参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2008年12月 | メイン | 2009年02月 »

2009年01月29日

高機能発達障害

ブログ用3 010.jpg
子供のストレス性の症状(アレルギーなどなど)の原因が、ここからきている可能性が最近増加しています。

高機能発達障害は、アスペルガー・ADHD・LDなど、様々あります。
今、読○新聞でも特集が組まれていますね。
対人関係がうまくいかなかったり、どうがんばっても皆と同じことができない・・・。
それが過剰なストレスとなり、2次障害で体に出るケースが多いです。

できないことは機能障害なので、早めに気づいて専門機関を受診し、対応方法を学べるといいですね。
「ふつう」って、誰にでも難しいんです。

今日選んだ生薬は、黄芩(おうごん)石膏(せっこう)薄荷(はっか)牡丹皮(ぼたんぴ)です。
ご相談が重なったので、黄芩・石膏でリフレッシュ!

2009年01月27日

芍薬・牡丹皮・・を選んだわけ

ブログ用3 009.jpg
今日選んだ生薬は、甘草(かんぞう)芍薬(しゃくやく)当帰(とうき)牡丹皮(ぼたんぴ)です。
このような組み合わせは初めて!
そのわけは・・・

お茶を始めました。
昨日は第3回目。
先生やベテランの方の美しい所作。
床の間の一輪の花。
季節のお菓子。
そして、お茶。
静けさの中で、ゆとりある素敵な時間です。

普段正座をしない私は、足の痺れで現実に戻されます。
芍薬・甘草は足の痺れによい組み合わせ。
当帰・牡丹皮を選んだ理由は私の体重で圧迫されて、足が瘀血になったのかな・・・。
まだまだふくさのつけ方でパニック状態ですが、優雅な時間を過ごさせていただけて、ありがたく思います。

2009年01月23日

ガン医療コーディネーター

ブログ用3 002.jpg
昨日のニュースス○ーションで、ガン医療コーディネーターの特集を見ました。

コーディネーターの方は、ご自身もガンの経験があり、職業は世界中の医療情報の翻訳ということで、最新の情報がインプットされています。
病院で治療方法がなくなった、末期のがん難民からの相談を受けているとのこと。
代替療法を積極的に使い、免疫力の向上を目指している病院に付き添い、生活習慣の改善をアドバイスすることで、寝たきりだった人が、普通に生活できるまでになりました。
「共存です。本人の免疫力です。」

すべての病気に共通するのが、「共存」ですね。
アレルギーや喘息なども「共存」という意識が大切です。
「完治」に執着することから、苦痛がはじまります。

私もアレルギー体質ですが、「アレルギー人生を極めてやる!!」ということで、常に漢方で調製しているので症状が出なくなりました。きれいごとではありませんが、きれいごとにしません!

ちょっと重いお話だったので、うちのワンちゃんの笑える話を・・・。
写真は一見「マズルトレーニング」。
マズルトレーニングとは、犬の口を押さえることで主従関係を明確にするトレーニングです。
犬は口を押さえられるのが嫌いなんです。
1回目のマズルトレーニングの直後、「お利口~」とおやつをあげたら味を占め、2回目からは自分から口を押さえさせておやつをねだるようになっちゃいました・・・。
主従関係逆転です。


2009年01月21日

インフルエンザ

ブログ用3 004.jpg
インフルエンザに感染した家族(お子さん)は、家で安静に寝かせてください。
くれぐれも、連れ歩かないように・・・。

「子供一人で寝かせられないので、連れて行こうかな~と・・・」
というお問い合わせがありましたが、レッドカード!!
5日くらい寝ていれば治るのだから、がまんがまん。
昨日はインフルエンザの勉強会もありました。
お話によると、毎年国民の10~13%がインフルエンザに感染しているそうで、約1割と考えると、マスコミ報道も冷静に受けとめられますね。

上の写真は、うちのワンちゃんのお散歩前。
こんなふうに、ジャケットの裏側にカイロを貼ってます。
かなり効果があって、立ち止まることなく元気に歩き、残し気味だったドライフードもボリボリ食べました。

2009年01月20日

犬の冷え性

ブログ用3 003.jpg
最近の犬は寒がりです。
うちのワンコも昨日食欲がなくなり、微量漢方を飲ませました。

昨日はいつものハイテンションがなく、朝から毛布に「伏せ」状態で、大好物の砂肝おじやも食べません。
ウ○チは普通の状態だったので、冷えによる脾気虚(ひききょ)と考え、桂枝(けいし)生姜(しょうきょう)甘草(カンゾウ)でお腹があたたまるといいな~と、微量漢方で飲ませて出勤!
ペット用のヒーターを買い、帰宅しました。
ペット用のヒーターは、コードにリング状のカバーがついていて、かじっても安全になっています。
夜はいつものハイテンションでお出迎え!
砂肝おじやは、2杯も完食、ひと安心です。
そして今朝は、ジャケットの背中にカイロを貼って、元気にお散歩できました。
ワンママたちに尋ねると、どこのワンちゃんも、寒がりです。

2009年01月15日

薄荷(はっか)を選んだ日

ブログ用3.jpg
今日はめずらしく薄荷を選びました。

薄荷はシソ科薄荷の葉で、発散させる働きがあります。
その効能から私の状態を推察すると・・・

昨日は非常に寒く、動きたくないよ~状態で、犬の散歩後は「レッドカーペット」観ながらごろごろしていた。
はっと気づくと寝る時間。
シャワーで短時間に入浴を済ませ、急いで寝た。

冬は気が内にこもりやすいので、発散が大切です。
発散させるには軽い運動と、入浴が効果的。
ごろごろしてシャワーでは、発散不良ですね。
このようにして、選んだ生薬に自分の生活が出てしまいます。

2009年01月14日

ついに葛根・桂枝の寒さ

ブログ用2.jpg
ついに葛根(かっこん)桂枝(けいし)の寒さになりました。

この冬は風邪が流行らず、平和・・・と思っていたのですが、週末からの冷え込みでついに風邪の流行がみられるようになりました。
昨日は風邪の人が複数いました。
今朝私が選んだ生薬は葛根・桂枝・生姜・甘草・芍薬・桃仁と、風邪の初期症状の組み合わせです。
喉の痛みやくしゃみなどの症状を自覚する前に飲むことがポイント!
症状を自覚してからでは、回復させるのが大変です。
こんなとき、微量漢方の香りチェックが役立つので、受講した人は活用してね!
葛根もクズ湯のクズだし、桂枝はシナモン、生姜はショウガですから、身近な食材です。

2009年01月13日

連休疲れ

ブログ用2 014.jpg
連休疲れに地黄(じおう)と牡丹皮(ぼたんぴ)を飲みました。
そのわけは・・・

週末は大雨、そして北風の強い休日でしたね。
でも空は晴れわたり、電車からは見事な富士山が見えました。

週末は大雨の中、世田谷の経堂まで、友人のジャズライブを聴きに行きました。
駅に付いたら、大雨に台風のような大風で、びしょびしょ。
時間があったので、飛び込んだお蕎麦屋さんのお母さんが「この席が一番暖かいわよ。コートはここにかけると乾くわよ・・・」とっても親切で、経堂のイメージGOOD!大根おろしがピリッと効いたせいろも絶品!
お天気最悪だからこそ、暖かい気持ちに触れられて、元気いっぱいになりました。
友人のライブも最高で、ジャズバーの雰囲気もよく、ご機嫌な夜になりました。

昨日(12日)は国際フォーラムでレニングラードバレエ「白鳥の湖」を観ました。
ペレンのオデット・オディールは技術も芸術性も素晴らしかった!
ルジマトフが舞台監督で、最後の金色に輝くシーンは、品よくイマジネーションがかきたてられて、芸術的でした。

帰宅したら、衛星放送でレイチャールズの生涯「Ray」を放送していたため、11時過ぎまで観てしまい、楽しみすぎて、目が疲れたり、じっとしているので腰が疲れたり・・・。
地黄と牡丹皮でケアしました。
さあ、また仕事、仕事!


2009年01月09日

熱い真冬

ブログ用2 006.jpg
ロングダウンで電車に乗ると、暖房でサウナスーツ状態になります・・・。

今日は初雪が観測され、一段と冷え込みました。
そんなわけで、ここ数日、ロングダウンを着て通勤しています。
ダウンって軽くて暖かくて、冷え込む朝晩には快適!
でも、電車に乗るとものすごい暑さです。
だからといって、外を歩くときは手放せません。

今日選んだ生薬は、釣藤鈎(ちょうとうこう)が含まれていました。
血圧や自律神経失調症に使われる生薬です。
室内外の温度差や、夜更かしは自律神経を乱します。
そのようなときは、釣藤鈎で調製してください。
今日も帰りの電車に乗る前に、飲もうと思います。
今流行の低体温も、自律神経の乱れが原因です。

2009年01月07日

みかんの皮と実

ブログ用 082.jpg
みかんの皮は陳皮(ちんぴ)、実は枳実(きじつ)という生薬名で使われています。
どちらも食欲不振に使いますが、皮は温める働き、実は冷やす働きがあります。
写真は陳皮(ちんぴ)です。

今日は1月11日オンエア予定の南海放送ラジオの録音で、みかんに関する漢方生薬のお話をちょっとだけしました。
じんじん地獄時間という番組で、3人の鬼さんとお話しするのですが、とても楽しい鬼さんたちで、笑っているうちに終了!お世話になりました。
漢方って、難しかったり、敷居が高いイメージですが、気軽に楽しくギャグを交えると、親しみやすいですね。
聴ける人は、ぜひ聴いてね!
漢方生薬も、身近な食材がたくさんあります。
ショウガは生姜(しょうきょう)乾姜(かんきょう)、ナツメは大棗(たいそう)、シナモンは桂枝(けいし)、うるち米は粳米(こうべい)、牡蛎ガラは牡蛎(ぼれい)・・・
生薬名になると、とたんに難しく感じます。

2009年01月05日

元気な新年

ブログ用 081.jpg
新年がスタートしました!
今年は風邪の人が少ない、健康的な年明けです。

お正月は区のお当番で、朝から夜中まで区の薬局でお仕事をしていましたが、インフルエンザは一人のみで、風邪の人も少なく、とても平和な正月でした。
年末特番の、「インフルエンザの恐怖番組」効果があったのか、お茶でうがいをしたり、消毒したり、マスクしたり、予防に積極的な人が多く、その影響で風邪が予防できたのでしょうか。
やればできるじゃん!パチパチ(拍手)
風邪やインフルエンザに使う医療費を、重症度の高いところにまわしてほしいですね。

今年もよろしくお願いいたします。