参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 冷えは万病の元 | メイン | 篤姫 »

解熱剤について

ブログ用 072.jpg
風邪をひいたとき、解熱剤を飲むと治りが遅くなります。
高熱にびっくりしない事が大切です。

最近小児科は、よほどのことがない限り、解熱剤は出さなくなりましたね。
がんばって発熱したほうが、ウイルスは不活化しやすいからです。
熱消毒のような感じですね。

使用した方がよいときは、夜高熱で眠れないとき。
このようなときは、解熱剤を飲んでぐっすり寝てください。

自家製剤で解熱鎮痛剤を製造していますが、「熱はよくないもの」と誤解している人が多いので、まとめてお話してみました。