参加ランキング

クリックで投票になります。
1日1クリック有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ

人気blogランキングへ

人気blogランキングへ
Profile

菅野

菅 野 佐百合

  • 東北薬科大学 薬学部 製薬学科
    卒業
  • H13年度 薬剤師研修センター漢方薬生薬研修会 試問 合格
  • 薬局「秀ハーブラウンジ」
    取締役社長 管理薬剤師

■調剤業務に従事する傍ら、漢方薬・ハーブの研究を行う。
■自然療法・アロマテラピー・カウンセリング・フラワーエッセンスを学ぶ。
■漢方の希釈をマイペースで研究中。
著書に「超微量漢方パワーの奇跡」<廣済堂出版>、「難病を癒す免疫療法」(共著) <廣済堂出版>がある。

カウンタ
現在、TB、コメントは受け付けていません。

« 2006年07月 | メイン | 2006年09月 »

2006年08月31日

うつの漢方薬

前々回、うつと風邪の見分け方をお話しました。
今回は、うつの漢方薬のご報告です。
基本的には通院をおすすめしますが、西洋薬による副作用は漢方で治せます。

うつの症状は、ころころ変わります。
頭痛・頭重・目の疲れにくるときは、チョウトウ散。
そして、のどや胸部の異物感には半夏厚朴湯。
この二つの使い分けがおすすめですが、本当のことをいうと、通院でお薬をもらったほうが早くラクになる場合が多いのです。
皆が一番心配していることは、副作用。
抗精神薬で一番多い副作用は体のむくみで、臓器までむくんで心臓に影響が出る場合もあります。
このようなときに、是非漢方を利用してください。
漢方薬は薬によるからだの反応を「証」で分類して、むくみを取る薬、便秘を改善する薬などを臨機応変に選んでバランスのとれた体を取り戻します。
しかし、うつの症状は変化しやすいので、週1回は来店して漢方薬のチェックが必要です。
もうひとつ付け加えると、酸素も大切。
お薬が解毒されるとき、大量の酸素が消費されるからです。

2006年08月30日

体力がないと漢方は効きにくい

漢方がすぐ効く人と効かない人がいます。
その違いは・・・?

同じ証で同じ薬を使用しても、効果の出方は人それぞれ。
証とは、漢方独自の体質分類方法のことをいいます。
たとえば同じ冷え性で、同じ薬を使用しても、体の温まり方は人それぞれなのです。
それって、家の修理に例えることができるのではないでしょうか。
少し前に高視聴率だった、ビフォー○フターというリフォーム番組がありました。
傘を差して風呂場に行くなどの使い勝手の悪い狭い家を、ピカピカのシステムキッチン付きモデルルームのように変身させてしまうプロセスが感動的で、ついつい見てしまいました。
一番手間をかけているのは、土台。
床下をのぞくと、家の土台が腐りかけていたり、水が溜まっていたり・・・。
それさえできれば、みるみる家が変身します。
それと同じで、体力は体の土台といえます。
あまりにも体力がない場合は、体力をつけることに時間をかけます。
そうすると、漢方がおもしろいように効き、体がみるみる変化します。
お化粧に例えると、ベースメークかな。
ベースメークをしっかりしないと、ファンデーションにムラができたり、くずれやすくなりますよね。
そのようなことを気づかせてくださった症例が、今日は二つあったので、お話しました。

2006年08月29日

うつ?

うつ病はその強弱に個人差はありますが、だれでも一度は経験のあるものです。
こんなふうに安心して「うつ病」が話せる時代になりました。
私が薬剤師なりたてのころは、皆会社や家族に内緒で病院にかかっていました。
最近は、(元気よく)「うつ病かも!それに効く薬ください。」というご相談がよくあります。
しかし、よく話をきいてみると単なる風邪ということも・・・

「偏頭痛があって、肩こりがあって、吐き気もあって・・・
死にたくなります。」
確かに、頭痛・肩こり・吐き気という三重苦があれば、私も憂鬱になって死にたくなります。
というより、現実逃避したくなります。
女性は体調がよくないときでも、容赦なく家事がありますからね・・・。
話をきいているうちに、
「今は甘いものがきつくて・・・。
辛いものは美味しく感じるんです。」
このひとことで、「肺気滞り」による風邪だ!ということがわかりました。
味覚で「うつ」か「風邪」の区別ができます。
ちなみに「きょうはやたら酸味がおいしい」ときはうつに注意してください。
生薬はチョウトウコウ(アカネ科カギカズラ)がおすすめです。
知ってると安心の自己診断法でした・・・。

2006年08月28日

統合医療

医学衷中参西録は中国の医学書で、抗生物質が開発される前に結核の治療法を確立した名作といわれています。その当時の西洋薬を漢方薬的に分類し、使用者の体質を考えて漢方薬を加えるという、画期的な統合医療の実践書で、当時の不治の病克服法が記された名著です。
西洋薬と漢方薬の併用は、1タス1イコール2ではないんです。1タス1が10にも20にもなるんですよ!

頭痛や歯痛のときに飲むアスピリン。
これは、漢方的に分類すると熱・実の人向けの薬です。
つまり炎症があって毒素過剰傾向の人なら副作用なく飲むことができますが、消耗傾向の人には副作用が出る恐れがあります。
しかし歯が痛いときは副作用なんて言ってられません、飲んじゃったほうがラクになります。
こんなとき統合医療が役に立つのです。
消耗傾向の人の体への負担を減少させるために、消耗を補う漢方薬を併用すれば、大丈夫!
今日も排尿障害を発現したご相談がありましたが、うかがってみると安定剤を飲み始めてから出た症状とのこと、利水作用の漢方薬をアドバイスしました。

漢方薬と西洋薬の併用の魅力は、1タス1が2ではなく、10にも20にもなるところです。
漢方薬ではないけれど、ある天然成分とIL-2の併用で、TNF-αはIL-2単独の40倍以上になったというデータもあります。つまり、西洋薬単独より40倍の効果が出たそうで、天然成分単独よりはるかによい効果が出たのです。

2006年08月25日

カッコウ正気散続報

昨日の勉強会でも少しだけカッコウ正気散の話をして、夏の不調を訴える数名の人に試してもらいましたが、皆大当たりでした。今日も売れ行き好調です。夏ばてにもいいようです。

カッコウ正気散は
ビャクジュツ・ハンゲ・ブクリョウ・コウボク・チンピ・キキョウ・ビャクシ・ソヨウ・ダイフクヒ・タイソウ・ショウキョウ・カンゾウで構成されています。
ハンゲ・ショウキョウで吐き気・鼻水に効果あり。
タイソウ・ショウキョウ・カンゾウで、夏ばての食欲不振を治します。
ブクリョウ・ビャクジュツで動悸息切れを治し、コウボク・ダイフクヒはむくみを改善します。
キキョウは肺の機能をよくします。
ソヨウ・ビャクシは寝冷えにgood!
ヒートアイランド現象で冷房をつけたまま寝て、朝起きるとだるーくなるひと。
アイスクリーム、シャーベット、ゼリー、ジュースの誘惑に負けて、食べた後「しまった!」となるひと。
冷房でだるくなる人。

漢方薬は病原菌を排除するのではなく、体の機能を元通りにしてくれるので、飲んだ後は体がとてもラクになります。
薬なんだけど、癒されますよ!

2006年08月24日

8月の微量漢方研究会報告

P1000234.JPG
今日は毎月恒例の微量漢方研究会でした。本日の出席者は10名です。

川村先生の講座は、携帯電話仰天の事実について。首から提げて左ポケットに入れるのは心臓によくない。腰に入れたほうが安心。頭皮にもよくない。
歯ぎしりや、噛み締めることは、歯をこわす。特に、口が開き気味の人は要注意。
いびきを防ぐ器具について。試した人は、「空気が通る」と驚いていました。東急ハンズで販売中!
久しぶりに歯科医らしい話をした、とのコメントで盛り上がりました。
ラテン語で楽しむ生薬講座の尾川先生(上の写真)は、身近なラテン語のマニキュア・ペディキュアの語源の説明。マニキュア(手に注意)に関連してマニュアル(手引書)。
ペディキュア(足に注意)に関連してペダル(足の)。
生薬はナツメの語源の説明で、エジプト名からきているそうです。
私は「心」の寒の説明で、10人中6名に心の気滞りがありました。夏ですからね・・・。
ケイヒはほぼ全員があてはまり、ニンジン2名・ブクリョウ1名タイソウ8名・トウキ・トウニン5名弱でした。
クイズコーナーで症状に合った生薬を選んでもらいましたが、頭痛の見分け方で生薬を選ぶ上級コースですが、全員大正解でした。おめでとうございます!
番外編で酸素の話で盛り上がり、それに関して深い知識をお持ちのNさんの酸素水のお話は、ここでお話しきれないのが残念です。(すごい商品を開発中)
東京都の水は石原都知事になってから、かなりよくなったそうです。
ルルドの水は、あの場で飲まないと効果がないそうです。
大発見続出の、楽しい勉強会でした。来月もよろしくお願いします。

2006年08月23日

斉藤選手と酸素

見事優勝した斉藤選手は酸素で疲労回復していた!と、ちまたで騒がれています。
なぜ酸素で疲労回復できるのでしょう?

疲労は疲労毒素の乳酸によっておこります。
肩こり・腰痛のこりこりしたのが乳酸です。
酸素はこの乳酸を、すぐに水と二酸化炭素に分解して、筋肉をやわらかくしてくれます。

秀ハーブラウンジは8年前から高濃度酸素吸入を取り入れて、一度試した人はやめられなくなるくらい、大好評です。
私もスタッフも(私は強要してませんが)、全員購入してしまいました。
そして私の友人たちもみんな買ってしまいました。(セールスしてません!)

実は私の大学の大先輩が、元イリノイ州立大学医学部の助教授で、基礎医学で高濃度酸素療法の研究に携わり、多くのEBM(白血病・ガン・うつ病)を確立しています。
そのような経緯があって、私も自信をもってお伝えできるのです。

なによりも、酸素を吸うとらくになりますよ!
きょうも昼休みに吸入しました。


2006年08月22日

夏風邪にカッコウ正気散

昨日は朝から夏風邪の人ばかり来店しました。
そして今日、私も夏風邪をひき、1時間で治りました。
実況で対処法を説明します。

昨日はお盆休み明けのせいか、お客様の多い1日でした。
「頭が重いんです。」「膀胱炎になっちゃって・・・」「咳・鼻水が止まりません!」
こんなときおすすめする漢方薬は「カッコウ正気散」です。
これはクーラーのあたりすぎや冷たいもので胃腸を冷やして出てくる風邪の症状に即効性のある漢方薬。
私の店では必ず味見をしてもらい、美味しく感じたら販売しますが、昨日はおもしろいように皆「おいしい!」とのことでした。
そして今日の午後2時ころ、私もいつもとちがうまぶたの重さと、頭にヘルメットを被ったような重さを感じました。しばらくは「気のせい」と思い、考えないようにしていましたが、ちょっと酷いのでとりあえず「カッコウ正気散」の味見をしてみました。
以前メーカーさんからもらって味見をしたとき、あまりのまずさに吐きそうになった漢方薬ですが、ちょっと臭いをかいでみると、甘くて香ばしく感じます。
その心地よい感覚によって、自分が夏風邪に感染したことに気づきました。
そして、飲んでみると甘いココアの味が・・・。
飲んでみるみる15分、頭のヘルメット感覚とまぶたの重さがうそのように抜けて、今は快適そのものです。
私も生身なので、普通にかぜをひくし、体調も崩します。
でも、発熱などの症状が出る前に気づき、対応するので寝込むことなく快適に生活しています。
ちなみにこの10日で最もすごかったのが、激しい腹痛・嘔吐に襲われた食中毒でしたが、次の日には霧が晴れたように治り、日帰りで福島へ雑用を済ませに行くことができました。
恐るべし、薬力です。

2006年08月21日

NK細胞は量より質

NK細胞だけでなくすべての免疫細胞に共通していえることは、量より質が大切ということです。
血液の白血球に免疫細胞は属しているのですが、白血球の数が8000あっても風邪をひく人はたくさんいます。1800しかなくても、かぜをひかない人もいます。
なぜでしょう?

「白血球が2000しかありません。大丈夫でしょうか?」(正常値3500から11000)
という質問がよくあります。
私の経験からお話しすると、8000あってもだめな人がいるし、300(!)でも元気な人がいました。
免疫細胞に元気があれば、数が少なくても大丈夫なのです。
このことをNK細胞で説明すると、NK細胞は単に存在すれば働くかというと、そういうわけではありません。
NK細胞の中にグラニュールという顆粒が分泌されて、はじめて働くのです。
グラニュールが出ない状態のNK細胞は、寝ているのと同じで、全く異物を排除できません。
NK細胞が100あってもグラニュールが出なければ異物を排除する作用はゼロです。
しかし、NK細胞が10しかなくてもすべてがグラニュールを分泌すれば、その効果は絶大です。
なぜならひとつのNK細胞で、同時に複数のがん細胞をやっつけるほど、殺傷力が強いからです。
量より質が大切なのです。
ちなみに、グラニュールは弾丸にたとえられて、ガン細胞を見つけると機関銃のように撃ちぬき、破壊します。
がん細胞を攻撃する免疫細胞は、もうひとつキラーT細胞がありますが、こちらは例えるとピストルです。

2006年08月18日

NK細胞はストレスで減少する。

免疫とは他者を排除するシステムです。特にガン・アレルギーなどに免疫の話がよく出てきますが、ストレスを受けると免疫力が弱まり、これが病気の原因のひとつと考えられています。漢方を使用するとき、同時にストレスに対する感受性を弱めていかなければならないのですが、この作業のほうがメインになってしまうことが多いのです。なぜなら、漢方薬は受容体に作用するのではなく、神経伝達に近い気の流れに作用するため、神経の緊張があると効果が出にくいからです。
NK細胞は、がん細胞・ウイルスを攻撃する最強の免疫細胞です。でも、非常に繊細な免疫細胞です。

以前、免疫学の世界的権威のG先生と少しだけ雑談したことがありました。G先生の研究発表前だったのですが、その研究は世界で注目を集めている免疫活性物質のNK活性に関するデータで、私も使用してその効果に目が飛び出るほど驚いた物質です。
私「これはすばらしい物質ですね。」
G先生「確かに素晴らしい。・・・(中略)・・・しかし、ストレスがあると効かない。なぜならストレスが存在すると、NK細胞が減少することがわかったからです。」
その物質が直接病原体を攻撃するのではなく、体内のNK細胞に本来の役割を思い出させ、攻撃させます。
NK細胞は非常に攻撃力の強い細胞ですが、非常に繊細な細胞で、ストレスを感じるとすぐに減少したり活性度が低下するそうです。
せっかく応援に行っても、選手(NK細胞)が減少したら、戦ってもらうことはできません。
ストレスに対する感受性を弱めるトレーニングが効果の決め手なのです。
このことは、漢方薬も同様です。


2006年08月11日

癒しとは?

P1000229.JPG
真実を知ったとき、こころが解けて癒しがはじまります。「天使はブルースを歌う」山崎洋子著毎日新聞社は、8月15日にちなんで是非読んでいただきたい1冊です。

漢方の考え方に陰・陽のバランスがあります。
陰にかたよってもだめ、陽にかたよってもだめ。健康は保てません。

戦後の日本の復興は目ざましいものでした。
その中でも横浜は時代の最先端で、六本木よりも流行がリードしていたおしゃれな都市。(陽の部分)
その陰の部分を知ったとき、私たちの足が地に着き、前へ進む力が湧くと思うのです。
真実はときに痛く感じることもありますが、向き合うことで、人間の無限大の力が出るきっかけに・・・
16日まで夏休みでブログをひと休みします。
よい夏休みをお過ごしください。

2006年08月10日

漢方薬とイメージ療法

半夏厚朴湯の文献に「紫蘇葉・厚朴・半夏などが自律神経調整作用をもつものと考えられる。ただし、このような場合には精神療法や暗示療法も行うべき」と出ています。西洋薬にない漢方薬の効果に「気」を流す効果があり、すべての病気のはじまりは「気の滞り」といわれていて、半夏厚朴湯を例にすると、これは「気の逆流」を治す働きの漢方薬で、イメージ療法を併用することで一層効果が出るのです。

「気」を見ることも触ることもできませんが、感じることは可能です。
気が進まないことをするときは、作業がペースダウンする・・・これは気の循環が弱くなるときにおこります。
焦れば焦るほど失敗する・・・これも気の循環が弱くて精神活動が円滑に行われない状態です。
このようなとき、皆さんはどうやって乗り越えますか?
「深呼吸」です。息を吸いながら足の裏から地面の「気」を頭まで吸い上げて、吐きながら出すイメージがとても効果があります。
気やエネルギーはイメージとともに流れるといわれています。
梅干をイメージしただけで、その物質に触れていないのに唾液が出るという感覚がわかれば大丈夫。
1日1分でいいですから、イメージと漢方薬でエネルギーを循環させて、効果を高めてください。

2006年08月09日

効果的な漢方薬の飲み方

「良薬口に苦し」は、もう古い!
私の持論は「良薬はおいしい」です。

昔、漢方薬で間質性肺炎が発症したと、悪者扱いされた時期がありました。
漢方薬といえど、天然成分だから体にやさしいとは、断言できません。
体に合わなければ、それなりのダメージはあります。
一番基本的な分け方は、熱寒実虚という分類方法で、明確に分類されます。
自分の体が冷えているときは「寒」で、温める性質の「熱」の生薬で治します。
自分の体が熱を持っているときは「熱」で、冷やす性質の「寒」の生薬で治します。
生薬が冷やす性質か、温める性質かを分類する薬物学の知識が必要です。

しかーし、ここで大問題が発生します。
人間の体は複雑で、常に流動的で一貫性がありません。
具体的に説明すると、体が冷えていて「寒」の性質の人が海水浴で日焼けした直後は「熱」になりますから、いつもの温める生薬では体調が悪くなります。
逆に「熱」の体質の人が、冷たいビールをジョッキで2,3杯立て続けに飲んだ直後は消化器系が冷えますから、温めなければなりません。
極端な例ばかり挙げましたが、びっくりしたり、感動したり、恥ずかしかったり、少しの感情反応で血流は簡単に変化します。

「どうしたらいいの?」
味覚です。飲んで美味しく感じる生薬は、体に合う生薬で、体が必要としている生薬です。
同じ漢方薬でも、毎日のんでいると、「今日は苦い」「今日は甘い」と、変化を感じる人がたくさんいます。
他の人が「ギョッ」とするほど苦い漢方薬でも、体に合う人の味覚では「コーヒーのほろ苦さ」のような心地よい感覚として感じられるのです。
いつものんでいる漢方で、「今日はおいしくない」と感じたら、からだが変化したのだから中止してください。そして、美味しく感じる日に再び使用してください。
体に合う漢方なら、子供でもケーキを食べながらゴクゴク飲みますよ!

2006年08月08日

効果的な薬の飲み方

薬の効果的な使い方って、情報不足で知られていません。効果的でない飲み方で下痢したり低血糖おこしたり、酷い人だと救急車で運ばれたり・・・そして「くすりは危険!」というデマが飛び交います。
でも薬って、「くさかんむり」に「ラク」が語源です。効果的に使えば、らくにしてくれるのが、薬です。

「心臓の薬を変えたらずっと下痢が続いてるの。(糖尿の薬も飲んでいて)低血糖もおこすし・・。でも、飲まなくちゃいけないと思ってのんでるの・・・。わからないから。」
ご近所のおばさんがよろよろ力なく歩いていたので、声をかけたらこのようなお話でした。
私は漢方を中心に取り扱っていますが、実は西洋薬も大好きです。靴と同じで多くの種類から自分に合った鎮痛剤、便秘薬、胃薬などうまく探せば、非常時を乗り切ることが容易です。ただ鎮痛剤にしても、多くの種類を見ているため、このような発想ができるのです。
「これがだめなら、次!」というように薬を換えて自分に合うものを探すという考えは、一般の方には浸透していません。
心臓の薬すべてが同じ副作用が出るわけではないのだから、少しでもおかしいなら、すぐ電話をして「これ飲んで下痢した。薬をやすんでもいいか。」をドクターに尋ね、翌日病院へ行って別の心臓の薬に変えてもらうと大丈夫。
また、下痢・吐き気・食事を取らないときに糖尿の薬を飲むことは要注意なので、同じように症状をはなし、薬を休むことを電話で問い合わせてください。
私の母は頻尿で、いろいろ使いましたが、バップフォーという薬が体に合って、快調です。
母の姉妹も2人バップフォーを使いましたが、ひとりは口の渇きがひどく、舌が溶けるほどだったので他の薬に換え、その薬で今のところ大丈夫だそうです。
同じ薬でも反応の仕方は一人ひとり異なります。
抗がん剤も同様で、あまりにも激しい副作用が出続けた人は、「抗ガン剤だから・・」と3ヶ月我慢していたそうで、結局その薬に対する薬物アレルギーだったので、他の薬に換えて快調。
「ラク」にしてくれないのは「薬」ではないのだから、すぐに専門家に相談してください。
薬の相談の仕方がわからないときは、近所にいる薬剤師に「お医者さんになんて説明したらよいか教えて!」とお気軽に聞いてくださいね!

2006年08月04日

打撲にはトウニン・ボタンピ・桂枝茯苓丸

P1000228.JPG
ボクシングのランダエタ対亀田戦、腫れ上がった顔を見て、トウニン・ボタンピ・桂枝茯苓丸が脳裏をよぎりました。

微量漢方と一般の漢方、そして病院の治療の選び方ですが、以前「気体の病気」「液体の病気」「固体の病気」で簡単に説明しました。
せっかくだから打撲で説明すると、あわてて歩いて電柱にぶつかりました。
あおたんなどの外傷はないけど痛みを感じるときは、「気体の病気」なので微量漢方のトウニン(写真右)・ボタンピ(写真中)で治します。
あおたんができて熱をもってきたときは、「液体」の病気なので写真左の「桂枝茯苓丸」を飲みます。
写真の丸剤は原料が一級品なので、ポリポリ食べると甘くておいしいですよ!
そして切れていたり骨折のときは「固体の病気」ですから、もちろん病院へ!
治療を受けながら漢方を飲めば、治癒が早いことも期待できます。
夏休み、元気なチビッコたちのケガにも活用してください。
むち打ち症などの事故にも桂枝茯苓丸は使われています。

トウニンはバラ科桃の種子
ボタンピはボタン科ボタンの根皮
桂枝茯苓丸はケイヒ(鎮痛)・ブクリョウ(浮腫み)・シャクヤク(鎮痛)・ボタンピ(瘀血)・トウニン(瘀血)

2006年08月03日

旅行におすすめのオウゴン

P1000227.JPG
夏休み真っ只中ですが、旅行におすすめの漢方はオウゴンです。

薬局に勤めていたとき、「旅行用の薬」の人気ナンバーワンは下痢止めでした。
私たちは普段と違うものを食べたり、水が変わるとお腹が反応しやすくなります。
そのようなときの予防におすすめの生薬は、オウゴンです。
これは、しそ科コガネバナの周皮を除いた根を乾燥させたもので、バイカリンを多く含み、解毒作用・抗菌作用が有名な生薬です。
腹痛・下痢などの治療を目的に用いられてきました。

「毎年バリに行くのですが、いつもお腹をこわします。何かいいものないですか?」
という人に、このオウゴンの微量漢方を1日6回以上のむようにすすめたら、
「今回はお腹をこわしませんでした。」という報告がありました。
一般の下痢止めは、お腹をこわさないと飲めませんが、微量漢方なら安心して出発前から飲み続けることができ、煎じる手間もなく、荷物にもなりません。

2006年08月02日

不安感はケイヒとタイソウで緩める

P1000224.JPG
不安感はだれにでもある感情ですが、全身が緊張したり手が震えたり、強い不安感はケイヒとタイソウで緩めましょう。

ケイヒはクスノキ科ケイの幹皮で、シナモンです。冷え・精神安定にも使われる生薬。
タイソウはナツメの果実。不安感・不眠・食欲不振に使われます。
このふたつの生薬を一粒ずつビンに入れ、酢水を加えて飲むと、レモネードのようにおいしいのです。
私は薄めないで、直接舌下に入れて飲みます。
口に入れると「おいしい!」と、自然に顔の筋肉が緩みます。
ケイヒとタイソウの組み合わせは、不安や緊張を緩めてくれるのです。
漢方理論で「甘味は体を緩める」といわれていますが、たしかに甘いものは心をほぐしてくれますよね。
緊張して漢方相談についてきた子供に、キャンディーをあげると「ニッコリ!」のほぐれ方。
そんなやさしさを感じる生薬がケイヒとタイソウです。