきさん)、汗が出にくい人は麻黄湯(まおうとう)や葛根湯(かっこんとう)を飲んでおくと調整することができます。
風邪を引くと、せっかくの予定がキャンセルになったり、迷惑かけたり、病院で長い時間待ったり、病気以上に損した気分・・・。
だから、漢方で調整するタイミングを覚えておくと、とても便利です。
私も今日は予想外の気温に対応できず、素足でいたために、早めに麻黄湯を飲みました。
これでもう大丈夫!

写真は読売新聞朝刊の睡眠不足と動脈硬化の危険についての記事です。
米シカゴ大で中年男女495人を対象に5年間の調査で、動脈硬化の患者に見られる石灰化が、
睡眠時間5時間未満は27%
5~7時間は11%
7時間以上は6%
ということで、睡眠時間が短いほど動脈硬化の危険性が高いそうです。

2009年10月01日

「世界一の美女になるダイエット」を漢方する

ブログ5 049.jpg
ミスユニバースの食事を指導したエリカ・アンギャルさんによると、間食はブラックチョコレートかアーモンドということで、漢方的に考えても納得です。

女性たちの間で話題の「世界一の美女になるダイエット」は、ミスユニバースの食事指導を担当したエリカ・アンギャルさんが書いています。
テレビ番組でも見ましたが、オーストラリア出身のエリカさんは、ひどいにきび肌が日本のホームステイでの日本食によって改善したことが、きっかけになったそうです。
さて、エリカさんは間食にブラックチョコレートとアーモンドをすすめています。
今、若い女性の間で、チョコとアーモンドが売れに売れているとか・・・。
これは美肌を作るには、理にかなっています。
チョコレートはカカオの種から作られます。
アーモンドも種。
そして、種(たね)には瘀血(おけつ)を改善する傾向が多いです。
瘀血があると、お肌が乾燥したり、顔色が悪かったり、しみができやすくなります。
でも、何事も食べすぎは毒になるので、要注意。