参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 予測不可能な時代 | メイン | 薬の基剤アレルギーには微量漢方 »

チベット死者の書

天使.jpg
深層心理学者のユングが絶賛した書です。
今日は「英国防省がUFO目撃情報を公開」というニュース並びでSFしますね!

今なにかと騒がれるチベットですが、生と同じに死を教育する文化が受け継がれています。
「死」に関する情報は暗黙の了解でタブー視されていますが、何の情報も教育もないと、不安でいっぱいになるのではないでしょうか。
欧米の病院では希望する患者には「チベット死者の書」のワークショップが行われて、以前その授業風景を写真で見たことがあります。
「死者の書」という題名でイメージすると、オカルトチックでおどろおどろした主観をもちますが、読んでみるととても興味深い内容です。
夜中にひとりで、真っ暗な中で読んでも怖くありません。
むしろわくわくして、読み終わると安心感が出てきます。
うまく説明できませんが、旅行のガイドブックのような内容です。
この本によると、死後もけっこう忙しい・・・
そして、生きているときと同様、自分の感覚が大切です。

たくさんの人に会って、本を読んで、経験して、感覚を磨くことができるといいですね。
今週はこの縮小版のコピーを希望する方が続きました。