参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2009年01月 | メイン | 2009年03月 »

2009年02月27日

東京は雪が・・・

ブログ用3 023.jpg
東京は雪・みぞれ・雨が交互に降っています。
昨日の勉強会はアレルギーと免疫・神経について

勉強会が今日ではなくて一安心。
外は今、雪です。
昨日の勉強会はアレルギーと免疫・神経の相関関係についてでした。
アレルギーは単に免疫だけではなくて、神経も原因となるため、漢方も「気」の生薬を組み合わせるとよく効きますね。
特に、朝の起きがけが勝負!です。
私は「寒い!」「眠い!」に負けずに「気合」で起きて、麻黄剤をぐいっと飲み、背中をドライヤーで温めると1日鼻炎が出ずに快適です。
自分で「気合」を出しているので、今のところ「気」の生薬は飲んでいません。
携帯電話の音で鼻詰まりをとるというニュースがありましたが、理論的には納得です。

2009年02月25日

食欲を鎮めるパチュリ

ブログ用3 022.jpg
パチュリは旺盛な食欲を鎮める働きがあります。

よくある質問に「痩せる漢方ありますか?」とか「ダイエットにいいものないですか?」があります。
よく「肥満には~」という漢方薬が宣伝されていますが、何よりも食べないことでしか痩せられません。
私からすると、肥満に使われる漢方薬は、肥満体に負けない内部環境を作るためのもの。
残念ながら期待通りのスリムな体にはしてくれません。

以前、歯医者さんの待合室で、
「私、歯が悪いので10キロ痩せたのよ!」と、隣の女性に話しかけられたことがあります。
そのケースは極端ですが、何とか食欲を抑える工夫が大切ですね。

パチュリの香りは旺盛な食欲を抑える働きがあります。
ティッシュやハンカチに1滴つけて、吸入がおすすめ。
まったくやらないよりマシです。

2009年02月20日

週末うつと花粉症

平日は活動的なのに、週末などで緊張感が弛むと体調が悪くなったり、不安感が強まる人がいます。

「歌の発表会で緊張すると咳が止まり、声が出ます。」
という、緊張が悩みの女性のご相談でした。
鼻炎も咳の症状もあり、家にいるとひどくなるとのこと。
尋ねてみると、外出先では調子が良いそうです。
この方の場合、緊張が交感神経を刺激して、鼻水を止め、気管支拡張で咳が止まります。
「緊張すると、体調がよくなりますよ!」
とお話したら、大喜びでした。
寝ているときは副交感神経でリラックスする必要がありますが、起床してからもダラダラしていると、交感神経が働かずに、鼻炎やだるさの原因に!
休日もメリハリのある生活で、緊張と弛緩が適度にあると、週末うつも和らぐと思います。
やっぱり、気合かな~。

2009年02月18日

鼻炎を癒すレモンユーカリ

ブログ用3 021.jpg
レモンユーカリの香りは、即くしゃみや鼻水を止めるものではありませんが、なぜか鼻がすっきりラクになり、呼吸をらくにしてくれます。

昨日は一部のお客様をお断りしたほど(す、すみません。容量オーバーでした・・)花粉症の方が殺到しました。
ほとんどが抗ヒスタミン剤を含む鼻炎の薬を飲んでもよくならない、とぐしゃぐしゃで駆け込み状態の方。
漢方選びはもちろん、待ち時間にレモンユーカリを吸入していただくと、お薬が出来上がるまでにくしゃくしゃの表情が落ちついた表情に変わり、「いい香り~。」と笑顔になります。
過敏になった神経を癒してくれます。
香りは、くしゃみを止めたり鼻詰まりをなおしたり鼻水を止めるなどの直接的な問題解決にはなりませんが、あるとずいぶん快適にしてくれます。
必需品ではないけれど、手放せないのが香りです。
私にとって、香りや漢方は体の一部ですね。

レモンユーカリはユーカリの仲間で同じフトモモ科ですが、レモンの香りがします。
今日も朝から花粉症のご予約です。

2009年02月17日

自律神経と花粉症

ブログ用3 019.jpg
最近の花粉症の傾向は「自律神経失調症」が目立っています。
そして春先は五行理論でも神経に要注意なので、花粉症が出やすい・・・。

この場合、昼間は交感神経が働きやすいように、夜は副交感神経が働きやすいように、朝・夜と使用する漢方を替えると効果が出ますね。
でも、あくまでも本人の五感を大切に処方しています。
慣れてくると、「こっちが朝で、別のが夜のほうが調子がいい・・」とお客様のほうが漢方の達人になります。
自律神経失調症は、心の問題とはまったく別次元で、騒音や気圧・光などの外的ストレスが原因となります。
深夜まで明々とまぶしいと、夜に副交感神経が優位にならず、緊張状態が体に影響してしまいます。
朝まで副交感神経優位だと、ヒスタミンが分泌されやすく、朝のくしゃみが激しくなり・・。
交感神経優位にする工夫で、けっこうラクになりますよ!

近所の店に、果物が格安でおいしいところがあります。
市場が都内有名店と同じで、その有名店が外した物を販売しているということですが、ほとんどわかりません。
今日はデコポンとりんごを買いました。

2009年02月13日

ワンちゃんで知る漢方

ブログ用3 017.jpg
きょうでうちのわんちゃんは2歳になりました。
オロオロの私を助けてくださった皆様、ありがとうございました。

初めての育児だったので、毎日オロオロでした。
犬だってこんなに大変なのに、人間の子育てしている方々の偉大さが、身にしみてわかりました。
さんざん漢方を扱っているはずなのに、犬を前にして失敗ばかり。
まず、食事の量。
説明書どおりではだめですね。
計算どおりに食べなくて、食が細いと思い、ふりかけ混ぜたり遊びながら食べさせていたら、ウン○はゆるめで、計算どおり食べさせたのに体重も増加。
そこで計算するのをやめて、犬の本能にまかせたら、ウン○も体つきもよくなりました。
やっぱり、動物の本能に任せることが大正解ですね。
私の悪い頭を使ってはいけない!
個体差がいかに大切かを、改めて再認識しています。
その他にも、新発見・不思議がたくさん!
人の漢方を選ぶときに、共通するものがたくさんあります。


2009年02月12日

HEALING HERBのチョコレート

ブログ用3 016.jpg
カナダの薬剤師から譲り受けた「HEALING HERB」という本に、チョコレートが出ていました。

本によると
「チョコレートには恋に関する脳の神経伝達物質に作用する働きがある。
アステカ文明では治療に用いられていた。
19世紀のアメリカでは、傷の消毒に軟膏として使われていた。
主な化学成分はカフェインとテオブロミン・・・・」
テオブロミンとは抹消血管拡張作用により血圧を下げる物質です。
私たちが手にするチョコレートは、砂糖とミルクがたくさん入るため、消毒には使えません。
チョコレートコーナーを見るたびに、カナダの人とこの本を読んで「CUTE!」笑ったことを思い出します。
なぜなら、失恋の薬にもなると書いてあるからです。
そういえば海外のドラマで、失恋してチョコをドカ食いしているシーンがありましたね・・・。

2009年02月10日

花粉症と薬

ブログ用3 015.jpg
今年の冬は暖かいので、花粉がいつもより早く飛んでいるそうです。
写真は、今が美味しい越冬袋掛けみかん。

今朝のテレビで、花粉症の薬の話をしていました。
一般に抗ヒスタミン剤が使われ、くしゃみは止まるけれど眠気や集中力低下などの副作用があり、ウイスキー4杯分に匹敵すると指摘する専門家もいるそうです。
しかし、私見としてはその福作用にはかなり個人差があるとおもうのですが・・・。
なぜなら、私は一度も眠くなったことがありません。
薬ではなく鼻炎が原因の頭重感には悩まされました。

一方、漢方薬は鼻炎だけでなく、頭重感や眠気も取り除いてくれます。
かえって集中力も出るような感覚があります。
難点は、1年を通して飲まなければならないこと。
しかし、思わぬ副産物(?)もあります。
昨年から花粉に備えて漢方を飲んでいる人たちに、風邪やインフルエンザの発症はありませんでした。
疲労回復も早いようです。
ただ、めんどくさがりの人には不向きです。

2009年02月06日

甘麦大棗湯の花粉症

ブログ用3 013.jpg
甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)の花粉症の方がいました。

甘麦大棗湯は甘草と大棗(たいそう)と小麦(しょうばく)で構成された漢方薬で、不安感や不眠などに使われています。
写真の生薬は甘草です。
花粉症のご相談が増えていますが、皆それぞれ異なる漢方薬を選んでいます。
年齢や家族構成、生活環境などで、体に対する影響が皆異なります。
特にご主人に先立たれ「一人が不安で・・・」という方は、花粉症の漢方に甘麦大棗湯を選びました。
漢方選びを口実に、薬局でもコミュニケーションの場がつくれるといいですね。

2009年02月04日

花粉症と「気」の乱れ

ブログ用3 012.jpg
ストレスが大きいと花粉症が強く出ます。
副交感神経が関与しているからです。
漢方でいうと、「気」の乱れですね。

気とは、人体各種の生理的機能のことをいいます。
自律神経の働きも「気」に該当します。
自律神経とは交感神経と副交感神経のことをいい、内臓や血管を支配し、意思にかんけいなく反応します。
昼間は交感神経が働き、夜は副交感神経が働きます。
花粉症の発症に関与するのは副交感神経です。
自律神経はストレスや不安感で乱れますが、アレルギー症状をおこすヒスタミンを分泌させるのは副交感神経で、交感神経がうまく働いて副交感神経を抑えれば、症状は軽くなるのですが乱れているとそうはいきません。
エフェドリンを含む麻黄(まおう)製剤で交感神経を刺激するとよくなるケースが多いのですが、ストレス反応が様々な内臓におきているケースが多いので、そこから改善していかないと・・・・。
カウンセリングも効果が大きいです。

まずは、香りのよいハーブティーでリラックスしてください。

2009年02月02日

花粉症?

ブログ用3 011.jpg
今朝は葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)が美味しく感じました。

昨日のニュースで「今年の花粉は昨年の1,5倍」と言っていましたが・・・。
私のアレルギー体質は変わりませんが、味覚による漢方操作で、症状は消すことができます。
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)・麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)・荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)・葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などを、入れ替わりで選んで予防しています。
お天気や食事、睡眠時間などでずいぶん体が変化し、それに対応して使用する漢方も変わります。