参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月31日

1人目のインフルエンザ

今年は暖冬のため、インフルエンザが流行らず平和な1月だったなーと思ったら、インフルエンザ1号が出ました。
インフルエンザ対策の薬は、アセトアミノフェン系解熱鎮痛薬と麻黄湯(まおうとう)です。

皆が風邪をひかないので、今のうちにと、私が先週風邪をひきました。
風邪のウイルスは生物のDNAを操作し、進化に関与してきたそうで、私も少し進化したかな・・・。(退化したかもしれません。)でも、いちどきちんと風邪をひいて予後完璧にすれば、その後風邪をもらうことはありません。
そのための漢方薬であり、健康食品です。

今日は1月最後の日で、インフルエンザが出ない1月って初めてと思っていたら、「インフルエンザ」の産声を聞きました。
ウイルスは、38度以上で不活性化するので、体力が続くなら熱は出しておいたほうが治りやすいです。
インフルエンザのときに使うことができる解熱剤はアセトアミノフェンのみ。でもこれは大人の話で、子供には使いません。
数年前までは、タミフ○は発売されていませんでしたから、インフルエンザは5日寝て治してました。
DNAが進化して、すごいパワーの体になるチャンスかも!
そんなことをイメージしながら、休養してください。

2007年01月29日

シナモンと桂皮

お茶やお菓子の食材シナモンは、漢方生薬の桂皮(ケイヒ)です。
薬効成分が少ないものが食材シナモンとして使われます。

桂皮はクスノキ科ケイの樹皮で、体を温める働きがあり、胃薬・鎮痛薬・皮膚病の薬・抗不安など幅広く使われます。
多くの人が好む香り。
和菓子にも洋菓子にも使われていますね。
先週浅草橋にあるものすごくおいしいフランス料理店へ行き、風邪気味だったのでホットワインを注文したらシナモンスティックが入っていました。
アルコール抽出なので、かなり効きぽかぽかになりました。
お料理も、トリュフソースにカブにぷりぷりの鯛にクスクスに・・・。どれも最高でした。
ワインにシナモンスティックは、とても合うので是非お試しください。
漢方薬によっては、たとえば当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は服用するときおちょこ1杯のお酒と飲むと効果が上がると書いてあるんですよ。

2007年01月26日

杏仁豆腐の杏仁(きょうにん)

漢方薬は医食同源で、意外な食品とリンクしてる場合があります。
たとえば中華料理のデザートの杏仁豆腐(あんにんどうふ)。
この杏仁(あんにん)は、漢方生薬の杏仁(きょうにん)の仲間です。

杏仁(きょうにん)は、バラ科ホンアンズのたね。
咳・呼吸困難・便秘などに使われる生薬です。
たね類は、乾燥したところを潤す働きがあり、杏仁も喉の乾燥を潤す効果がよく使われます。
と説明すると、皆眠そうな表情になりますが、
「杏仁豆腐(あんにんどうふ)食べたことありますか?」
と尋ねると、表情がイキイキ!
クラゲ・金華ハムなどの中華前菜、フカヒレスープ、エビチリ、チャーハン、シューマイなどを食べて、お腹いっぱいになったところで出てくる杏仁豆腐。
もう食べられないと思っても、つるりとのどを通過し、お口の中が爽やかになります。
その感じが、漢方生薬の杏仁です。
厳密に分けると、苦杏仁が漢方生薬で、甜杏仁が食品用です。
風邪薬の麻黄湯(まおうとう)や麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)に入っていて、飲むと爽やかな気分になります。

2007年01月25日

1月勉強会 肺の寒

今日は1月勉強会の日。
11名の皆様、ご参加ありがとうございました。

大盛況で、寒い日であるにもかかわらず、11名の方がご参加くださいました。
ただ学ぶのではなく、せっかくの集まりですから調和できたらと思い、まずは自己紹介から。
お名前と最近気になることについて話していただき、尾川さんのお話へ流れが自然に向かい、「生活に身近なラテン語」が始まりました。
「ユビキタス」至る所にある・偏在するというお話を、ネットの世界に例えて、個人情報は至る所に存在してしまう内容に、考え込んでしまいました。
次に「電磁波から体を守ろう!」ということで、全員にハンカチ大の備長炭シートを配り、3人1グループで使い方を考え、発表してもらいました。
車のシート・帽子の裏地・酒瓶に巻くなどなど、11人集まると楽しいですね。
何よりも初めて会う人同士がうちとけて、とても和やかな雰囲気になりました。
そして今日のメイン、肺の気滞り・寒を治す生薬について。
説明する前に、皆様にオーリングまたは香りで生薬を選んでもらいます。
じぶんにあう生薬が見つけられたら、説明開始。
そのほうがより身近に説明を理解することができるからです。
キキョウ・キョウニン・ケイヒ・ショウキョウ・ニンジン・ブクリョウ・マオウ
店に展示してありますから、是非見に来てください。
勉強会のおかげで、私たちもとても勉強になります。
来月もよろしくお願いします!


2007年01月23日

ハードな鼻かぜ

ハードな鼻かぜには川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)とユーカリオイルがおすすめ。

急に寒くなりましたね。
私もちょっと油断して薄着で寝たために、鼻をやられました。
でも、こんなときこそ漢方を試すチャンスです。
川芎茶調散の川芎はせり科川芎の根で、排膿作用があり、鼻づまりの特効薬です。
飲むとすぐに鼻のとおりがよくなります。
そしてユーカリオイルを吸入すると、なんともいえない清涼感。
ユーカリはヴェポラッ○にも使われている成分です。

そういえば、「ここのところ息切れがするんです。」というご相談がありましたが、味見をしてもらったら、風邪薬のカッコウ正気散でした。
熱・喉・鼻だけが風邪の症状ではないので、「いつもとちがう」を感じたら、風薬をすぐに飲んでください。

2007年01月22日

あるあるダイエット

なっと○ダイエットが問題になっていますが、一番良いダイエットって、何?
食べないで、よく歩くことです。

わかっているけれど、食べてしまう・・・。
という人は、本当はわかっていないのです。
肥満の恐さ。
糖尿病の深刻さ。
実際に苦しんでおられる人がたくさんいるので、ここではコメントを控えさせていただきますが、是非徹底的に勉強してください。
恐さを実感し、半年で20キロのダイエットに成功した例もあります。
食べて動かないということは、生きることをやめる行為なのです。

2007年01月18日

電磁波対策

携帯電話の普及で、目に見えない電磁波の影響が心配されています。
でも、私も含めてわかっているけど手放せません。
それらのリスクを少なくするために、備長炭シートを見つけました。

心臓ペースメーカーや医療機器は明らかに誤作動を起こします。
危険は立証されていませんが、ガンや白血病の原因ともいわれています。
私のところでも「引っ越したら(病気の2名)家族が元気になりました。」という方がいました。
前の家は高圧線が影響していたのです。
電磁波は目に見えないからやっかいですね。
中には敏感な人もいて、すぐに「いやーな感じ」がわかり、身の危険がわかる点でうらやましく思います。

引っ越せない人、私のように携帯が手放せない人は、備長炭で防御してください。
オーリングで実験すると、すぐにその効果がわかります。
備長炭シートも販売されているので、パソコンや電子レンジの下に敷いたり、携帯電話入れを作るとGood!
最低限、電車や病院では電源を切ってくださいね。

2007年01月17日

食事でガンのリスクを低める

食事だけでガンを消すことはできませんが、ガンのリスクを低めることは可能です。
「脂肪はガンのリスクを高める」イリノイ大学医学部講師キース・ブロック氏の報告より。

「検診で腫瘍の疑いがあり、3ヵ月後に詳しく調べることになりました。
それまでに、自分で気をつけられることはないでしょうか。食事とか・・・」
このようなときこそ、新しい商品に手を出さず、いままでの生活を振り返ることが大切です。

イリノイ大学医学部講師 キース・ブロック氏は、以下のように述べています。
赤みの肉を食べないと、大腸癌のリスクはゼロである。
脂肪摂取率40%の人の乳癌発症ファクターは3であるのに対して、脂肪摂取率25%の人の乳癌発症ファクターはわずか0.5であった。
低脂肪食で骨転移が消失した例もある。
野菜食にすると、ガンの転移が4%も減少する。

このように説明すると、「断食」をイメージして暗くなる人がいますが、とんでもない!
昔ながらの日本の食事をイメージすれば大丈夫。
ごはん・味噌汁・浅漬け・のり・・・。
美味しいものはたくさんありますよ!
私も少しでもこの食事に近づけるようにがんばっています。
ちなみに私の今日のお昼は梅干入り玄米おにぎりと、オクラの胡麻和えでした。

2007年01月16日

吐き気止め

吐き気にもいろいろありますが、のみこんでものみこんでも唾が出てくる・・・
つわりや飲みすぎ直後の症状ですが、このようなときは乾薑(かんきょう)半夏(はんげ)の入った半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)が即効性あり!

きょうもつわりのご相談があり、半夏瀉心湯を味見してもらったら「あとあじがスッキリ!」ということで、お帰りのころには大分よくなりました。

半夏はサトイモ科カラスビシャクの塊茎で、田んぼのあぜ道に生えています。
つまり、湿気の多いところに生えていることになります。
漢方生薬の面白いところは、生えている場所の特徴で、薬効がわかるということ。
湿気の多いところに生える漢方生薬は、体の湿気も取り除いてくれるのです。
そのようなわけで、半夏は唾で溢れる湿性の吐き気を治してくれます。

2007年01月15日

らくらく看護・介護生活

このごろ親御様の入退院で悩んでいる人が多くなりました。
病院の廊下で親戚が集まって沈痛な面持ちで「どうしよう・・・。」という光景をたびたび目にします。
でも、いくつかのケースに応じて早く対応すれば、大丈夫です。
一番大切なことは、自分の体を大切にできるシステムを選ぶこと。
これからの看護・介護は書類業務です。

親御様の回復状況に応じていくつかのケースがありますが、病院にどこまでの機能回復をお願いしたいかを明確にすることが、第一歩です。
<ケース1>1人暮らしができるようにしてほしい。
このケースの場合は、早めにドクターや担当の看護師さんに伝えて、病院でできる限り機能回復メニューを取り入れてもらえるようにすると大丈夫です。
家の事情などもすべてお話しすると協力してくれます。

<ケース2>介護が必要
病状が安定したら、すぐに看護師さんにお願いして、ケースワーカーさんに相談できるよう手続きしてもらってください。
必要な書類、手続きの仕方、住宅改修などをアドバイスしてくれます。

<ケース3>転院・有料介護施設へ
要介護ではないけれど、1人で生活させるのは不安。
リハビリに力を入れている病院に転院させたい。
このような場合も、ケースワーカーさんに早めに伝えてください。

レールにのるまで大変ですが、あとは順調です。
親孝行がんばりましょうね。
私は4回経験しました。

2007年01月12日

漢方で癒される!

「咳止めを飲んで咳は止まったけど、頭がボーっとします。」
こんなとき漢方をいっしょに飲むと、「頭のボー」もらくになります。
お勧め漢方は麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)桔梗石膏(ききょうせっこう)半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)麦門冬湯(ばくもんとうとう)。お惣菜コーナーのように、味見して選ぶことをおすすめします。

西洋薬は即効性があって、すぐに咳や鼻水などの困る症状を抑えてくれます。
ただ、全身的に楽にしてくれるのではなく、あくまでも部分的。
困る症状が消えると、陰に隠れていた新たな症状がどんどん出てきて、きりがありません。

それとは逆に、漢方薬は全身に作用するので残りの困る反応を和らげてくれます。
西洋薬で病原体と戦った後の、体の消耗を癒してくれます。
でも残念なことに、強い症状があるときは、漢方薬単独ではなかなか効果が出てきません。
うちの店で作る自家製風薬は、西洋薬と漢方生薬を混合しているので、やけに効き目がいいです。
何事も、かたよらないバランスが大切ですね。
漢方では陰陽のバランスを大切にします。
ちなみに西洋薬を漢方処方に用いて画期的な成果を上げた医学書は「医学衷中参西録」(いがくちゅうちゅうさんせいろく)です。


2007年01月11日

乾燥肌と頭痛

冬は乾燥肌に悩まされますが、同時に頭痛がある人もけっこういます。
お肌の調子と頭痛が連動しているなんて、一般的には理解しがたいですが、漢方では「瘀血」といって立派な診断基準となります。
乾燥肌と頭痛におすすめの漢方薬は川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)。

漢方の診断は病名を選ぶのではなく、性格チェックのように、理想的な体とどれだけかけ離れているかを見ます。
その方法は
望診ぼうしん(肌・舌の色・状態)
聞診ぶんしん(声・息)
問診もんしん(質問)
切診せっしん(脈診・腹診)
がありますが、薬局でできるのは望診・聞診・問診まで。
でも、望診だけで様々なことがわかってしまいます。
たとえばお肌の状態ですが、普段から乾燥傾向の人は、「瘀血」といってお肌だけの問題ではなく、全身的に血管や血液循環に原因があるのです。
お肌は毛細血管で栄養分が運ばれ、毛細血管で老廃物が除去されます。
乾燥しているということは、栄養補給と老廃物除去がうまくできていない信号です。
つまり、血管に問題があるか、血液に栄養が足りないかが考えられるのです。
そしてもっと大変なことは、お肌と同時に腦にも栄養が巡らないことが考えられます。
やたら眠かったり、集中力が欠如したり、頭痛に悩まされたり・・・。
そのようなときにおすすめは、川芎茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)。
抹茶アイスのような味がします。
お肌も潤いますよ!

2007年01月10日

イライラに黄連解毒湯

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)は、高血圧でイライラして怒りっぽい人に合う漢方薬です。
イメージは、「瞬間湯沸かし器」。
ストレス社会のせいでしょうか、最近は低年齢化しているようで・・・。
自分で「まずい!」と気づいたら、黄連解毒湯を飲んでください。

出張を例にすると、新幹線や飛行機が一般的でない30年前は、泊りがけでした。
しかし今は、大阪東京間を日帰りできる時代です。
そのぶん自由時間が増えたかというととんでもなく、短縮した時間でさらに業務が増えて・・・。

パソコンやプリンターの普及で、日常業務がらくになるのかなーと気楽に考えていると、短縮された分は2つも3つも業務が増えて、複雑化していきます。

子供もゆとり教育で余裕ができるのかなーと見ていると、そのぶん土日は塾!
イライラするのは無理もありません。

2007年01月09日

眠れる森の・・・

お正月休みが終わり、もとの生活が戻りました。
と同時に、「だるい」「疲れがとれない」などの不調を訴えるご相談も・・・。

昨日はレニングラードバレエ「眠れる森の美女」を見ました。
16歳の王妃オーロラは魔女の呪いで眠らされ、リラの精のはからいで王子により100年の眠りから覚め、幸せになるというストーリーです。
幻想的な舞台セット、色とりどりの衣装、人離れした美しさのダンサーたち、迫力のオーケストラ、すべてが完璧な芸術作品でした。
特にイリーナ・コシェレワ演じるリラの精の美しさは、群を抜いていました。

オーロラは100年の眠りから覚めるとすぐに踊りだしますが、現実には数日寝込むだけで大変なことになります。
筋力が衰えて、体を支えるのも一苦労。
筋力は使わないと、簡単に落ちてしまうのです。
そのようなわけで、お正月を思い切り寝込むと、休み明けは体がだるくなります。
私も1日寝込んだら、からだが浮腫んで頭痛・肩こり・腰痛で苦しんだため、次の日から1日3時間以上歩き、体が爽快になりました。
貧乏ひまなしがしみ付いているのは、私だけかもしれませんが・・・。

休みすぎの浮腫み感でお悩みの方は、写真の苓桂朮甘湯(りょうけいじゅっかんとう)を飲んで、30分くらい歩いてくださいね!

2007年01月05日

足の痺れに八味丸


明けましておめでとうございます。
今日が仕事初め。
さっそく新年早々うれしい症例がありました。

漢方薬の結果はなかなか臨床検査の数値に現われない為、飲んでいる本人の自覚症状に頼らざるをえないところがあります。
でももし私が当事者なら、保険の効かない負担が大きい漢方薬は、手応えがないならすぐにやめると思います。お金がもったいないもん。
長い間飲みたいと思うには、臨床検査データがどうであれ、「やっぱりこれ飲んでるとラク!」という自覚症状が必要です。
今日は八味丸を飲んだお客様が、「これ飲んでから足が痺れなくなったの。もう1ヶ月ください。」と買いに来られました。茶道もなさっているお客様なので、なおさらです。
ビタミンEも続けていたのですが、足の痺れには八味丸が即効性があったよう。

今年も皆様に、副作用のない漢方・食養生で楽しく健康増進する方法を、たくさんお伝えしたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。