参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月29日

桃の節句とピーチ

P1000845.JPG
3月3日は桃の節句です。
そのことに関連したピーチエッセンスについて・・・。

フラワーエッセンスのピーチの説明です。
あっという間に2月も終わり、3月は桃の節句。
桃は漢方薬では桃仁(とうにん)といって、種の中身が使われます。
桃仁は婦人科系のトラブルに使用頻度が高い生薬です。
フラワーエッセンスではピーチ。

フラワーエッセンスとは、クリスタルのボウルに入れた湧き水に花びらを浮かばせ、太陽の光でエネルギーを浸透させたエッセンスのことをいいます。
お花からもらう気功のようなものです。

ピーチは「分かち合い」をテーマにしたエッセンスで、このことが平和につながるといわれています。
具体的には、家族や友人たちと「時間を共有する」ということ。

ピーチエッセンスは飲んですぐに「ビーン」と感じるものではありません。
エネルギー、気に作用するので、感じないほうが普通です。
でもなぜか、爽快に・・・。

世の中様々な療法があるので、直感でピーンときた物を選ぶといいですね。
人の言葉に惑わされずに、自分の直感を信じてください。
「このチョコ、おいしーい!」というような選び方です。

2008年02月22日

浅田真央ちゃんの鼻炎

P1000826.JPG
天才少女浅田真央ちゃんは、アレルギー性鼻炎の持ち主だそうです。
お腹を温めることが、漢方のトリプルアクセルかな!

華麗な演技後のキスアンドクライでのズズーは、大切なケアですね。
がまんしてると蓄膿症になるからです。
あれは、氷上の冷気が原因です。
スポーツで発汗した後は、体は冷えやすくなります。
そして体の冷えは、水分を嫌います。
それは、体を温めにくくなるから。
そのために鼻水が出やすくなります。
ズバリ、H20年の鼻炎の傾向は冷え!
今年はなぜか大建中湯(だいけんちゅうとう)でお腹を温めると、鼻炎の薬が効きやすくなります。
特に真央ちゃんは甘いお菓子が大好きなので、お腹が冷えやすいです。
プレッシャーを緩めるためには甘いものは大切ですが、この季節は焼き芋やかぼちゃなどの天然の甘味でがまん、がまん・・・。
写真は大建中湯に入っているカンキョウ。
ショウガを燻したもので、お腹を温める作用が強い漢方薬です。
3月の世界選手権が楽しみですね。

2008年02月18日

話題の映画「アース」と甘麦大棗湯

P1000739.JPG
やっと話題の映画「アース」を観ました。
厳しくて美しいのが自然なんだと、再認識しました。

約50億年前、地球に巨大隕石が衝突し、地軸が23,5度傾きました。
このことによって、生命が生息するための完璧な条件が揃い、生命が誕生したのです。
映画「アース」は北極圏からスタートし、地球を南下して南極に到達するまでの、自然とそこに生きる野生動物たちを描いた壮大なドキュメントです。
冬眠から覚めた白熊親子の母は、5ヶ月エサを食べることができませんでした。
地球温暖化で氷が割れやすくなり、エサにありつけない白熊は飢えて死んでいきました。
象は何ヶ月もの間、衰弱しながら水を求めて歩き続け、水場に到着します。
南太平洋の鯨の親子は、エサを求めて南極をめざし泳ぎます。
動物たちは、それでも力強く生きていきます。
そして、群れは子供を守り、前進していきます。
自然は過酷であり、美しいという多面性があります。

動物たちと違い、人間は過去と未来を考える能力があるため、神経疲労をおこすそうです。
そのような時には、「甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)」で歩き続け、水場を目指してください。

2008年02月15日

漢方薬の即効性

P1000820.JPG
時に漢方薬は飲んですぐ効くことがあります。
それはどんなとき?
     資料:傷寒論の世界 張明澄 共著 東明社

「(漢方薬を飲んだ直後)すっきりしたんです。でも、漢方薬は長く飲まないと効きませんよね・・・???」
漢方薬は、何年も飲まないと効かないように思われがちですが、飲んですぐ効くときもあります。
その確率は3分の1。(理論上)
漢方理論(傷寒論)には病期というものがあり、病(やまい)が成長(?)していく過程があります。
それは、6段階に分けられています。
1太陽病(たいようびょう)
2少陽病(しょうようびょう)
3陽明病(ようめいびょう)
4太陰病(たいいんびょう)
5少陰病(しょういんびょう)
6厥陰病(けっちんびょう)
1から6の順番に成長していきます。

例えば、花粉症のような慢性疾患は4と5の時期が多いですね。
そして、漢方薬の反応が早いのが、1と5の時期です。
かなり難しいおはなしですが、漢方薬もすぐ効くときがある、ということをなんとなーく覚えておいてくだされば、合格です。


2008年02月13日

漢方薬の卒業時期

P1000807.JPG
漢方薬を飲み続けると、体が改善して不要になるときがあります。
それは、これでわかります。

これとは、「味」のこと。
毎日飲み続けると、あるとき美味しくなくなるときがあります。
こんなときがきたら、ケーキでお祝いしてください。

先月もそのようなケースがあり、漢方薬を卒業した人がいました。
見た目もお肌が輝いて、元気!
私の悪い頭を使って判断するのではなく、使用者本人の「舌」で判断するのですから、確実です。

写真はなんとワンちゃん用のパンプキンケーキです。
うちのワンコは2月13日で1歳になりました。
犬バカですみません・・・。

2008年02月06日

今年の花粉症

P1000806.JPG
今年の花粉症の傾向は、「冷え」です。

今年は寒い日が続きますね。
今朝も雪がぱらついていました。
うちのワンコは初めての雪に驚き、外に出したら震えて硬直してしまい、抱っこして帰りました。
専用のキティちゃんの毛布では納得いかず、キャメル100%の毛布がお気に入りでサークルに敷いてあるのですが、サークル外に出るとこのとおり、ズルズル引きずってお気に入りの場所に自分で運びます。

他のワンちゃんの話をきくと、寒くてセーター着せて、その上からホカロンを貼っているそうです。
うちのワンコだけではないので、安心しました。

今週から花粉症の相談が増えました。
今年の特徴は、「冷え」。
血行をよくする漢方薬で、問題解決しそうです。

2008年02月04日

冷凍餃子問題

P1000799.JPG
なぜ安くなるのか考えましょう。

安全性にコストをかけているかを、見落しがちです。
それは非物質的部分ですから、商品の分量や味では判断できません。
ただ、薬局で物品販売をしていると、非物質的部分の重要性がわかります。
商品の管理や流通、そして検査体制がしっかりしているのか。
メーカーと契約するとき、価格よりもまず安全性維持の努力度を重視します。
本当によいものなら高くても買うのが、うちのモットーです。
だから、残念ながら安売りはできません。
「安全」にコストがかかるからです。

うちのわんちゃんは、オーガニックのフードを食べています。
成長ホルモンや抗生物質を使わないラムや鹿などが原料のフードです。
そうすると、ウンチが臭わないんです。
値段は高いのですが、今月で1歳で、一度も体調を崩していません。
だから、かえって経済的!私も安心です。
たまーにスーパーで特売のおやつを買って食べさせると、ウンチが臭うので破棄。
人間も同じです。
臭いで判断すると、わかりやすいですよ!

写真は店の加湿器で、抗菌にティーツリーを入れています。