参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 冷え性に和産の当帰 | メイン | 体内組織と感情のつながり »

「体治し」と食べ物

P1000335.JPG
食べ物は、単にエネルギー補給ではありません。
部品(体)の原料です。
だから「体治し」のポイントは、良質の原料。

難病といわれる病気のご相談を受けることがあります。
本日も2件。
治す基本は、あくまでも病院の治療です。
でも、それとは別次元で、肉体改造も必要です。
肉体は食養生でどんどん進化します。
それには時間をかけてあせらずに行うことがポイント。
自分では気づかない間に、昨日より今日、今日より明日というように確実によりよい部品(体)が出来上がります。
このことを明確にした研究データを、T社の勉強会のときA先生が講演でお話されました。
ドイツの研究者がマウスに放射性同位元素を含むエサを食べさせると、72時間後に肝臓・腎臓・腸の各細胞からその放射性同位元素が検出されたというデータです。
つまり、マウスはエサを72時間で部品(体)にしてしまうのです。
DNAの部品まで入れ替わるそうで、1ヶ月でほぼすべての入れ替えが完了するとのこと。

私もそのような事例を、たくさんみてきました。
そして、そのことを明確にした講演を聴いたとき、「本人ががんばれば、絶対よくなる」と確信しました。
よい原料で、よりよい部品(体)を作り続けましょう!