参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月29日

6月勉強会報告

P1000543.JPG
昨日は6月の秀ハーブラウンジ勉強会でした。
内容をピックアップしてご報告いたします。

私たちの体に備わった自然治癒力を目覚めさせてくれる漢方薬の素晴らしさと、活用法をお伝えすることを意図した勉強会です。
内容は5つの話題で構成しています。
①秀ハーブラウンジからのお知らせ。
1ヶ月の出来事や、新商品のお知らせです。
②尾川さんの「生活に身近なラテン語講座」
昨日は5月にちなんでショウブとアヤメの見分け方。
ショウブ湯は爽やかな香りで気持ちいいですね・・・。
ラテン名はIrisがアヤメ属でギリシャ神話の虹の女神イリスに由来するそうです。
③漢方薬によるメンタルケア
自分の性質の困ったところを受け入れることで、ラクになるお話をしました。
症例もあり、受け入れて理解しながら漢方を使用したところ、あきらめていたポリープが消えたお話をしました。
参加者からも「やっと受け入れ方がわかりました。」と、笑顔と自信が!
このメンタルケアが、健康への第一歩です。
④梅雨の健康管理 気象病と漢方薬
このレジメは、7月いっぱいご購入時に差し上げていますので、お楽しみに!
⑤微量漢方講座 心の気滞りの炎症傾向について。
心の気が滞るときの感情面は「ハイになる」「強気になる」ということで、活発な質問がなされました。
「強気になるっていうことは、エネルギーが多くて病気ではないのでは?」
とても素晴らしい質問です。
強気になりすぎる、興奮して止まらなくなるとは、抑制する機能が働かないということで、やはり機能障害です。
疲れるとちょっとしたことで「カーッ」とおこりやすくなるのもそれ。
そのような時使用する微量漢方は
オウレン・ジオウ・サイコ・チョウトウコウ・ボタンピの中で、好きな香りの生薬を使えば問題解決します。

皆様ご参加ありがとうございました。
来月もお待ちいたしております。

2007年06月26日

個性と向き合う

P1000541.JPG
かみかみグセのうちの子犬は、昨日歯が抜けました。写真は記念の「歯」です。
歯がむずがゆくて噛みグセがあったので、安心してカミカミできるように、ガムやらたくさんの噛めるおもちゃでおとなしく遊んでいます。

今日は体や心の個性を受け入れるためのご相談が集中しました。
気分のアップダウンが激しい人、自律神経が緊張して便秘になる人、すぐに風邪をひく人・・・。
気分のアップダウンがなくなれば、自律神経が緊張しなければ、風邪をひかなければ、すべての問題が解決するのでしょうか?
答えは「NO]です。
それら問題の症状は、生まれ持ったものも多く、そう簡単に解決することはできません。
最も大切なことは、「向き合う」ことだと思うのです。
安心して気分がアップダウンできるように、安心して自律神経が緊張できるように、安心して風邪がひけるように・・・・。
そして、安心して向き合うために、漢方薬があるのです。

「調胃承気湯(ちょういじょうきとう)を飲むようになったら、便秘だけでなく腸のポリープも、定期健診でなくなってました。」
このお客様はいつも折り目正しく、言葉を慎重に選んでお話になる方です。
それだけにとてもデリケートな方なので、少しのストレスでも体が大きく反応し、便秘してしまいます。
ストレスに弱いという事実を受け入れるのは難しいのですが、その特性を受け入れることで、漢方薬などで早めに対処し、社会生活もバリバリ送ることができます。

なにを隠そう、私も繊細でよく便秘するんです、とその方に話したら、「えー、そんなことあるんですかー?」と、大笑いされてちょっと傷つきました・・・。(冗談ですが)

2007年06月22日

夏風邪

P1000539.JPG
今日は夏風邪のご相談が3件ありました。
夏風邪は長引くので、早めに見つけてカッコウ正気散を飲んでください。

夏風邪は冬風邪と違って高温多湿で流行ります。
冷房かけっぱなしで寝たり、冷房が強いところに長時間いることも原因になります。
それからタオルの使いまわしも感染源。
家族でも要注意してください。
主な症状は、喉の痛み・鼻水・くしゃみ・目やに・目の充血・せき・吐き気・下痢。

「こどもが3日前にはいて、今熱があるのですが、食中毒ですか?」というご相談がありましたが、少なくとも食中毒ではないと思います。
なぜかというと、私が去年食中毒を経験したからです。
急激なものすごい腹痛と嘔吐!
話によると、その腹痛は陣痛より痛いそうで・・・。
何事も経験ですね。
食べ物の劣化にも、気をつけてください。

2007年06月19日

代替療法の使い方

P1000537.JPG
代替療法の利点は苦痛をやわらげて体を調整すること。
欠点は外科手術のように、生命の危機的状況に対応する効果がないということです。

今日は職場が変わり、最低血圧がいきなり20ほど上がったというご相談がありました。
病院へ行ったのですが、処方薬はなく、しばらく様子を見ましょうということになったそうです。
西洋医学の欠点は、危機的状況に近づかないと、対応策がないということです。
様子を見ましょうということで、対応策がないと、患者は不安な気持ちでいっぱいです。
治療するほどではないかもしれませんが、本調子でもないからです。
こんなときは代替療法の出番です。
できるだけ危機的状況にならないように、漢方薬なら対応することができます。
不安な気持ちや緊張でガチガチになった体を和らげて、危機的状況を予防します。

写真の漢方薬は釣藤鈎(ちょうとうこう)で、血圧を安定させる働きがある生薬です。
頭痛やイライラにもいいですよ。
鎮静作用やカルシウム拮抗作用(血管を広げる)も報告されています。
ただし、危機的状況には対応できないので、そこを理解してつきあってください。

2007年06月13日

メタボリックについて

P1000517.JPG
最近大流行のメタボリックシンドロームですが、お散歩で内臓脂肪はすぐになくなるそうです。

最近薬剤師会の地区研修会や中央区の健康に関する会議に参加させていただいていますが、共通項は「歩くこと」のすすめ。
健康増進には歩くことが大切だそうです。
道々で歩く人が増えるということは、活気があっていいですね。
近所づきあいが希薄なこの時代に、外に出て健康管理のために歩く人が増えると、犯罪の予防にもなるのではないでしょうか。
私が愛犬の散歩をしていると、向かい側から「防犯」という札をぶらさげて笑顔でわんちゃんのお散歩をしているおじさんによく会い、とても安心します。
メタボリック改善のお散歩が、皆の安全につながるといいですね。

メタボリックには防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)が効くと、研修会で教わりました。
防風通聖散にはダイオウという下剤が含まれるので、便秘傾向のメタボの方には、とくにお勧めです。
写真はダイオウです。

2007年06月11日

漢方のデータはうんちから

P1000506.JPG
排泄物にはからだのコンディションがたくさんつまっています。
お食事中の方、すみません!

うちの子犬ちゃんは4ヶ月になり、トイレの訓練中です。
もうほとんどトイレシーツでできるようになりました。
ウンチを片付けていると、体の状態がおもしろいほどわかります。
漢方ともかなりリンクしています。
でも、動物を育てたことがある人にとって、常識かもしれません。
ゆるいウンチは1食が多すぎるとき。
堅いウンチは1食が少ないとき。
食事も3食から2食に代えている最中なので、ウンチの状態はとても参考になります。

人間も、ウンチの状態は大切です。
そして、便秘を知り、対応することも大切。
便秘というのは個人差があるので、単に毎日出るから大丈夫というわけではありません。
いつもよりすっきりしないなど、個人個人の感覚が頼りです。
便をお腹にためていると、悪玉菌が増えてビタミンの吸収を妨害したり、自律神経の働きが不安定になり、おこりっぽくなったり、イライラしたりします。
便秘になったら、手っ取り早く便秘薬をのんで解消することをおすすめします。
特に女性は黄体ホルモンが分泌されると、便がコチコチになり、便秘しやすくなるので要注意!
このコチコチには、調胃承気湯(ちょういじょうきとう)がとてもよく効き、腹痛なくさわやかに解消します。

2007年06月08日

薬の憂鬱

P1000513.JPG
今日は、薬を使用するお客様の悩み対策をお話します。

私たち薬局側は、お客様の悩み解消の漢方薬や健康食品をお選びすれば、問題解決!と考えがちですが、実はその後のほうが大変なのです。
つまり、お客様が漢方薬・健康食品を使用してくださらなければ、つまり飾って見ているだけでは、何の問題解決にもなりません。
漢方薬・健康食品は神社のお守りやお札とちがい、眺めていても、残念ながら効果はないのです。
問題は、飲むときに発生します。

「こんなにがんばっていたのに、もっと頑張れといわれているようで飲むのが苦しい。」
「あれ飲んでこれ飲んで、またそれ飲むのが苦痛。」

飲むことに大きな苦痛を感じている人には、特別にフローラルウォーターに微量漢方を入れて、首筋やわきの下にスプレーして使用できるように工夫しています。
こうなると、ハーブの化粧水感覚です。
ある人は、そのうち普通に漢方を飲むことができるようになりました。

シップに顆粒をかけて、寝るときに足の裏に貼って休んでいただく方法も効果がありました。
皮膚からの吸収は、毛細血管に漢方がしみこんで、大動脈大静脈に流れ、全身に作用するので、口から飲むのが苦しい人にはおすすめです。

2007年06月05日

手作りラベンダーウォーター

P1000512.JPG
よい香りで虫除け・アフターサンバーン・寝苦しいときに効果あり。
簡単に作ることができます。

用意するのも・・・ラベンダーオイル5滴・50ccくらいのスプレー容器・消毒用エタノール小さじ1杯
スプレー容器に小さじ1杯のエタノールを入れます。日本酒でも可。
そこにラベンダーオイルを5滴入れます。
少し振って、アルコールにラベンダーを溶かします。
容器の口まで水を入れて、スプレーを取り付け、5回くらい振って出来上がり。

よい香りなのに、虫除けやアフターサンバーン、寝苦しいときに効果があるすぐれもの。
夏に寝苦しくて寝付けないときは、手首と足の裏にスプレーしてください。
私は犬の散歩のとき、私も犬にも軽くスプレーして虫除けに使います。
心地よい香りで、リラックス効果もありますよ。

2007年06月01日

香りで爽やかに

P1000505.JPG
香りは治療とは別次元ですが、気分を爽やかにしてくれます。

今日はアロマが大活躍の日でした。
気候の変化が激しいせいもあって、体調を崩し、すっきりしない人が多いですね。

まず喉の不快感を訴える人が風邪薬を購入したついでに、ローズウッドの香りを1滴プレゼントしました。
これはクスノキ科に分類されるバラの香りがする常緑樹の木部を水蒸気蒸留法で抽出した精油で、風邪の季節に大活躍する香りです。
喉の痛みや頭痛の憂鬱感をやわらげてくれる香りで、お帰りのときは大分気持ちが明るくなりました。

次はこのところ胸がぎゅっと感じるという人だったので、即病院へ行くようにアドバイスしました。
せっかくいらしたのでイランイランの香りを1滴プレゼント。
パニックや恐怖感をやわらげてくれる香りです。
イランイランノキという樹木の花を水蒸気蒸留して抽出する精油です。