参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« ワンちゃんで知る漢方 | メイン | 鼻炎を癒すレモンユーカリ »

自律神経と花粉症

ブログ用3 019.jpg
最近の花粉症の傾向は「自律神経失調症」が目立っています。
そして春先は五行理論でも神経に要注意なので、花粉症が出やすい・・・。

この場合、昼間は交感神経が働きやすいように、夜は副交感神経が働きやすいように、朝・夜と使用する漢方を替えると効果が出ますね。
でも、あくまでも本人の五感を大切に処方しています。
慣れてくると、「こっちが朝で、別のが夜のほうが調子がいい・・」とお客様のほうが漢方の達人になります。
自律神経失調症は、心の問題とはまったく別次元で、騒音や気圧・光などの外的ストレスが原因となります。
深夜まで明々とまぶしいと、夜に副交感神経が優位にならず、緊張状態が体に影響してしまいます。
朝まで副交感神経優位だと、ヒスタミンが分泌されやすく、朝のくしゃみが激しくなり・・。
交感神経優位にする工夫で、けっこうラクになりますよ!

近所の店に、果物が格安でおいしいところがあります。
市場が都内有名店と同じで、その有名店が外した物を販売しているということですが、ほとんどわかりません。
今日はデコポンとりんごを買いました。